« 2020年10月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月 6日 (日)

電車の窓に…

宵闇の中を電車が走ってゆく。
窓の外に見えるのは点々と灯された街路灯…
それも、あっという間に過ぎ去ってゆく。
窓ガラスは鏡のように疲れ切った私の顔を映し続ける。
あと何年このまま通い続けるのだろう?
うだつも上がらず、万年平社員のまま定年を迎えるのは見えている。

ふと脇を見ると大学生だろうか?
きらびやかな服を着て青春を謳歌していそうに見える若者達のグループがあった。
自分にもあのように未来に希望を抱いていた時期があったのだろうか?
今となっては、遠い過去の記憶に埋もれてしまって巧く思い出せなかった。

そんな思いをしているなか、彼等の会話が漏れ聞こえてきた。
「この皮ももう飽きてきたな。」
「じゃあ、俺のと交換する?」
「あたし、男になんか戻りたくないわよ。」
「えーっ、俺も女になってみたかったんだけどな。」
「僕、予備持ってるけど?」
「何?流石お坊ちゃま♪」
「次の駅で着替えない?」
「それいい♪」

彼等は何の話をしているのだろうか?
気が付くと私は彼等の後を追うように電車を降りていた。
少し距離を置いて彼等の後についていっていた。
駅のトイレ…だれでもトイレに男女二人が入ってゆき…
しばらくして出てきたのは女の子の二人だった。
一人はさっき「飽きてきた」と言っていた女の子だが、
もう一人は彼等の中にはいなかった娘だ。
そして男はその後もトイレから出てきていない。
トイレは「空」となっている。
私は好奇心からそのトイレに入ってみた。

勿論、トイレの中には誰もいなかった。
(本当に誰もいない…)
私はトイレの中を見回してみた。
(?)
ゴミ箱の端に何かが引っ掛かっていた。
好奇心からソレを引き出してみた。
ソレは2着の全身タイツのようなものだった。
それが彼等の言っていた「皮」なのだろうか?
私はソレを丸めてカバンに入れると、何事もなかったかのようにトイレを後にした…

 

アパートの自分の部屋に戻ると、布団の上に先ほどの「皮」を広げてみた。
確かにソレは単なる全身タイツではなくヒトの「皮」のように見えた。
一枚は男の、もう一枚は女の「皮」…
顔も電車の中で見た二人の造作が映し取られていた。

私は女の方の「皮」を手にしていた。
彼等が「脱いだ」ものであれば、その身体を通過させた場所がある筈である。
がどこにも切れ込みはなかった。
(!!)
口か?
私は彼女の口の脇に指を入れ、広げてみた…
輪ゴム程の抵抗もなく、彼女の口は左右に開いた。
これなら頭も体も通過できる?
私は服を脱ぎ、全裸になると女性がストッキングを穿くように足のつま先まで手繰りあげ…
彼女の口から…左足、右足と入れ胸元までたくし上げた。
私の胸には中身の失われたバストがしな垂れている…
次は腕だ。
薄皮の手袋をはめるように五本の指を納めてゆく。
肘、肩と皮の中に自分を納めてゆく…
そして、頭の部分を被った。
目の位置、鼻の位置を合わせる。
広げられた彼女の口が皺もなく閉じてゆく…

(どうなっただろう?)

私は鏡を求め洗面台に向かった。
(?)
動こうとして身体に違和感を感じた。
それは「胸」だった。
しなびていた私の胸の乳房の中に脂肪が詰まっている?
そこには確かに質量があった。
胸に掌を当てる。
(?)
胸から触れられた感触が届いてきた。
指先に力を入れると肉の中に指が埋もれる…
私は自分の胸を「揉んで」いる?

洗面台の鏡には電車の中にいた、トイレに入り、出てきた女の子が映っていた。
自分の背丈も縮んでいる?
鏡にはバストを晒した…全裸の女の子が映っている。
(これが自分?)
視線を下し、直接自分の身体を見てみた。
綺麗に膨らんだバスト…体毛のない腹…
淡い陰毛の向こう側にはいつも見慣れていたモノは見つからない。
ゆっくりと手を延ばし、指先でソコに触れてみた。
柔らかな肉の合わせ目があった。
指先を割り込ませるとソコはしっとりと濡れている?

