2007年3月14日 (水)

この睡眠薬は深い眠りと共にステキ(不条理)な夢をお届けします。

宿

ベットに入りサイドテーブルに置いてある瓶から一錠の薬を取り出す。「良い夢が見れますように。」そう言って飲み下すと、一気に深い眠りへと引き込まれていった。

波がテトラポットに当たっては砕け散っていた。僕はそれをぼーっと眺めていた。季節はもう冬が近付いているというのに、僕は半袖のワンピースを着せられていた。

今の「僕」は本来のものではなかった。見ても判る通り、今の僕は女の子の姿をしている。そもそも、この肉体は生身の身体ではない。機械の身体に僕の記憶が刷り込まれているのだ。
僕は戸籍上、既に死んでいることになっている。死んだ瞬間を覚えている事はない。気が付いた時には僕は女の子だった。
家族で乗っていた自動車に暴走してきたトラックが突っ込んできたらしい。僕と一緒に父さんも母さんも死んでしまった。蘇生保険に入っていた僕だけがこうして生き?残った。本来は蘇生時の肉体は家族の確認を得た上で選択される。その時にふさわしい身体がなければ蘇生を保留することもできるのだ。しかし、身内が一緒に死んでしまった僕の場合は保険加入時に設定した条件で自動的に蘇生させられてしまう。両親が設定したのは僕の死亡時の年令と同じであることだけで、性別までは指定していなかったのだ。今更文句を言っても両親は天国に行ってしまっていた。
蘇生された僕は既に人権は存在しない。単なるモノとして扱われる。本来所有者となるべき父も母もいない。僕は両親の遺産を相続することもできないばかりか、彼らの財産の一部として家財とともに競売に掛けられた。
最終的に僕の所有者となったのは金持ちのドラ息子であった。別荘に連れてこられ、彼の身の回り世話をすることになった。料理を始め、家事などしたことのない僕だったが、サポートAIのおかげでなんとか仕事をこなすことができた。僕の所有者であるドラ…いえ、ご主人様はお昼近くにお目覚めになり、天気が良ければサーフボードを抱えて海に出ていってしまう。僕は夕食が出来ると呼びに行くことになっていた。その時指定されたのが半袖のワンピースだった。
サポートAIは家事をこなすのには便利だったが、一方で僕が所有者の命令に忠実であることを強いる。だから命令が解除されない限り、命令に従わざるをえない。だから、夕食を呼びに行ってご主人様がいないと、ひたすら待ち続けることになる。一度、朝まで待ち続けたことがあった。朝帰りしたご主人様が家に僕がいないのを知り、慌てて海岸まで迎えに来てくれたことがあった。それからは、日没までに戻らず、他に指示がない場合は家に帰って良いことになった。
しかし、夏が終わりご主人様が自宅に戻られる際、命令の解除を忘れたため、僕は毎日夕食を作っては日没まで海岸に立つことになってしまった。
機械の身体は寒さを感じることはあっても凍えることはない。疲れることもないので、こうして立ち続けることは苦痛ではなかった。ご主人様が戻られないことに一抹の寂しさを感じたが、それがAIによって刷り込まれたものかを判別することはできなかった。

海に陽が沈んでゆく。
呪縛が解かれたにもかかわらず、僕は今しばらくの間海を見詰めていた。

2007年2月24日 (土)

宿

ベットに入りサイドテーブルに置いてある瓶から一錠の薬を取り出す。「良い夢が見れますように。」そう言って飲み下すと、一気に深い眠りへと引き込まれていった。

僕は砂浜に寝転んでいた。
ジリジリと太陽が照りつけてくる。もう水着の跡は付いているだろうか?僕は肩紐をずらしてみた。
そう、今僕が着ているのは女子のスクール水着だ。別にセパレートのものでも良かったのだが、今の僕は女の水着を着る必要があった。

