« 2021年6月 | トップページ | 2021年10月 »

2021年7月11日 (日)

雨宿り

急に雨が降ってきた。
近くの軒下に駆け込んだが、かなり濡れてしまっている。
当然の如く濡れたワイシャツからは下着の輪郭が露わとなる…

否、着ているのはワイシャツではない。
これはもう、ブラウスと言わなければならないのだ。
そして、透けている下着の輪郭は…
ブラジャーのストラップと…カップ…の輪郭である。


僕は「男」なのだが、急速に肥大化した乳房を支えるために、ブラジャーが必要となっていた。
そして、ブラジャーに違和感がないよう、女子の制服を着ることを求められていた。
そう、今の僕は上半身だけが女物の衣服…ブラウスとなっているだけではなく…
下半身もズボンではなく、スカートとなっている。
幸いにも脛毛がほとんどなかったので、生足を出してもみっともなくはない。
足元は女子用のソックスにローファーで済んでいる。

第三者視点では、何の違和感も無いようだが「男」の僕がスカートを穿くことには最後まで抵抗させてもらった。
「この「乳」でどこまで「男」だと言い張るつもりよ!!」
と女子達に散々胸を揉まれて…
(けれど、男子が僕の胸に触れるどころか、僕の胸を見つめているだけで女子のだれかが割り込んでくるので、男に胸を揉まれる経験は…まだ…ない!!)
…説得に応じるしかなかった。
そして
「女子の制服を着ているのだから、トイレもちゃんと女子の方を使うのよ!!」
と、トイレも更衣室も女子用が解禁された。
(逆に、男子用に入ることは厳禁されてしまった…)
勿論、今の僕は乳房が大きいだけで男子用トイレの使用には何の問題もない!!
しかし、その事が習慣となってしまい家でも立って小便をする事はなくなっている…

 

とはいえ、この姿の僕は誰が見ても「女の子」でしかないのだろう。
用心深く傘を持っていた数少ない人がいて、目の前の道路を通り過ぎてゆく。
そんな中には男もいるし、その中の幾人かは僕のブラウスから透けて見えるブラジャーの輪郭を確認していた。

「よう、災難だな♪」
親友だった男子の声に顔を上げると、大きな黒傘の下に彼の顔があった。
「入るか?送ってやるよ♪」
と言ってくれた。
「ちょっと傘を持っててくれ。」
と傘の柄を渡される。
彼が空いた手でカバンの中をまさぐると…
僕の肩にバスタオルが掛けられた。
「行こう♪」
と僕の手から傘を奪い取る。
(僕はまだ何も返事をしていないぞ!!)
とは思っても、僕は彼の傘の下で歩き始めていた。
バスタオルが僕の胸元を隠してくれている。
(もし、僕が本物の女の子だったら、こんな彼に魅かれてしうのだろうな…)
僕は胸の奥がキュンとするのを感じていた…

共学

その教室は一見、男女半々の共学校だった。
しかし…
「おい、ダイチ。ちょっと付き合えよ!!」
と僕に声を掛けてきたのは、クラスでもヤリマンの噂のあるミカだった。
「もう休み時間が終わるよ…」
と一旦は断ろうとするが、
「関係ねーよ。判ってるだろ?」
と腕を引かれて席から剥がされてしまう。

僕はそのまま女子トイレの個室に押し込まれてしまった。
「お前ももう我慢できないんじゃないのか?」
そう言うミカの股間ではスカートを内側から押し上げるモノがその存在を主張している。
彼女から発せられるフェロモンが僕を包み込み僕の中の「女」を刺激する。
下腹部に生まれた疼きが僕の股間を潤ませてゆく。

そう、今や女子の半分はふたなり化しており、僕を含む男子の半分近くは女体化してしまっている。
女体化とはいっても、僕らの外見は男子のままである。
女子のように胸が膨らんだりすることはない。
おちんちんも見た目はそのままである。
しかし、女体化した男子はそこから小を放出することはない。
おちんちんの裏側、付け根近くにその為の穴が開いており、更にその奥に…
男性自身を受け入れるための穴…膣口が開いているのだ。

