« 2021年1月 | トップページ | 2021年7月 »

2021年6月 6日 (日)

パーティー

「うああ~~~~~!!」
延々と落ち続けてゆく。
俺の叫びが途切れてもなお俺の体は落下し続ける。
人は死ぬ前に一生を走馬灯のように思い出すとも言われるが、もし走馬灯が回っていたとしてもとっくに回りきってしまている時間は経っていると思う。
だから、俺はまだ死ぬことはないのだろう♪
根拠のない楽観視、意味のない感想を思い浮かべても、落下はまだ続いている。
そして…
突然に眠気が襲ってきた。
死ぬかもしれない時に、眠るなんて…
だが、眠気に抵抗する間もなく俺は意識を失っていた。


「おおい、生きてるか?」
男の声に俺は意識を取り戻しつつあった。
「こ…ここは?」
薄暗がりのなか、声の方を見た。
そこにいたのは…
(「俺」??)

「お前で5人目だ。これでパーティーが組める♪」
「…って、お前ら?」
そこに並んでいた4人は装備こそ違え、皆「俺」だった。
「俺が最初の転移者で「勇者」だ。」
「転移…者?」
「アニメとかでよくあったろう?異世界転移というやつさ♪」
二番目の「俺」がそう言った。
「俺は「賢者」だ。このパーティーの軍師の位置づけだな♪」
「俺は「剣士」だ。剣技に関しては「勇者」より上だ。」
それが三人目。
「そして俺は「導師」。いわゆる魔法使いだ。」
と代わる代わる自己紹介が進んだ。
「最初に転移した「勇者」が色々と情報を集めてくれていた。」
「賢者」がこれまでの経緯を要約してくれた。

5人の転移者でパーティーを組み、魔王を打ち倒す事ができれば俺達は元の世界に戻れるという事らしい。
最初にまだ5人が揃わずに魔王討伐に向かったところ、早々に返り討ちにあってしまったという。
その際、「剣士」が死んでしまった。
が、途方に暮れている所に新たな転移者がやって来た。
彼は「剣士」だった。
つまり、メンバは常に補充されるらしい。
「賢者」の進言により、魔王討伐は5人が揃うまで待とうということになり…
俺が転生してきた ということだ。
そして、俺が転生してくるまでの間に彼等は自身のスキルを十分に向上させていた。
「では、即に魔王討伐に向かおう♪」と勇者。
他の「俺」達もノリノリで勇者に同意してゆく。

「チ…チョット待てよ。俺はまだ転生したばかりでスキルも磨けていない。そもそも俺のスキルって何なんだよ?」
「大丈夫だ。君はこのパーティーに居るだけで良いんだ。なにせ君は「姫」だからね♪魔王討伐の暁に「俺達」のものになってくれればそれで良いんだ♪」
「「姫」?? だって、俺は男で…」
「君のその姿のどこが「男」なんだい?」
そう言われて俺は自分自身を確認した。
鏡はないので顔は見えないが、白い長手袋に包まれた腕や指は折れそうに細い…
着ている服はピンク色のドレスだ。
胸元は大きく開き、乳房の上端が露わになっている。
掌を胸に当てる。指先に力を入れるとその柔肉にめり込むよう…
そしてその指の刺激が俺の胸からも伝わってきている!!
俺は慌ててドレスのスカートの上から掌を股間に押し当てた。
「??!!」
本来あるべき感触はそこにはなかった。
「俺…女になってるのか?」
よく聞くと俺の声は既に俺自身のものではなく、甲高い女の声だった。
「そう。あんたは「姫」だ。俺達の理想の女性像が忠実に再現されている。」
「ちゃんと美人になっているぜ♪」
「感度も申し分ない筈だよ♪」

「…な、なんだよ。その「感度」って?」

「今はそれ以上突っ込まない方が良い。全ては魔王を倒してからだ♪」
「賢者」の言葉になにかをうやむやにされたような気がしたまま、俺達のパーティーは魔王討伐に出発した。


(続きはご想像にお任せします)