上半身を起こして背中の砂を払い俯せになる。

こんな事をしているのは「彼」のせいだ。「彼」とは僕の部活の顧問をしている美弥子先生だ。部活とはいっても僕以外は皆幽霊部員で、部長の肩書をもった僕でさえ本来の化学実験もそっちのけで準備室のソファで美弥子先生とイケナイ事に明け暮れていた。
それならば先生は「彼女」であって「彼」ではないと思うだろう。しかし、部活の間の僕は女子の制服を着せられ男女が逆転するのだ。そして夏休みの直前、先生が合宿にいくぞと言い出したのだ。ノースリーブの女の子の肩には水着の跡がなくてはならない!の一言で、僕は今身体を焼いているのだ。
もちろん、水着もノースリーブのワンピースも先生が揃えてくれたものだ。程良く焼けたのを確認して、水着の上にTシャツを着てズボンを履くと部室に向かった。先生は焼け具合を確認すると「シャワーを浴びてきな。」と宿直室の鍵をくれた。

「ふ~む。やはりな。」とワンピースに着替えた僕を見て唸っていた。「制服だと目立たないが胸元の広い服だと胸のないのが目立つな。がんばって大きくできないか?」「無理ですよ。男でなくてもがんばってどうにかなるものではないでしょう?」「そうだな。そのためにこういう物があるのだな。」と、目の前に乳房の造り物が差し出された。「これを僕が付けるんですか?」「それ以外に何か考えられるか?」そんなやりとりの後で僕の胸には魅惑的な谷間が生まれた。
「じゃあ行こうか?」「先生?!」白衣を脱いだ先生はいつにも増して女っぽい格好をしていた。「あたしが運転するんだから、免許の写真と違っていると何かと面倒でしょう。」と言うのはたてまえで、レディースプランで宿泊費を浮かせたかったらしい。「アロマテラピーも付いているから一緒にしようね♪」と浮かれている美弥子先生に、専門家が触れば僕が男だと即にばれるとはなかなか言い出せなかった。

「さあ、着いた。早速お風呂に行こう♪」部屋に荷物を置くなり、先生はタオルを手に僕の腕を引っ張った。「って、僕は内風呂じゃないんですか?」「なに言ってるの?一緒にお風呂に入りに来たんじゃない。ぐだぐだ言ってないで女湯に行こっ♪」
「先生は僕が男だっていう事、忘れてないですか?」「合宿中は先生じゃなく美弥子さんって呼ばなくちゃ。お姉さまでも良いわよ。」「だから僕は…」「もう薬は効いている筈よ。だれもあなたを男の子だとは思わないわ。」「薬って?」「その胸をくっ付けた接着剤に含まれているのよ。何だったらここで裸になってみると良いわ。」

結局、僕は美弥子さんとお風呂に入り、アロマテラピーを体験した。

「さぁ、オイルを塗ってあげるから。」と水着を脱いで横になると、美弥子さんの手が僕の胸にオイルを塗ってゆく。造り物の筈なのに彼女の指の動きまで感じる。
「ああん♪」突然乳首を撫でられ、そのくすぐったさに僕は身を捻った。

2007年1月27日 (土)

ベットに入りサイドテーブルに置いてある瓶から一錠の薬を取り出す。「良い夢が見れますように。」そう言って飲み下すと、一気に深い眠りへと引き込まれていった。

キンコ~ン  と授業の終わりを告げるチャイムが鳴っていた。いつの間にか眠ってしまっていたようだ。机から上半身を起こした。まわりではがやがやとした騒ぎに混じってカチャカチャと食器の音がした。皆、思い思いの弁当を机の上に広げてゆく。席を寄せ合って楽しく喋りながら過ごす者もいれば、教室を抜け出して部室や秘密の特別席に席を移す者もいる。
自分の糧を求めて鞄を漁ると紙パックの牛乳と菓子パンの入った袋が見付かった。学校に来る途中で買ったものなのだろうが、何も記憶に残っていない。
そう言えば今朝からの事など何も覚えていなかった。気が付くと授業が終わり昼休みになっていた。
昨日は?一昨日は?
教室にいるクラスメイト。顔は覚えているようだが、名前が出て来ない。

名前?

自分の名前は?