彼女が言うように、僕のソコは「男」を欲して愛液を湛えていた。
「ほら♪早く脱げよ!!」
急かされるまでもなく、僕はズボンのベルトを外していた。
チャックを下し…
僕が脱ごうとするより先に彼女の手が滑り込み、パンツと一緒に僕のズボンを引き下ろしていた。
「ははっ、もうグチョグチョじゃないか♪」

「っあ、ああん!!」
前技もなく、彼女はスカートを捲るとショーツからはみ出していた逸物を一気に僕に突き立ててきた。
快感が僕を貫き、僕の膣は反射的に彼女を締め上げていた。
「おお、良いぞ♪良い締まり具合だ♪このまま一気にイクからな!!」
彼女が腰を前後に動かすと、僕のナカの襞々が擦られ更なる快感を引き起こす。
「あああ、ああ~ん!!」
僕は彼女にされるが儘、女の快感の波に揉まれ続ける…
「イクぞっ!!」
その声と同時に彼女の逸物から大量の精液が僕のナカに放出された。
頭の中をスパークが飛び交う。
意識を保っていたれたのが奇跡のようだ。
「うん♪すっきりした。また頼むよ♪」
と僕を個室に残し、彼女が教室に戻ってゆく…

 

僕はしばらくの間動くことはできなかった。
ふたなり化した女子はその性欲を抑えることができない。
その性欲を同じ「女子」に向けることは躊躇わられる。
となると、その矛先は女体化した男子に向かう。
そして、全くのご都合主義のように、ふたなり女子の発するフェロモンに女体化男子は逆らえられないのだ。
その性欲の解消行為に関しては授業中であろうと咎められる事がないのだ。

動けるようになると、僕は個室の中で股間の汚れを始末する。
ペーパーで拭った後、今では男子トイレにも設置されているビデ洗浄で洗い流す。
もう慣れたものだ。
女体化男子は男子トイレ・女子トイレのどちらを使っても良いことになっている。
たとえ女子トイレで女子と鉢合わせになっても、もう慌てることもない。
唯一、男子トイレと女子トイレでの違いといえば生理BOXの有無くらいのものだろう。
僕ら女体化男子には生理がない。
つまり、いくらナカ射しされても妊娠することはないのだ。
だからこそ、ふたなり女子の性欲の受け皿となっても何の問題もないとされているのだ。

 

「ダイチ。放課後ちょっと付き合ってくれないか?」
教室に戻るとユウヤが声を掛けてきた。
「な、何の用?」
「判ってるだろう?」
ミカと同じような事を言う。僕がミカに連れ出されたのを見て「俺も…」と思ったのだろうか?
ふたなり女子と違い、男子には女体化男子を強制させるようなフェロモンを持たない。
とはいえ、女体化男子の体力は女子並みである。
男子からすれば、見た目が同性であることにさえ目を潰れば妊娠させる心配なしに性欲を解消できるのが女体化男子である。
力で簡単にねじ伏せられてしまうので、無理に断って怪我を負う事を考えれば…
「判った。放課後だね。」
僕はそう言って次の授業の教科書を開くのだった。


そして放課後…
僕はユウヤの家にいた。
「ちょっと待ってろ。」
と僕を部屋に残し、戻ってきたユウヤは紙袋を僕に手渡した。
「これに着替えるんだ。」
「これは?」
袋の中には女性の衣服が入っていた。
「姉さんのお古で済まないが、是非ダイチに着て欲しい。」
(これを僕が?)
この家にユウヤに連れてこられた時点で、僕には拒否する選択肢は失われていた。
僕はユウヤの前で服を脱いでいった。
「下着もだ!!」とユウヤに言われ、僕は全裸となった。
紙袋の中には女性用の下着も入っていた。
ショーツを穿く…
おちんちんだったものが股間に膨らみを造る。
ブラジャーを巻く…
カップの膨らみはペチャンコに潰れてしまう。
スカートを穿き、ブラウスに袖を通す…
左右の袷が異なるボタンを留めるのに苦労する。
その上からカーディガンを羽織った…