一夜が明けて…

朝になってしまった。
魔法が解ける…

アタシはベッドから抜け出すと、昨夜着ていたワンピースを纏い、化粧もせずにホテルを飛び出していた。
今、自分がどんなみっともない恰好をしているか…などということはどうでも良い。
太陽が昇るにつれて、アタシの肉体が「元」に戻ってゆく。
彼に揉みしだかれた胸が潰れてゆく。
股間には男の証が生えてゆく。
アタシ…ボクは「男」に戻されてゆくのだ…

長かった髪の毛が失われる。
あごにはうっすらと髭が現れていた。
喉仏が現れたボクの声はもう誰が聞いても女の子の声ではなくなっている筈だ。
腕に筋肉が付き始め、ワンピースの袖に締められ始める。
足が痛い。
靴のサイズが合わなくなっているのだ。

タクシーを止めた。
運転手さんがギョッとした顔で応じる。
ボクはマンションの場所を言った。
「シートの上に横になっていると良いよ♪」
ドアを閉めた運転手さんがそう言ってくれた。

タクシーは朝靄に包まれてその場所を離れていった。

鏡の前で…

鏡は全てを逆さに映す…
右を左に、左を右に…

そして
男を女に、女を男に…


俺は鏡に映る自分自身に見入っていた。
そこに映っているのは「俺」ではなかった。
…否…それは俺自身に間違いはない。
右手を上げれば、鏡の中の左手が同じように上がる。
左右が入れ替わってはいるが、俺と同じ動きをする。
シャツのボタンに手を掛ける。
左右のあわせが逆になっているが、そこは問題ではない。
鏡に映る俺のシャツの胸はボタンがはち切れんばかりに膨らんでいた。
そのボタンを外すとその下の下着が露わになる。
その下着はレースに縁取られていた。
着ていたのはティーシャツだった筈だ。
が、その下着はティーシャツではない。
肩が剥き出し…紐で吊下げられている…キャミソールと言われるものだ。
肩にはもう一本の紐が掛けられている。
その紐の先には凹面の装具があり、俺の胸を包み込み、その下部が胸の下側を締め付けている。
そう…鏡の中の「俺」の胸は女のように膨らんでおり…
女物の下着で包まれているのだ。

立ち上がり下半身を映し出す。
鏡の中の「俺」はズボンではなく、スカートを穿いていた。
そのスカートをたくし上げてゆくと、パンツが見える。
のっぺりとした股間を覆う下着もまたレースに縁取られていた。
「ショーツ…」
そう。女性用のパンツだ。
その薄布の下には「男」の膨らみはなく…
深い谷間が刻まれている?
俺は薄布の上に指を這わせた。
ゆっくりと圧しつけると、その分だけ沈み込んでゆく。
確かにソコには「男」にはない谷間が存在する。
ソコもまた本当に「女」になっているのだろうか?

掌をショーツの中に滑り込ませる。
指先が茂みの奥に熱を感じる。
少し湿り気を帯びた肌が触れ合っている。
挟まれた指をその奥に送り込んでゆく。
(?!)
「俺」の股間が異物の侵入を伝えてきた。
それが俺自身の指であることを確認すると、ジワリと汗のようなものが滲んできた。
指先がその体液に包まれる。
潤滑油が差されたかのように抵抗がなくなる。
指は更に奥へと入っていった。

「穴」の中だった。
女性であれば、それは「膣」という場所であろう。
そこは女性が男性器を受け入れる場所だ。
そして、性行為の裔に受胎し、その奥にある子宮で胎児を育て…
臨月を迎え…そこを産道として赤子を産み落とす…

俺が今俺自身の股間に指を差し込んでいる場所が「膣」である。
俺の膣は俺の指を受け入れ、更に奥へと咥え込んでゆく。
「んぁ…」
俺の指が敏感な所に触れた。
これまで経験したことのない「快感」がそこから発せられた。
快感は膣を潤す体液を誘導する。
俺の股間がその体液=愛液にクチュクチュと音をたて始める。