あぁ、何という事?自分の名前さえ思い出せないとは!

自分の顔を見れば思い出すか?鏡を求めてトイレに向かった。
しかし、その前ではたと足が止まる。入り口が二つあった。男と女。
自分はどちらに入れば良いのだろうか?

ベットに入りサイドテーブルに置いてある瓶から一錠の薬を取り出す。「良い夢が見れますように。」そう言って飲み下すと、一気に深い眠りへと引き込まれていった。

僕は飛んでいた。鳥のように翼を広げて風に乗って舞い上がる。眼下には街がジオラマのように広がっている。僕の家が見えた。学校もある。そのまわりのクラスメイトの家をひとつひとつ見付けていった。

どくり!

心臓が高鳴る。その家は僕が想いを抱いているミドリちゃんの家だ。二階の南側の窓が彼女の部屋だった。僕は窓の外にある手摺りにつかまっていた。

レースのカーテン越しに彼女の部屋の中を覗き見ることができた。奇麗に整頓された勉強机、パステルカラーの整理たんす、壁に掛けられたセーラー服、床に並べられたヌイグルミ達。そして、ベットの中にミドリちゃんが眠っていた。

気が付くと僕は窓を擦り抜け彼女の部屋の中に立っていた。
レースのカーテンが朝日にきらめいている。僕は一歩、また一歩と彼女に近付いていった。真上から彼女の顔を見詰めていた。

と、突然、目覚まし時計のベルが鳴り響いた。僕はバランスを崩しベットに倒れ込む。慌てて手を延ばしベルを止めた。

静寂が訪れた。
目を開くと天井が見えた。何かがおかしいと脳の片すみから警告が発せられていた。

トントンと階段を上がる足音がした。「ミドリー、起きなさーい。」
母親の呼び掛けに、僕は「はーい♪」と返事をしていた。

ベットに入りサイドテーブルに置いてある瓶から一錠の薬を取り出す。「良い夢が見れますように。」そう言って飲み下すと、一気に深い眠りへと引き込まれていった。

真夏の太陽が照り付けていた。更衣室の出口で僕は恵が出てくるのを待っていた。新しい水着を買ったと言っていたのでそれを着てくるとは思うのだが、どんなデザインかは教えて貰えなかった。今日は奮発してホテルのプールにしたから、彼女の水着姿が悪友達の目に触れることはない。僕だけが独り占めできるのだ。「ヒロシ♪」と声が掛かった。
「ワーオ!」僕は思わず叫んでいた。「やだ~、じろじろ見ないでよ。」と言われたが、僕の目は自然と網状のもので被われた胸の谷間に注がれてしまう。恵の水着はセパレートで胸の谷間と腰の両脇が網状になっていて十二分に男を刺激してくれた。
僕は股間の変化を隠すため、即座にプールに飛び込んでいた。
恵はしばらくの間パラソルの下で僕を見ていたが、一向に出てこない僕に呆れて彼女の方からプールに入ってきた。

泳ぎ疲れてパラソルの下に来ると、どっと睡魔が襲ってきた。僕は恵のとなりのデッキチェアに横たわると、あっと言う間に意識を失っていた。

「ねぇ、彼女ひとり?」若い男の声がした。隣に僕がいるのに、なんとずうずうしい奴だ?と目を開けると、目の前に若い男達の顔があった。「ねぇ、ボクラと遊ばない?」と奴らが声を掛けたのは僕に向かってだった。
僕が理解できずにうろたえていると、「ちょっと退いてくれないかなぁ」と別の男の声がした。その途端、男達は蜘蛛の子を散らすように掻き消えてしまった。声を掛けたのは「僕」だった。手に紙コップを二つ持っていた。
「ジュースだよ。これを飲んで落ち着くといい。」彼の差し出したコップを受け取った手はどう見ても僕の手ではない。指の爪にはマニキュアも付いていた。
「あたし達、入れ替わっちゃったみたい。」「僕」にそう言われ自分の身体を確かめると、確かに女のバストがあり恵の着ていた水着に包まれていた。事態を把握して「僕」に向き直った。彼は僕自身に他ならなかった。
ふと、彼の股間が膨らんでいるのに気付いた。彼の視線を辿ると僕の胸に行き当たった。網目の間から、彼の視線が突き刺さるようだった。
「やだ~、じろじろ見ないでよ♪」
僕は思わずそう言っていた。

