« 奈落式 服交換 | トップページ

2021年10月16日 (土)

TS因子

ボーイッシュだった娘が男体化したのを隠すため女の子女の子することがある。
そんなことも知らずに僕は『カワイイ』彼女と付き合いだした。
彼女を男体化させたTS因子が体液の交換で転移するとも知らずに…

ホテルでいざコトに及ぼうとした時
彼女は股間の逸物を僕に見せ付けた。
「大丈夫。痛くしないから♪」
それって、男が女の子に言う台詞じゃなかったっけ?
「あたし達、けっこうキスしてたでしょ♪そろそろ出来てる筈だから♪」
「出来てるって?」
「コレを填める所♪」
そう言って彼女がのし掛かってきた。
僕の股間に割り込むように、脚を広げ、下腹部を密着させてくる…
「?!」
僕のナカに彼女が挿ってきた…

多分、彼女は素に戻っただけなのだろう。
タチとして幾人もの女の子達と関係してきたと言っていた。
まるで「男」のように腰を打ち付け、ソレを僕の奥にまで送り込む。
その往復運動が刺激になり、彼女の逸物は充分にデキあがっていった。
「いくよ♪」
ドクリッ!!
彼女の体液が放たれた。

ソレは僕の肉体に染み込むと、血管を通じて一気に全身に広がっていった。
胸元が熱くなる。
クリッと乳首が立ち上がる…
「良い感じよ♪」
ムニッと胸が握り締められた。
(?!)
僕の胸にオッパイが生まれていた。
「どういうコト?」
「TS因子って聞いたことない?」
「TS…?」
「そう、性転換させちゃうやつ♪」
「性転換って、僕がオンナになっちゃうの?」
「そゆこと♪」
「な、何で?」

彼女は元々レズで、男と交渉するなど考えてもいなかったのだが、TS因子で男体化した事を受け入れると…
「このまま女の子とヤると、その娘も男体化してしまう。男が増えて女の子が減ってしまうのはマズイ!!」
であれば…
「男を引っ掛けてTS因子で女の子にしてしまえば、その娘は男体化するコトはない!!」
…として引っ掛かったのが…僕というコト?!

「ん…ぁあん♪」
更にTS因子が送り込まれると、僕は女の子のように喘いでいた。
その声も最早「女の子」そのものだ…
「そう♪全て受け入るのよ。そうすれば楽になるわ。」

(何を言ってるの?)
僕は彼女の言っていることが理解できなかった。
それは、彼女から与えられる快感に、もうまともな思考ができなくなっていたからに他ならない。
「ぁあ、ああ~ん♪」
僕の口から出るのは、女の子の喘ぎ声しかなかった。

「ン?!!」
強烈な刺激が割り込んできた。
「ほら♪ココが最後よ。もう小指の先もなくなってるわ。ココがお豆に変われば、もう貴女は女の子そのものよ♪」
もうそれは「ペニス」とは言い難くなっていた。
それが小さくなるとともに快感が倍増したみたいだった。
「だ…だめ!!それ以上は…」
僕の期待を無視するかのように、それはどんどん小さくなってゆく…
「これでもう、貴女は女の子よ♪」
クリに与えられた刺激は、何とも形容し難く…
あたしはその刺激の中で意識を失っていた。

 

 

鏡の中に二人の女の子が映っていた。
1人は完璧に女装した元女の子…
そして、もう1人は…
「大丈夫♪貴女はどこから見ても可愛い女の子よ♪」
そう言われ、あたしはスカートの裾を揺らせていた…

 

« 奈落式 服交換 | トップページ

コメント

寝惚けて読んでいるから理解できてないけど、
お帰りなさいといいたかっただけ。

紀子さん
コメントありがとう
しばらく間が空いてすみません。m(_ _)m

タチの女の子が男体化し、そのままレズると相手の女の子も男体化させてしまうので、男の子を女体化させてレズ(?)ろうと画策した…
というお話です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 奈落式 服交換 | トップページ

無料ブログはココログ