「ぁはあん♪」
俺の空いていた方の掌がいつの間にかブラの内側に潜り込んでいた。
その指が乳首を摘まむと更なる快感が沸き起こり、俺は女のように喘ぎ声をあげていた。
(な…何なんだ、コレは?)
胸と股間を刺激し…刺激されている…
俺は女のように…否…俺は「女」として快感に翻弄されている…
鏡の中には乱れた「女」が映っている…
それは「俺」…「アタシ」…

「あ…あ、ああン♪」
アタシはハジメテの快感に、軽くイッてしまっていた…

観光地の隣で…

宇宙艇はその惑星の大気圏に突っ込んでいった。
大気との摩擦で一気に速度を落とすと、反重力の力場で包まれた宇宙艇は木の葉のように雲海を漂いながら着陸点を目指してゆく。
ポートからのビーコンを捉える。
正規の宇宙港ではない、私設の簡易着陸施設(ポート)である。
微弱なビーコンを頼りに舵を切る。
やがてポートを目視する。
簡易というだけあって、スラスターを吹かしての強引な着陸には耐えられそうにもない。
エアブレーキを最大限に展開し、反重力を制御しながらポートの1メートル上空で静止させると、ゆっくりと降下させる。
その間にポートの上部がカバーで覆われた。
ポートの床が開き、下から伸びてきた牽引鎖が船体に取り付くと建物の中の係留場に誘導してゆく。
『お疲れ様です。』
通信が入ってきた。
「着底するまでは邪魔をするな。」
とたしなめると、そのまま待機状態に入ったようだ。
所定の係留場に収まり、反重力装置を停止させた。
牽引鎖が引っ込み、周囲を照らすライトが消えた。
「OK♪着底完了だ。しばらく厄介になるぞ♪」
『こちらは問題ありません。お部屋の準備も整っております。』
「了解した。」
俺は宇宙艇のエンジンを停止させ、ドアを開けて艇外に出た。
ドアは自動的にロックされる。
係留場の裏側に廻り、居住区画に向かう通路を歩いてゆく。

 

 

この惑星には観光地として大型宇宙船で乗り込んでくる団体客を受け入れる施設が林立している区画がある。
が、そこの宇宙港は俺のような個人客はなかなか相手にしてくれない。
とはいえ、整備されていない野原に着陸させると、鋭敏な機器にゴミが付着して思わぬトラブルを起こしかねない。
勿論、駐船施設が整っている惑星でそのような行為をすれば違法行為ともなる。
少々割高とはなるが、私設ポートを利用することになるのだ。

 

俺がこの惑星に来たのも、勿論「観光」のためである。
何故わざわざ割高の施設ポートを使ってまで自前の宇宙艇で来ることに固執するのかは、この惑星の特異性にある。
この惑星の観光の目玉は、この惑星にのみ自生する植物に由来する。
そう、この植物は何故か他の惑星に移植することができないのだ。
これまでも品種改良も含め様々な取り組みが試されたが、一つとして成功した事はない。
どんなに条件を整えても、この惑星を離れた途端、この植物は一気に枯れてしまう。
だから、この植物の恩恵を受けたければ、この惑星に訪れるしか選択肢はないのだ。

 

俺は割り当てられた部屋に入った。
普通の観光地のホテル等と一番に違うのは、部屋の中央に生えている「木」だった。
これが、この惑星の「観光」の目玉となっている「植物」だ。
もっとも、この「木」は本来この惑星に自生していた「樹」そのものではない。
「観光」用に調整が施されている。
観光客の中には調整されていない、本来の「樹」に接しようとする者も皆無ではない。
が調整されていない「樹」に接触するにはリスクが伴う。
そのため「樹」のある場所は「聖域」とされており、団体でやってくる客達には近付かないよう念書を取っていると言われている。
俺は「樹」に接した者の末路を知っているだけに、部屋にある調整された「木」で十分だと思っている。

 

 