ベットに入りサイドテーブルに置いてある瓶から一錠の薬を取り出す。「良い夢が見れますように。」そう言って飲み下すと、一気に深い眠りへと引き込まれていった。

僕は走っていた。別に何かに追われているわけではない。ただ、走り続けている。

陸上競技のトラックではなく、マラソンのように普通の道を走っている。マラソンと違い、通行止めをしていないため車道を走る僕をブンブン自動車が追い越して行くのだ。不思議とクラクションで追い立てられる事もなく、信号も必ずタイミング良く青になってくれるのだ。
僕は自分の意志でのみ走り、自分の意志以外で止まらせられることもなかった。そして僕は止まることなど考えてもいなかった。登り坂で息が苦しくなっても、脚は前に出続けてくれる。

どれだけ走ったのだろうか?いくつもの街を抜け、山を越え、橋を渡った覚えがある。しかし、脚は疲れることなく走り続けてくれている。食事も採らず、眠ることなく走り続けていた。そう言えば今、何時 なのだろうか?僕の知る限り、太陽は常に天頂にあった。雨となることはおろか、雲に陰ることさえない。木々や建物の影に入る以外は常に僕を照らしていた。
だから、僕は見えているものが全て現実であると錯覚していたのかも知れない。一度目を閉じ、再び開いた時には走っていない僕がいるかも知れない。
ちょうど道も直線道路で自動車も通っていない。僕は道の真ん中に寄って、目を閉じた。

僕はトンネルの中を走っていた。目を閉じたものと思っていたが、単に周りが暗くなっただけだった。トンネルを抜けると曲がりくねった山道だった。再びトンネルに入り闇に包まれる。あまりにも多いトンネルは太陽の下ばかり走っていると不審を覚えたからか?
試しになぜ砂浜を走らないのか?と自問してみた。

僕は砂浜を走っていた。靴の中に砂が入って不快に思うと、次の瞬間には裸足になっていた。砂浜で走るのなら水着が一番と思うと僕は水着を着ていた。

部屋の中で走りたいと思うと、スポーツジムのマシンの上にいた。正面の鏡に僕が映っている。ジムの中ではレオタードの女の人達がエアロビをしていた。そんな中で水着でいるのは場違いな気がした。すると水着はレオタードに変わった。
男のレオタードに難色を示すと、僕の体は女になっていた。
胸が揺れて走り辛い。走るよりは彼女達と同じエアロビが良いなぁ。

次の瞬間、僕は走るのを止めた。

僕、いえ、あたしは延々とエアロビを続けることになった。

ベットに入りサイドテーブルに置いてある瓶から一錠の薬を取り出す。「良い夢が見れますように。」そう言って飲み下すと、一気に深い眠りへと引き込まれていった。

僕はダイスを振った。
コロコロとダイスが回る。カタリと止まった。と同時にミシミシと音を発てて僕の肉体が変容を始める。
ダイスの上面には人魚姫と刻まれていた。肉体と共に衣服も変わる。「桃太郎」の衣装が消えてゆき、貝殻のブラジャーと珊瑚のティアラが現れる。貝殻のブラジャーが僕の膨らんだ胸の先に生まれた乳首を隠した。脚は鱗に被われた魚の下半身になり、尾鰭が僕の意志に応えてパタパタと跳ねていた。
僕はもう一度ダイスを手にした。表面には一か所を除き様々な童話の主人公の名が刻まれている。残りの一つが「僕」だった。僕が僕自身の姿を取り戻す唯一の可能性がそこにあった。