本来、男にはある筈のモノがなく、ある筈のないモノがそこにある…
決してソコから胎の内に潜り込める筈のない所から…
私は股間から侵入する「私」の指の存在を認識することができた…

「んあっ!!」
経験のない刺激がソコから発せられる。
(それに…今の声?)
まるでオンナの喘ぎ声のよう…
指を動かすと、更なる刺激が…
「あっ、ああん♪」
私は自分の声を抑えることができなかった。
その「オンナの声」に更に誘われてゆく。
チュプッ…
汁が溢れてきた。
「私」の股間で愛液が滴っている?

何も考えられなくなっていた。
指は一本では物足りず、二本の指で密壺を掻きまわす。
もう一方の手は胸に登り、プクリと膨らんだ蕾を刺激する。
「ああ、あ~~~ん♪」
私は淫声の中に飲み込まれていった…

 


その日、私は会社を休んでしまった。
買い揃えた女物の服を着て、練習を繰り返した化粧を施し
慣れないヒールの高い靴を履いて…
乗っているのはいつもの電車だった。
通勤中のサラリーマンで周囲が埋め尽くされている。
当分は開かない扉側に押し込まれた形で…私は待っていた。

程なく、誰かの手が私のお尻に触れていた。
嫌がるように尻を振るが、誰にも気づかれない事をわかっているのか
その手はスカートをたくし上げ、私の股間に指先を挟み込んできた。
巧な指の動きに、いつしか私の密壺は緩み…愛液を溢れさせている。
「…!!」
喘ぎそうになるのを必死に抑える…

電車がトンネルに入った。
窓ガラスは淫らに蕩けた「女」の顔を映していた…

 

教えてあげる♪

何故か僕は女の子に声を掛けられ、喫茶店でお茶をしていた。
僕はといえば、イケ面とは程遠く、背もそう高く…はっきり言って、ハイヒールを履いた彼女の方が高いくらいだ。
だから…
「やっぱり貴方はモブ男ね。悪くはないんだけど、その分女の子を楽しませるような事、出来ないのかしらね?」
「…す、すみません…」
僕は謝るしかなかった。
「良いわ。あたしが少し教えてあげる♪ちょっと付き合いなさい!!」


僕達は喫茶店を出るとそのまま近くのラブホテルに入っていた。
「先ずは着ているものを交換するわよ。」
「交換?」
「ぐずぐずしてないの!!これもお勉強のうちなんだから♪」
と、彼女はとっとと着ているものを…下着さえも外して見事な裸体を僕の前に晒していた。
「ほら、あんたも!!」
と、ジャケットを脱がされ、シャツのボタンに手を伸ばしてきた。
「じ、自分でやります。」
と、僕は彼女の手を払い、シャツを脱ぎ、ズボンを下ろしていった。
「ちゃんと下着も脱ぐのよ。」
そう言われ、彼女の裸体に興奮している息子を隠すことも出来ずに、トランクスを脱いでいった。
「じゃあ、あたしも最後の一枚を脱ぐわね♪」
最後、ってまだ何を着ているのだろう?
彼女は両手を首の後ろに回していた。

じっ、じじじじーー

ジッパーの開く音がした。
彼女の手が腰の所まで降りると、今度は片手を肩に掛け、するりと肩を抜いた。
長手袋を外すかのように指先を摘まみ、腕を抜いてゆく。
同じようにもう片方の腕も…
僕には何が起こっているのか理解出来なかった。
「ぷはっ!!」
彼女(?)が頭の皮を外す。
その下から出てきたのは「男」の顔だった。
豊満な乳房とともに上半身が外される。
その胸は平で、胸毛さえ露となっていた。
一気に下半身まで脱ぎ去る。
その股間には萎えた状態でも僕のものよりふたまわりも大きなモノがぶら下がっていた。

「今度は君がこれを着るんだよ♪」
その声には彼女の面影はなく、その肉体に相応しい野太い男の声だった。
僕が何も出来ないでいると、
「女の子の楽しませ方を教えてやると言ったろ? ほら、そこに座りな。」
とスツールに座らされた。
彼女の皮が僕の左右の脚に通された。
「立て!!」
と命令されるまま立ち上がると、腰まで皮が引き上げられた。
更に両腕を通らされ肩が覆われると、胸には乳房の重みが感じられる…
頭に皮を被せられ、ジジッとジッパーが引き上げられた。
「どこかキツい所はないか?」
と聞かれた。
「キツいっていうか、何か違和感しか…」
そう答えた僕の声は本来の僕の声ではなかった。
「ちゃんと馴染んでるようだな♪先ずは一度服も着てみようか。」
と、さっきまで彼女が着けていたブラジャーが胸に廻された。

