« 2020年7月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年8月23日 (日)

時間切れ


雨の中、僕は傘も差せずに歩いていた。
服は濡れ、下着も透けて見えているに違いない。
その下着が本来男が着けるべき種類のものではない事も解ってしまうのだろう。
僕は女装したまま、雨の降る街に置き去りにされていた。



薬の効果が12時間というのは解っていた。
だから奴がここを通る時間ぎりぎりまで待って薬を嚥下したのだ。
僕は夕闇が迫る薄暗い物陰に隠れていた。
既に服も着替え化粧もしている。
あとは薬が僕の肉体を女に変え終るのを待つだけだった。
作戦は…女の姿で奴と接触する…女であれば奴も気を緩める筈…隙を突いて…
僕は手にしたナイフを再度握りしめた。

しかし、僕は聞いていなかった。
女体への変化に激烈な痛みを伴うという事を…

ドクリと心臓が鼓動する。
薬が全身に染み渡ってたと思われるその時、痛みに意識が飛ばさた!!
朦朧とした頭で、変身が終わっていることは確認できた。
が、痛みの残る肉体は身動き一つできなかった。
立ち上がる事ができない。
奴に接触するどころか、声を掛けることも出来ない。
ぎりぎりまで待っていたのが仇となってしまったのか…

「奴」が目の前を通り抜けてゆく。

痛みに耐えながら、僕の視界から奴が消え去るのを見ていた。
奴が離れてゆくのとともに、僕の気力も失われてゆく。
僕は何の為にこの高価な薬を手に入れたというのだろうか…
僕はそのまま意識を失っていた。




喧騒が満ちていた。
(どこ?)
僕はソファーの上に寝かされていたようだ。
親切にも毛布が掛けられていた。
「気が付いたかい?お嬢ちゃん♪」
声のする方を見ると、髭面の男がいた。
「ここはどこ?」
「俺達の溜まり場さ。まだしばらくは休んでいた方が良い♪」
確かに男の言う通りのようだ。
上半身を起こすだけでもふらふらするようだ。
僕はおとなしく毛布にくるまった。
「何をしようとしていたかは敢えて聞かないが、側にあった物騒なナイフは預からせてもらってるよ。」
今となっては、それがあったとしても、もうどうにもならないのだ。
それは奴に近付ける千歳一遇のチャンスだったのだ。
悔しさに僕の目からは涙が溢れていた…


ギイッと扉が開く音がして、数人の男達が入ってきたようだ。
「おや?なんだい、その娘は?」
目ざとく僕を見つけた男がいた。
「表で拾った。」
と髭男。
「また悪い癖でも出たか?」
「そんなんじゃない。」
「後で俺達も良いか?」
「だから…」
新しく入ってきた男達は髭男の言う事など殆ど聞いていないようだった。
バーカウンターに陣取り、勝手に酒瓶を開け始めていた。

「動けるようなら、今のうちに出ていった方が良い。」
髭男が僕に耳打ちした。
「但し、ナイフだけは返す訳にはいかない。」
「どうしても?」
髭男は何も言わない。
交渉の余地なしというところか…
「なら…」
僕は決心した。
「なら、アタシを抱いて♪」
その言葉に髭男は僕をソファーから抱え上げると隣の部屋に向かった。

部屋の中にあったベッドの上に転がされる。
「良いかい、お嬢ちゃん。男に向かって軽々しく抱いてなんて言うもんじゃない。」
しかし、今の僕には他の選択肢などなかった。
「いいの…」
僕はブラウスのボタンを外していった。
「わかった…お前の覚悟はわかったから…とは言えあんたを抱く訳にはいかない…」
髭男は暫く考えた後
「じゃあ、あんたの口でやってくれ。」
「口?」
一瞬、僕は何を言われたのかわからなかった。
が、髭男が僕の前に立、ズボンの中からソレを引き出した時には僕にも理解が及んでいた。
硬く屹立したそれに顔を近付ける。
牡の匂いが立ち込めていた。
(やるしかないんだ!!)
僕は自分を奮い立たせ、ソレを口に咥えていた。



僕が髭男の精液をしっかりと飲み込んだのを見届けると、あのナイフを取り出して僕に渡してくれた。
「こっちが裏口だ。」
僕を店の外に出すとそのまま裏口を閉めようとする。
「待って…」
僕は髭男にすがった。
僕の下腹部の疼きはもう我慢できるものではなかった。
髭男の精液を飲み込んだことで牡の肉体のスイッチが入ってしまったのだろう。
僕の股間に愛液が滴っているのがわかる。
「お願い♪もっとシて…」
僕のおねだりも…
「変な薬でも飲んでたのか?そんなもんで大事なものを捨てるんじゃない。」
髭男は突き放すように、僕を裏口から追い出した。
外は静まりかえっていた。
飲み屋の灯りも消え、遠く点在する街路灯が僅かな明かりを落としている…
今が何時かなどを気にするよりも、一刻も早く肉体の疼きを鎮めたかった。
(誰でも良い…)
僕を抱いてくれる男はいないか?
闇の中には何の気配もなかった。

もう、限界だ…
僕は道端に座り込んでいた。
壁にもたれ、脚を開いた。
疼きはその股間の奥にある…
そこを自分で慰めるしかない。
ショーツの中に手を入れ、指先を送り込む。
「ぁああん♪」
快感が沸き上がる。
一本が二本となった…
髭男の逸物を思い出す。
この指より太く逞しかった。
それが僕の股間に挿入されるのを想像する。
「ああん…ああ…いい…♪」
更に胸を揉み、乳首も刺激して昇り詰めてゆく…