僕はもう一度、ダイスを振った。

ベットに入りサイドテーブルに置いてある瓶から一錠の薬を取り出す。「良い夢が見れますように。」そう言って飲み下すと、一気に深い眠りへと引き込まれていった。

僕は立っていた。ずーと立ち続けていた。

目盛りが動いてゆく。やがて0を指すと僕は両足を広げ、腕を曲げる。僕の動きに合わせて音楽が鳴りだすと、眼下に控えていた人達が一斉に動きだした。
やがて音楽が止みアラームが鳴る。アラームが鳴り終わると同時に僕は足を揃え、直立不動の姿勢をとる。しばらくすると、大量の車が押し寄せてきた。僕は赤い光りに照らしだされている。
僕は交差点に立つ信号器だった。再び目盛りが0になり、姿勢を変える。その慌ただしさに嫌気がさした。

僕はたんぼの真ん中に立っていた。両腕を広げ、粗末な服を着せられている。
遠くで鳥の声がした。風が稲穂を揺してゆく。僕はかかしだった。追い払わなければいけないカラスが遠慮なく僕の上に止まっていた。おもむろに僕の顔を啄み始めた。
田舎なんて厭だ。やはり都会が良い。

街の灯が消えてゆくと、ガラスは鏡のように僕を写しだす。僕はショーウィンドウの中のマネキンだった。女の服を着させられるのには抵抗があったが、ガラスに写った僕が美しく飾られているのを見て気が変わった。何より、今の僕は女の体なのだ。女性の服は僕の膨らんだ胸、細くくびれたウエストをより魅力的に見せてくれるのだ。
それに、かかしのように同じ服を着たきりになることもない。しばらくすると、深夜に部屋の模様替えがある。その時一緒に新しい服に変えてもらうのだ。服に合わせて化粧も変えてもらえる。
新しいポーズで立ち続けていればそれで良いのだ。カラスに襲われることもない。
道路から覗き込む人々の視線に快感さえ覚えるようになった。

ちょっと格好良い男がこちらを見ていた。ウィンクすると、彼の目は僕に釘付けとなった。

ベットに入りサイドテーブルに置いてある瓶から一錠の薬を取り出す。「良い夢が見れますように。」そう言って飲み下すと、一気に深い眠りへと引き込まれていった。

長い時間、正座をしていると膝から下の感覚が無くなってしまう。分厚い座布団に座っている感じになる。
こうなると、もう座り続けるしかない。少しでも腰が上がり脚に血が巡りだすと、猛烈な痺れが襲ってくるからだ。仕舞にはこんな脚なんか要らないなんて思うようになってゆく。
では脚がなかったらどんな感じになるのだろうか?達磨みたいに座り続けるのは厭だ。蛇みたいに地面を這うのも美しくない。魚のように自由に動き回れる方が良いに決まっている。イルカの姿も良いが、陸上とも行き来できるアシカやアザラシも捨て難い。しかし拍手しかできない手や丸太のような胴体は如何ともしがたい。
やはり人魚のような半人半魚が理想的だろう。理想といえば男の人魚は美しくない。イメージされるのは人魚姫だ。長い髪を靡かせて海の中を舞い踊る。美しい尾鰭がユラユラと揺れていた。

トントンと肩を軽く叩かれた。意識が現実に引き戻される。と、同時にピシリと板状のものが背中にヒットした。

バランスが崩れる。

僕は床の上に倒れた。膝が伸びて一気に血液が流れだした。痛みに声も出ない。
床の上でのたうちまわっていると、ミシミシとズボンが破れていった。脚が一本にひっ付いていった。先端がペタペタと床を叩いている。魚の鰭のようだ。
緑色の髪が伸びてゆく。シャツの胸の辺りが内側から押し上げられ、双つの山を形作った。胸に手を当てると、胸から当てられた手を感じた。この胸は造り物ではない。胸に当てた手が見えた。白く、指は細くなっていた。
誰かが全身を映せる鏡を持ってきた。
鏡に映る僕は、着ているものを除けば、絵本にあった人魚姫そのものだった。

より以前の記事一覧

  • 2007.01.27
  • 2007.01.27
  • 2007.01.27
  • 2007.01.27

その他のカテゴリー

無料ブログはココログ