俺は室内の備品を一通り確認すると、シャワーを浴びるために服を脱いだ。
脱いだ服は帰るまで使う事はないので、クローゼットの奥に納めておく。
俺の裸体に興奮したのか「木」がサラサラを葉を揺らしていた。
俺は「木」に近付くとそのまま「木」に抱き付いた。
シュルシュルと蔦が伸びてきて「俺」を絡め取る。
俺は得も言われぬ暖かさに包み込まれた。
皮膚に張り付いた蔦から「木」の養分が注ぎ込まれる。
それは「俺」の肉体の変化を促す…

 

俺は瞼を閉じてその変化を追ってゆく。
全身の筋肉が解されるように柔らかくなってゆく。
余分な血肉が汗とともに排出されてゆく。
手足が細くなってゆくが、充填された皮下脂肪が張りと柔らかさをもたらす。
柔らかな脂肪が胸にも蓄積されてゆく。
そこは大きく膨らみ、その尖端が紅くプクリとした蕾を付けている。
それは正に女性の乳房に他ならない。
俺…あたしの肉体は美しく改造されてゆく…
それは股間についても…

 

そここそが「木」が要求する肉体改造の主眼だった。
「木」は人間に奉仕する。
その最たるものが「食事」である。
「木」の内部で生成される滋養物を最も効率良く人体に供給する手段として、股間に受吻器官を構築する。
その器官の形状がまるで女性の膣に酷似している事から、男性体においてもその肉体を女性化させることでバランスを取ろうとしているらしい。
あたしの股間にも多くの蔦が絡まり、邪魔になるペニスを矮小化させ、股間を穿ち、受吻器官…膣を造りあげてゆく…
そして、改造の終わった肉体に向かって滋養物を供給する吻が伸びてくる。
「…ん、あ、ああん♪」
快感があたしを貫き、あたしは喘ぎ声を漏らした。
まるで男性器のような吻があたしの股間…膣に挿入された。
蔦から注がれる快感物質がかなり前からあたしの股間を濡らすように愛液を滴らせていたので、吻は何の抵抗もなく膣の最奥にある子宮口に達していた。
吻が微かに震えていた。
そう…
即にでも滋養物が注ぎ込まれようとしている♪
「ドクリ!!」
吻が脈動し、あたしの膣に滋養物が射たれ、子宮の中を満たしてゆく。
「ああつ!! あああ~~ん♪」
快感があたしを揺り動かす。
子宮を満たす滋養物が吸収され、あたしの全身に巡ってゆく。
幸福感に満たされる。
全身が弛緩し…
あたしは意識を手放していた。

 

 

あたしはベッドの上で目が覚めた。
今が何時であるかなど気になることはない。
お腹が空けば「木」の滋養物を受給すれば良い。
基本的に一度受給してもらえば、2~3日は食事の必要はない。
それでも、受給時の快感が欲しくて時間があれば「木」に抱かれている。
「木」の方も給餌のタイミングを心得ていて、給餌以外で抱き付いてきた人間には、単に快感だけを与えるようになっている。
あたしはベッドから起き上がると、シャワーで寝汗を洗い流しながら、改造された新しい自分自身の肉体を確認していった。
鏡に顔を映す。
かろうじて面影が残っているが、完全に「女」の顔になっている。
それも、化粧をしない状態にもかかわらず、かなりの美人顔なのだ。
目や髪の色は変わっていないが、髪は背中まで伸び、眉毛は形良く整えられ、まつ毛も濃く、長くなっている。
ぷっちりとした赤い唇、ふっくらとした頬、すらっとした首筋…
当然のように喉仏は消えてしまっている。
「あ、ああ。」
と当然のように出てくる声は女声である。

 

鏡から少し離れて上半身を映す。
胸の膨らみ…乳房は大きめであるにも関わらず型崩れせずにしっかりとお椀型を保っていた。
その尖端の乳首も魅惑的に飛び出していた。
下側に掌を宛てその重さを感じてみる。
そして、その先の乳首に触れ、摘まんでみた…
「ぁあん♪」
快感が沸き起こる。
一気に体温が上昇したような気がし、股間が潤み始めていた。
場所を変え、バスタブに腰掛けた。
そして股間に指を這わせてみた。
そこには受給のために「木」の吻を受け入れるための器官が存在している。
勿論、その器官は吻のみを受け入れるだけではない。
あたしはそこに指を突き立てていた。
あたしの膣は易々と指を受け入れる。
が、指一本では物足りない。
もう一本…
それでも足りない…