「やはり中身が違うと雰囲気も違ってくるんだな♪」
服を着せられた後で一旦化粧を落とされ、僕に…中身に合った化粧を施された。
「これが…僕?」
鏡を見せられると、元は同じ彼女の皮を被せられているのだが、さっきまでの彼女は「大人の女」だったのに、目の前の彼女は女子高生にも見える…
「さあ、これからじっくりと女との付き合い方を教えてやるよ♪」
と、彼の方を向かされた。
(?)
確か「服を交換」と言っていた通り、彼は僕の着ていた服を着ているのだが…
それが着こなしというものなのだろうか、いつも僕が着ている時よりもワンランク上の品物に見える。
それよりも、何故か彼の方が僕より頭一つ高い。
…と言うより、僕の方が背が低くなったのだろう。
彼女の着ていた服がそのまま着れているのだから…

 

「先ずはそこに座って♪少し話しでもしようか?」
「話しって…何を話したら良いのか…」
「先ずは事前に話題を集めておく事だ。SNSのトレンドなんかを参考にすると良い♪」
「そんなの見ただけで話しなんか…」
「そうだね。今の君にはそれでも敷居が高いようだね。とりあえず、私の話しに相槌を打ってみな♪」
「えっ?あ、ああ。」
「先ずは雰囲気からだよ。今の君は女の子だ。女の子らしい相槌ってあるだろう?」
「…ええ。そうね…みたいな?」
恥ずかしさ満載だったが、声に出してみると、女の子の声の所為かそんなに違和感は感じなかった。
「それで良い。で、君は何であそこにいたのかな?やはり、ナンパ目当てだったの?」
「ち、違うよ!!」
「ダメ。女の子なら?」
「違うわ。誰かをナンパしようなんて…」
「そうだね。女の子はナンパされる方だものな?」
「べ、別にナンパされ…。ぼ…あたしはそんなに目立つ方じゃないし…」
「でも、あそこに立っていたって事は声を掛けられたかったからじゃないのか?」
「そりゃぁ、だれかに声を掛けてもらえたらっては…」
「じゃあ君はナンパされたかったんだね?」
「そ、そういう事になるわね…」
「そう♪私が君に声を掛けた。君はそれに応じてくれた。」
「ええ…」
「私に誘われお茶を飲み、ここに来た。」
「…」
「君はここがどういう所かは知っているよね?」
「ここ?」
「ここまで来てカマトトぶるのかい?」
「そ、そんな…でも…」
「知っているだろう?ここは女の子が一番幸せになれる所だよ♪」
彼に手を取られ、あたしは立ち上がった。
抱きしめられ、キスをされている間に、着ていた服が脱がされていた。
そのままベッドに導かれる。
「初めてなのだろう?」
あたしはただ小さく首を縦に振った。
「大丈夫♪私に全てを委ねてしまうと良い♪」
下着が抜き取られていった。
そして、わたしの肌に彼の指が触れる…
「ほら、ちゃんと濡れているよ♪」
指先のてかりを見せつける。
「初めてなのだから、もう少し解しておこうか♪」

彼の指があたしの膣口を解してゆく。
クチュクチュと淫らな水音がしている。
(濡れてるの?)
それはあたしの体液…愛液に他ならない…
更に彼の指がナカに送り込まれる。
膣…それは男性を受け入れる為の器官…
(あたしが男性を受け入れる?)
あたし…僕…

そう…僕は「男」で、本来そこには男性を受け入れる器官など存在しない筈だ!!
「どうなっているのッ?」
僕が男から逃れようとした途端…
「ひっ、あぁん!!」
強烈な衝撃が股間から脊髄を貫いていった。
それは「女」の快感以外の何物でもなかった。
「今は楽にして快感をただ受け入れていれば良い♪
 教えてあげる事はまだまだあるんだからね♪」
僕は彼に言われるがまま、その快感に飲み込まれていった…

 

« 2020年10月 | トップページ | 2021年1月 »

無料ブログはココログ