« 鎧 | トップページ

2020年10月12日 (月)

魔女?

「とりっく・おあ・とりーと?」

ドアの前にいたのは魔女の扮装をした女の子?だった。
(そうか…もうそんな時期か…)
と10月の終わりから始まる年末年始までのイベントを思い出していた。
それとともに「女の子?」の「?」である。
女の子にしては声が男の子のように聞こえたのだ。
よく見ると、その子の顔も男の子にしか見えなくなってくる。

「とりっく・おあ・とりーと?」
と繰り返えされた。
「お菓子くれないとイタズラしちゃうんだぞっていう意味らしいんだぞ。」
と、その子が続けた。
「イタズラされるのは嫌だけど、今君にあげられるようなお菓子の用意はないんだ。」
「なら、ボクと一緒にお菓子を貰いに行くしかないね♪」
「一緒に?大人の俺が?」
「大丈夫♪お姉ちゃんに魔法のおまじないを教えてもらったから♪」
そう言うと、一本の箸のような棒…リボンが巻かれ、ガラス玉のような飾りが付いている…を取り出し
どこの国の言葉か判別のつかない「呪文」を唱えた。

パシッ!!

光に包まれ、煙が立ち込めた。
(火災報知器が反応しないと良いな…)
などと考えているうちに、足元が涼しく感じた。
太ももに何かが触れている。
いつの間にか、頭に何かを被せられていた。
「じゃあ行こうか♪」
見下ろしていた筈の女の子?の顔が目の前にあった。
周りのものが大きく見える?
「ちょっと待って!!」
そう言ってドアに貼られた鏡を見た。
そこには女の子?と同じ魔女の恰好をした女の子=自分が映っている。
頭に被った魔女の帽子の下からはお下げ髪が左右で揺れている。
太ももに触れているのはスカートの裾…

「大丈夫♪すぐに慣れるって言ってたよ。」
「本当?」
「まずは、『とりっく・おあ・とりーと』と言ってごらん♪」
「とりっく・おあ・とりーと?」
「じゃあ、ボクを愛すキャンディーを舐めさせてあげよう♪」
「キャンディー?」
「愛すキャンディー♪コレだよ♪」
女の子?がスカートをたくし上げると下着も着けていない股間で、おちんちんが勃起していた。
彼が「男の子」ってことはわかったけど…
「これを…舐めるの?」
「舐めるだけじゃなくて、咥えたり、吸ったりするのも良いんだよ♪」
言われるままに彼の前に座り、その股間に顔を寄せていた。
(何か良い匂いがする…)
ボーっとなって、彼のおちんちんを咥えていた。

「っあ、出る!!」
と彼が言うと、どろっとしたものが口の中に放たれていた。
ごくりと呑み込むと、それが身体の隅々に染み込んでゆくのが感じられた。
「OK♪これでもう慣れたよね?」
「慣れた…の?」
そう言われてみると、今まで気に掛かっていた事が綺麗サッパリ無くなっている。
あたしはもう「あたし」だった。
「じゃあ、次の家にお菓子をもらいに行こうか♪」
「うん♪」
あたしは彼に手を引かれ、次の家に向かった。


「こんばんわ♪ とりっく・おあ・とりーと?」

 

« 鎧 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鎧 | トップページ

無料ブログはココログ