 

 

あたしは部屋の「備品」の事を思い出した。
当初の予定通り、軽くシャワーで寝汗を流すと備品を置いてある場所に向かった。
所謂「大人のオモチャ」が詰まっていた。
適当にディルドゥを選び、自らの股間に宛がってみた。
「んあん、ああ…」
再び快感が戻ってきた。
物足りなさは満たされたが、それはまだ満足のいくものではなかった。
どうしてもあたしの目には「木」が映っている。
この部屋の造りからも「木」が常に目に入るようになっている。
あたしはディルドゥが抜け落ちるままに立ち上がると「木」に近付いていった。
蔦は消え、吻だけが付き出していた。
あたしは「木」に抱き付くと、吻の上に股間を降ろしていった。
「あ、ああん♪コレよ、コレ!!」
あたしは幹に乳房を擦り付けながら腰を上下させていた…

 

 

 

『ご予約の期間が終了します。』
連絡が入っていた。
『延長しますか?』
あたし…俺は自らの意志を取り戻した。
「判った。これを最後にする。」
俺は幹に掌を当てて「木」に語り掛けた。
(しばらくしたらまた戻ってくるからね♪)
そのまま上体を幹に預け「木」を抱きしめた。
吻がゆっくりと伸びて俺の股間に潜り込んでくる。
(これが最後の給餌になるのね♪)
子宮が滋養物で満たされると俺は一旦幹から身体を離して跪いた。
滴る滋養物に濡れた吻が目の前にあった。
俺は躊躇わずに吻を口に含んだ。
(そう、胃の中もアナタのモノで満たして頂戴♪)
俺は吸い込むように吻から送り込まれる滋養物を呑み込んでいった。
全身が幸福感に包まれる…

 

気が付くと吻が消えていた。
俺はシャワーで汗を流し、クローセットの奥から着てきた服を取り出した。
大きく体形が変化していたが、何とか着込んだ。
当然のように胸元を閉めることは難しく、乳房の大半が露出したままになっている。
通路を来た時と逆に辿り係留場へ、そして宇宙艇に乗り込みエンジンを起動する。
「離床…」
牽引鎖が船体に接触するのを確認し、反重力装置を稼働させる。
『誘導します♪』
と牽引鎖に曳かれポートの直下に到着した。
『今回もご利用ありがとうございました。』
反重力装置の出力を徐々に上げてゆく。
『またのご利用をお待ちしております♪』
ポートの床が閉じ、上部を覆うカバーが全開した。
「またね♪」
そう、俺はまた戻ってくる!!
まだ数日はこの姿を保っていられるが、程なく元の姿に戻ってしまう。
そうすれば、またこの姿になりたいとする欲求が膨らんでゆく。
欲求を満たすべく再び稼ぎまくる日々が戻ってくることは想像に難くないのだ。

 

「スラスター噴射、成層圏離脱後メイン推進機作動。惑星を離脱する…」
必要な操作を行い、オートパイロットに切り替えた。
俺はまだ恒星系内であるにも拘らず服を脱ぎ去り、ディルドゥを股間に挿入した。
(団体さんは元の姿に戻るまで宇宙港で足止めされるがな♪)
快感が俺を貫いてゆく。
お腹が空くまではコレでイきまくるのがいつものルーティーン…

 

宇宙艇は俺=アタシの淫声に包まれながら、漆黒の闇を貫いていった。

 

 

昔のこと

Twitterで古参サイトの話題が出ていたので
奈落の部屋 で創設当初にリンクしていたサイトを一覧にしました
プロバイダの終息等で現状を追えていないものもあります
個人的に調べた範囲ですので間違いはご容赦願います
(Twitterからの転載です)
Link

ダウンロード - link.pdf

 

« 2021年1月 | トップページ | 2021年7月 »

無料ブログはココログ