「まあ、そんなもんで良いだろう♪」
ユウヤは僕の全身を舐め回すように確認した。
「どうせ脱がすんだろ?何で僕にコレを…」
「僕じゃない。アタシだ!! これからは自分が女だと意識しろ。」
やはり、ユウヤでも「男」よりは「女」を抱きたいのだろう。
「な、何を笑ってる?」
「な…なんでもないわよ。」
頑張って女言葉を口にしてみる。
「やっぱり、ユウヤも男なんだなって♪」
「う、うるさい!! さっさとこっちに来い!!」
「ユ、ユウヤ?」
僕…アタシはユウヤをじっと見つめた。
「アタシのこと好き?愛してる?」
「と、当然だよ♪ 早くこっちへ!!」
ユウヤの座るベッドに近付くと腕を引かれ…
「キャッ♪」
あたしは小さく叫び、彼の腕に中に倒れ込んだ。
そのまま彼の唇がアタシの口を塞いだ。
求められるまま、舌を絡ませる。

「優しくシテね…」
ベッドに押し倒され、唇が離れるとアタシはそう要求した。
アタシの股間は潤み始めてはいたが、まだ充分ではない。
「わかってるよ♪」
彼はそう言うがそこまで女の子の身体を知っているようには思えない…
ショーツだけを脱がし、服はそのままで伸し掛かってくる。
彼の股間ははち切れそうだった。
アタシは余計なモノが触れないように、彼を導いてゆく。
「っん、ソコ。ゆっくりとね♪」
アタシのナカに彼が侵入してくる。
「ぁあ、入った?あったかいね。すごく気持ち良いよ♪」
アタシが締め付けるだけで、彼は即に限界に達してしまいそうだ。
「良いのよ、射しちゃっても♪」
「もう少し…頑張るから…ぁ、ああっ!!」
言っている傍から射してしまっていた。
「んぁ、イ…イイッ♪」
一応、アタシもイッたフリをする。
「君もイッたようだね。良かった♪」
と彼は満足してアタシから離れてゆく。
「ありがとう。もう良いよ♪」
とアタシ…僕を追い出すかのように言う。
「その服もあげるから、着たまま帰って良いぞ。」
って…そのままで帰らせるのか?シャワーくらい使わせろよ!!
「ちょっと、トイレだけは行かせて!!」
と僕はトイレに飛び込むと手早く後始末した。

ショーツを上げてスカートを降ろす…が、女体化男子の股間の膨らみは隠しようもない。
「じゃあね。」
仕方なく女装したままユウヤの家を出てゆく。
(ユウヤも一度女体化してみれば良いのに…)
その晩、僕は恨みがましくそう思い枕を濡らしたまま眠りに就いていた…

 


「おい、ユウヤ。ちょっと付き合えよ!!」
昼休み、ミカが彼に声を掛けていた。
僕の怨念が影響したのか、数日後にはユウヤも女体化していたようだ。
そして彼もまた、ミカ達のフェロモンには抗えなくなってしまっている。
僕は教室を出てゆく二人を見送っていた…

