« 時間管理官 | トップページ | TS因子 »

2021年10月16日 (土)

奈落式 服交換

--------------------
服交換を契機とした立場交換にトライしてみました。
アイデア先行の私としては細かな場面描写が苦手のため、こんな感じでまとまりました。
--------------------

OLと服交換したチャラ男が部長に呼び出された。
部長はいつものようにOLの奉仕を受けていた。
「ねえ部長♪あたしの制服、着てみない?」
と元チャラ男。
「何なんだい?新しいプレイかい♪」
「そんなとこ♪」
と部長の服を脱がせ、自分の着ていた服を部長に着せる。
そして自らは部長の服を着ると…
「じゃあ、いつものようにご奉仕してくれるかい?」
と元チャラ男が言うと
「っあ、ハイ♪」
と元部長は彼の前に跪くと、彼の逸物にご奉仕を始めていた…


「今晩、良いかな?」
元OLが元部長に声を掛けていた。
就業時間が終るとOLの私服に着替えた元部長が会社から出てきた。
「すみません、お待たせしました。」
と元部長
「大丈夫。女性は身仕度に時間がかかるものだからね。綺麗だよ♪」
「そ、そんな…」
元部長はポッと顔を紅らめていた。

元部長は元OLの腕に自分の腕を絡めて、街を歩いてゆく。
その先にあるのはホテルだった。
「良いだろう?」
と元OLが聞くと、元部長は何も言わずに、ただ首を縦に振った…

元OLがベッドの上で元部長を組み敷いていた。
「どうだ?俺と部長とどっちが良い?」
「もちろん、貴方…よ…んあっ!!」
元部長の逸物が元OLのナカに深々と突き立てられていたが、本人達は各々逆に感じていた。
「もっと奥に…貴方の…を頂戴♪」
と元部長
「あぁ、君のナカは最高だよ♪もう少しでイくからね♪」
と元OL
「んあ…素敵…あたしも…イッちゃう!!」

 


数ヶ月後…
お腹を脹らませたチャラ男が寿退職した。
「君はまだ働くのだろう?」
元チャラ男は己の逸物に今日もご奉仕を続ける元部長に聞いてみた。
元部長は無言でご奉仕を続け、元チャラ男の放出するザーメンを余すところなく呑み込んでゆく…

 

« 時間管理官 | トップページ | TS因子 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 時間管理官 | トップページ | TS因子 »

無料ブログはココログ