« パーティー | トップページ | 共学 »

2021年7月11日 (日)

女体化と入れ替わり

俺の目の前にいるのは女体化した「俺」だった。
(これが「俺」か?)
正に綿菓子のような女の子がそこにいた♪
「ど、どうなっているんだよ?」
「俺」の声とは思えない愛らしい声で彼女が聞いてきた。
「俺達の心と身体が入れ替わっている…っていうのかな?」
「つまり、僕がお前だっていうのか?」
「ちょっと違うかも♪」
「違う?」
「そう、その身体は俺であって俺でない…女の子の俺だ♪」
「な、なんで?」
「それをお前が言うか?お前が俺を女体化させたんだろ?」
「そ…それは…」
「否定はしないんだな?」
「だ、だって…僕も彼女が欲しかったんだ。お前なら…」
「俺ならお前の言う事を何でも聞く…って思ってたのか?」
「…」
「まあ、大概の事なら聞いてはやれるがな♪ 彼女が欲しくて俺を女にしようとしたんだな?」
「しようとしたっていうか、お前の体は完全に女になっていた…」
「…が、何故かその後に俺とお前の心と身体が入れ替わってしまったんだな?」
「そう…みたい…」
「元には戻せるのか?」
「もう一度薬を飲めば男には戻れるけど、入れ替わりについては…」
「とりあえずわかった。男には戻れるんだな?」
「うん…」
「で、この後どうする?女になった俺とデートするために、女の服とかも持ってきたのだろ?」
「…その紙袋に入ってる…」
「良いじゃん♪お前、着てみろ。その後でデートでもなんでもしてやるよ♪」
「わ、わかったわ…着替える。着替えるから…ちょっと廊下に出てて…」
俺は言われるがまま、廊下に出た。
ドアの向こうで紙袋から服を出す音が聞こえる。
俺が着ていた服を…多分下着まで脱いでしまっただろう。
その後で女物の下着を着け、ワンピースの背中から足を入れ、腕を通し…
しばらく格闘を続けた後…
「お願い、手伝ってくれない?」
と俺を呼ぶ。
慣れない女物の服である。背中のファスナーが途中で止まっていた。
「ほれ♪」
とファスナーを上げ、フックも止めてやる。
「おかしくない?」
と聞いてくる。
「そんなことないよ。可愛いよ♪」
その答えが嬉しいのか、彼女は少し頬を赤らめていた。


俺はデートと称して女体化し女装した「俺」を連れまわした。
慣れないハイヒールに彼女は「少し休ませてよ」と早々に音を上げる。
女の子を休ませる場所で最初に頭に浮かぶのはラブホテルである。
「お前もコレをやりたかったんだろう?」
と意地悪気に聞いてやる。
「否定はしないわ。でも、連れ込まれる側とは考えてもいなかったわ。」
ラブホテルの一室に入ると俺は持ってきた性転換薬を取り出した。
「コレを飲めば性別が変わるんだな?」
「ええ、そうよ。って、貴方が飲むの?」
「ほう♪もう女として俺に抱かれたくなってたのか?」
「貴方がそれを飲むってことは、女同士で抱き合うってことでしょ?」
「その肉体は元々は俺のものだ。まだ童貞も捨てていない綺麗な肉体を汚したくはないからな♪」
彼女が混乱している間に俺は薬を飲んでいた。
「お前は元々女を抱きたかったのだろう?願いが叶って良いじゃないか♪」
「女の子っていっても、元はあはしの肉体よ!!」
「厭か?」
「厭って…でも、女の子を抱けるのよね…」
二人はお互い全裸になると、そのままベッドに倒れ込んでいった…

(って、オンナの快感ってハンパねーっ!!)
俺達は際限なくイき捲った。
しかし、時計を見ていた彼女が動きを止めた。
「そろそろ戻らないと…」
「そ、そうだな♪」
とベッドから起き上がる。
が、俺はまだ欲求が解消しきれていない。
オンナの快感を知ってしまった今、俺には新たな欲求が生まれていた。
俺はある考えをもって性転換薬を手に取った。
その薬を彼女に渡す素振りは見せない。
「良いの?」
と彼女が聞く。
「何が?」
ととぼける。
「貴女が薬を飲むって事はあたしの肉体が男に戻るって事でしょ?」
「仕方ないだろ?今の俺も「女」だとはいえ、お前が着てきた服ではサイズが合わないからな。」
と、俺は男に戻るための薬を口に入れた。
即に肉体が変化を始める。
と同時に俺は「入れ替わり」も発動させた。


「な、何で今、ここで元に戻るんだ?」
彼が慌てている。
「良かったじゃないか元に戻れて。彼女が欲しかったんろ?」
「そ、そうだが…何で入れ替わったのか…」
もちろん「入れ替わり」が俺の意志によるものであることは伏せておく。
「女のままの方が良かったのかい?」
「…」
答えに窮しているいる「彼」に俺は言ってやった。

{もう一度デートする?」
と彼が俺に着せようとして用意した服を胸に当てる…
「それとも、延長する?」

« パーティー | トップページ | 共学 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パーティー | トップページ | 共学 »

無料ブログはココログ