女体化と入れ替わり

俺の目の前にいるのは女体化した「俺」だった。
(これが「俺」か?)
正に綿菓子のような女の子がそこにいた♪
「ど、どうなっているんだよ?」
「俺」の声とは思えない愛らしい声で彼女が聞いてきた。
「俺達の心と身体が入れ替わっている…っていうのかな?」
「つまり、僕がお前だっていうのか?」
「ちょっと違うかも♪」
「違う?」
「そう、その身体は俺であって俺でない…女の子の俺だ♪」
「な、なんで?」
「それをお前が言うか?お前が俺を女体化させたんだろ?」
「そ…それは…」
「否定はしないんだな?」
「だ、だって…僕も彼女が欲しかったんだ。お前なら…」
「俺ならお前の言う事を何でも聞く…って思ってたのか?」
「…」
「まあ、大概の事なら聞いてはやれるがな♪ 彼女が欲しくて俺を女にしようとしたんだな?」
「しようとしたっていうか、お前の体は完全に女になっていた…」
「…が、何故かその後に俺とお前の心と身体が入れ替わってしまったんだな?」
「そう…みたい…」
「元には戻せるのか?」
「もう一度薬を飲めば男には戻れるけど、入れ替わりについては…」
「とりあえずわかった。男には戻れるんだな?」
「うん…」
「で、この後どうする?女になった俺とデートするために、女の服とかも持ってきたのだろ?」
「…その紙袋に入ってる…」
「良いじゃん♪お前、着てみろ。その後でデートでもなんでもしてやるよ♪」
「わ、わかったわ…着替える。着替えるから…ちょっと廊下に出てて…」
俺は言われるがまま、廊下に出た。
ドアの向こうで紙袋から服を出す音が聞こえる。
俺が着ていた服を…多分下着まで脱いでしまっただろう。
その後で女物の下着を着け、ワンピースの背中から足を入れ、腕を通し…
しばらく格闘を続けた後…
「お願い、手伝ってくれない?」
と俺を呼ぶ。
慣れない女物の服である。背中のファスナーが途中で止まっていた。
「ほれ♪」
とファスナーを上げ、フックも止めてやる。
「おかしくない?」
と聞いてくる。
「そんなことないよ。可愛いよ♪」
その答えが嬉しいのか、彼女は少し頬を赤らめていた。


俺はデートと称して女体化し女装した「俺」を連れまわした。
慣れないハイヒールに彼女は「少し休ませてよ」と早々に音を上げる。
女の子を休ませる場所で最初に頭に浮かぶのはラブホテルである。
「お前もコレをやりたかったんだろう?」
と意地悪気に聞いてやる。
「否定はしないわ。でも、連れ込まれる側とは考えてもいなかったわ。」
ラブホテルの一室に入ると俺は持ってきた性転換薬を取り出した。
「コレを飲めば性別が変わるんだな?」
「ええ、そうよ。って、貴方が飲むの?」
「ほう♪もう女として俺に抱かれたくなってたのか?」
「貴方がそれを飲むってことは、女同士で抱き合うってことでしょ?」
「その肉体は元々は俺のものだ。まだ童貞も捨てていない綺麗な肉体を汚したくはないからな♪」
彼女が混乱している間に俺は薬を飲んでいた。
「お前は元々女を抱きたかったのだろう?願いが叶って良いじゃないか♪」
「女の子っていっても、元はあはしの肉体よ!!」
「厭か?」
「厭って…でも、女の子を抱けるのよね…」
二人はお互い全裸になると、そのままベッドに倒れ込んでいった…

(って、オンナの快感ってハンパねーっ!!)
俺達は際限なくイき捲った。
しかし、時計を見ていた彼女が動きを止めた。
「そろそろ戻らないと…」
「そ、そうだな♪」
とベッドから起き上がる。
が、俺はまだ欲求が解消しきれていない。
オンナの快感を知ってしまった今、俺には新たな欲求が生まれていた。
俺はある考えをもって性転換薬を手に取った。
その薬を彼女に渡す素振りは見せない。
「良いの?」
と彼女が聞く。
「何が?」
ととぼける。
「貴女が薬を飲むって事はあたしの肉体が男に戻るって事でしょ?」
「仕方ないだろ?今の俺も「女」だとはいえ、お前が着てきた服ではサイズが合わないからな。」
と、俺は男に戻るための薬を口に入れた。
即に肉体が変化を始める。
と同時に俺は「入れ替わり」も発動させた。


「な、何で今、ここで元に戻るんだ?」
彼が慌てている。
「良かったじゃないか元に戻れて。彼女が欲しかったんろ?」
「そ、そうだが…何で入れ替わったのか…」
もちろん「入れ替わり」が俺の意志によるものであることは伏せておく。
「女のままの方が良かったのかい?」
「…」
答えに窮しているいる「彼」に俺は言ってやった。

{もう一度デートする?」
と彼が俺に着せようとして用意した服を胸に当てる…
「それとも、延長する?」

« 2021年6月 | トップページ | 2021年10月 »

無料ブログはココログ