2019年6月29日 (土)

「奈落の部屋」更新のお知らせ

PCを入れ替えたあと、HP「奈落の部屋」の更新をさぼっていました。
FTPの動作確認を兼ねて新作をアップしています。
”//pfb01406.o.oo7.jp/FMN_m.htm”

ご存じとは思いますが、TSを扱った特殊ジャンルのアダルト作品ですので
間違えた と思ったら、即刻退出してください。

2018年10月 8日 (月)

re:妻として生きる

沙亜矢のMTFワールド  http://saayaworld.blog70.fc2.com/
 の 妻として生きる を見て、ついつい作成してしまいました。

re:妻として生きる  http://pfb01406.o.oo7.jp/sonota20.htm  (奈落の部屋)

2017年1月12日 (木)

奈落の部屋 更新のお知らせ

奈落の部屋 に よくある話 を掲載しました。
http://pfb01406.o.oo7.jp/yokuaru.htm

これは2016年12月~2017年1月にかけて初心に戻った連作をしてみたものです。
(もしかしたら まだ追加でUPするかもしれません)

2016年9月29日 (木)

奈落の部屋 の移転について

奈落の部屋  (旧HP 閉鎖延期 9/29 → 11/10)
http://homepage3.nifty.com/PFB01406/index.htm

ですが、NIFTYより現行HPサービス停止の連絡がありました。
移転先はhttp://pfb01406.o.oo7.jp/index.htmとなります。

2016年11月10日以降は旧HPはアクセスできません。

2016年6月25日 (土)

iPhoneで「奈落の部屋」が文字化けする方へ

iOS9以降、エンコード(S-JISと認識して読める文字を表示する)
に不具合があるらしく、文字化けが発生しているようです。

> 通りすがりさんからの情報です
iOS10がリリースされ、文字化け問題が解消されたようです
今後文字化け問題につきましてはOSを最新バージョンに更新すると良いようです。

=↓旧記事================================================
ドルフィンブラウザ(無料です)では正常に閲覧出来るという
情報をいただきました。
「奈落の部屋」に限らず、文字化けするサイト全般に効果がある
と思われます。
ご検討願えると幸いです。

 

>通りすがりさんに感謝

2015年2月 9日 (月)

鬼の嫁取り

奈落です。

毎度 足を運んでくださりありがとうございます。
鬼の嫁取り は節分までにはアップしたかったのですが、時期を逸してしまいました。
すみませんです。

(1)~(7)までありますので、長いのがお好きでない方はパスしてください。

今後ともよろしくお願いいたします。

2013年6月 7日 (金)

「疼き」へのコメント

「疼き」はもっと先まで書こうとして、断念しました。

以降のあらすじは

女の時の「彼」は、男の時は「親友」だった。
その日は飲みにゆく約束になっていた。
彼と会うと、俺の視線は彼の股間にばかりそそがれている。
女の俺は今ごろ、彼のこのペニスに貫かれ善がっていると思うと、俺の股間が存在する筈のない愛液で濡れてゆくような気がしていた。
「もし俺が女だったら、俺を抱いてくれてたか?」
俺はそんな事を口走っていた。
「何なら、これからホテルにでも行くか?」
と彼

俺達はホテルの一室にいた。
「お前は何も考えるな。全て俺に任せておけば良い♪」
俺は彼の手で脱がされていった。
全裸にされ、ベッドに寝かされる。
「股を開いてみろ♪」
俺は膝を立て、M字に脚を開いた。
そこに彼もまた全裸となり、俺の股間に割り込んできた。
垣間見えた彼のペニスは逞しく勃起していた。
ジュン!!
俺の膣から愛液が溢れだしたような気がした。
「いくら男になりきろうとしても無理だったろう?」
彼の指が俺の股間に突き入れられた。
そこは肛門ではなく…膣口だった。
「ちゃんと濡れているじゃないか♪お前の希み通り抱いてやるよ。」
彼が伸し掛かってくる。
膣の中に彼のペニスが嵌まり込む。
俺は女のように喘ぐしかなかった…

 

 
ここもまた平行世界だったようだ。
この世界の「俺」は男として生きようとしていた女のようだ。
(※肉体が女性化したという設定もアリかも)

SEXに疲れ、二人して眠ってしまっていたようだ。
隣でまだ寝息をたてている彼を起こさないように、俺はそっとベッドを抜け出した。

改めて「自分」の身体を確認した。
胸には乳房といえるものは見当たらないが、男の時よりも脂肪が付いてなだらかな稜線を描いていた。
そして、股間にはあるべきモノはなく、女の割れ目があり、俺はその奥の女性器に彼を受け入れていたのだ。

 
股間が彼の精液と俺の愛液にまみれ、汚れていたので、シャワーを浴びることにした。
シャワーのお湯で汚れを落としていると、ビリッと何かが破れる音がした。

股間に解放感が広がった。
(何?)
とそこに手を当てると懐かしいモノに触れていた。
俺の股間にペニスが戻っていた。
胸も「男の胸」になっていた。
(また別の平行世界なのか?)

「おや。もう起きてたのか?」
ベッドの上で彼が体を起こした。
このシチュエーションは変わっていない…と言う事は、俺が男のまま彼に抱かれた…のだろうか?
そう言えば、股間の疼きはまだ残っていたが、疼いている場所は膣ではなくなっていた。

 

服を着ようとして…躊躇わずにはいられなかった。
部屋に残されていたのは男女一着づつの服だけである。
男物のサイズは彼のものであることを物語っていた。

 

 

と、とりとめもなくなってしまいました。

2011年1月29日 (土)

告知

▼男の娘パラダイス2HP
http://otokonoko-soft.skr.jp/hp_otopara2_01top.html



にシナリオを提供しました。

まだ完成版を見た訳ではないのですが、お気に止めておいていただけると幸いです。

奈落

2010年12月 4日 (土)

ザ・パワードスーツ(装甲強化服)へのコメント

私の作品を読んで下さっている皆様
メールやコメントをいただきありがとうございます。

ザ・パワードスーツ(装甲強化服)にいただいたコメントで
キャラクタのコスチュームに関しての問い合わせがありましたので
コメントしておきます。

この作品の戦士は「おねがい戦士」くらいのお姉様方が
プリキュア的な衣装(現時点ではキュアムーンライトが近い)
でモンスターと戦う様をイメージしています。


ってな感じです。
一応、5人目を出してこのシリーズを終えようと思っています。
(他にも中断させてしまった連作の多いことか…)

次回、オリンピアの登場まで今暫くお待ち下さい。


2009年6月21日 (日)

最強戦隊誕生

 
すみません m(_ _)m

本作品は「奈落の部屋」に移動させていただきました。

TOP http://homepage3.nifty.com/PFB01406/index.htm

最強戦隊 http://homepage3.nifty.com/PFB01406/MAX_m.htm

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

無料ブログはココログ