雨が降っていた。
雨水が僕を濡らし、火照った肉体と心を鎮めていった。
…僕は何をしているのだろう…
僕が(一方的に)惚れていた女が奴に寝取られた。
女はそのまま海外に売り飛ばされたと聞いた。
怒りなのか正義感なのか、僕は奴を許せなかった。
僕の全てを犠牲にしても奴を屠ろうとした。
奴の行動を分析した。

そして、この計画に辿り着いたのだった。

既に薬の効果は消えてしまっている。
僕の肉体は元の、男の肉体に戻っていた。
服は女の服のまま…
僕は立ち上がった。
傘もなく、濡れたまま、僕は街を歩き始めた。
女物の下着も濡れ透けて見えるのに、誰も見向きもしなかった。
僕はそのまま、アスファルトに弾ける滴の中に消えていった…

 

 

 

 

 

 

無題


お、お前…それ…何するつもりだよ…

カチャカチャと彼女が腰に装着していったのは、女性同士で愛し合う時に使用する性具に他ならなかった。
「だって、たまには良いじゃない。せっかくアナタがこうなってるんだから♪」
彼女の言う「こうなっている」とは、最近流行りの病気で一時的に俺の肉体が女性化してしまっているのだ。
だから、彼女との性行為でここしばらくは挿入抜き、手技だけで彼女をイかせてきたのだった。

「お、俺は男だ。こんな姿になっても男である事には間違いはないんだ!!」
「アナタが男だって事は解ってるわ。けど、貴女のココは何を求め潤んでいるのかしら?」
「俺は求めてなどいない。」
「心はね。でも体はそうは言っていないのでしょ?」
「そ…そんな事はない…」
「大丈夫。心さえしっかりしていれば何ともないのよ♪」

俺は彼女に組み敷かれてしまった。
脚が拡げられ、何もない股間が晒される…

何もない…ではない。
そこには本来、ある筈のないモノが…
女性器が存在しているのだ。
彼女の言う通り、潤滑となる液体が膣口から滴っていた。
彼女の股間に装着されたモノを受け入れ易くするために…

その尖端が股間に触れていた。
「いくわよ。少し痛いかも知れないけど、我慢してね♪」
「痛い…って?」
「処女膜も出来ているそうよ。でも女の子は皆経験する事だからね♪」
「お、俺は女の子じゃない…!!」
俺の反応には委細構わずに彼女はソレを突き入れてきた。

大きな痛みはなかった。
十分に濡れていたのが良かったのか、入り口を抜けると一気に根元まで押し込まれた。
「これが子宮口かしら?」
突き当たりの壁をツンツンと刺激する。
その刺激に上げそうな声を我慢する。
「我慢は良くないわよ。喘ぎ声が更に快感を増してくれるわ♪」

これは快感なんかじゃない!!
と否定しようにも、今口を開けば、俺の口はオンナの媚声を漏らすしかない…
「ほら、ココも欲しがってる♪」
彼女が舌先で触れたのは、俺の胸の先端で勃起している乳首だった。
「っあ、あん!!」
とうとう俺は喘いでしまっていた。
「良い淫声ね♪さあ、もっと啼かせてあげるわね♪」

俺の意識はそこで焼き切れてしまった。



これまで経験したことのない不思議な多幸感の中で目覚めを迎えていた。
「良かったでしょ?」
覗き込む彼女にどう答えて良いかわからず、あたしは近くにあった薄布で裸体を隠した。
「もし、このまま女の子でいたかったら、良い薬があるの♪」
女の子でいる?
そう…あたしは病気で一時的にこの姿になっているだけ…
でも、女の子の快感を知ってしまった今、もう元になんか戻りたくない!!
何もしなければ、数日後には…


「もう一度する?」
彼女からもらった薬を飲み込んだ後、そう聞かれれた♪
彼女が何で薬を持っていたかなどの考えに至ることもなく、あたしは新たな快感を期待しながら彼女の装着した性具を口に咥えていた♪



囁き


(?!?!)
突然、下半身から振動が伝わってきた。
(何で今?)
それが僕の股間に挿入されたローターからの刺激である事は間違いはない。
しかし、僕はソコにローターを挿入した記憶がない。
否。
次第にあやふやだった記憶がはっきりとしてくる。
前の休み時間にトイレに行ったという記憶が復活した。
その前、休み時間の開始直後…
耳元でいつものキーワードが囁かれていた。
僕はそれを聞かされると、無意識のうちに何かをしてしまう。
そして一定時間の間、その時の記憶があやふやにされてしまう。

誰がそのキーワードを囁くのか?
そのキーワード自体がどのようなものなのか?
何もわからないまま、その時の僕はトイレに向かっていた。

個室の扉を開ける。
パンツを下ろして、上着のポケットから取り出したローターを股間に押し込んでいたのだ。
そして、何事もなかったかのように立ち上がると、僕はローターの事を忘れてしまったのだ。




ローターが変則的な振動を始めた。
これまでの単調な動きと違い、変に僕のナカを刺激する。
それは性的な快感に違いない。
じわっと愛液が滲み出てくる。
パンツに染みが広がってゆく。
それ以前に、僕は快感に喘ぎ声を洩らしそうになっていた。
(ダ、ダメ…今は授業中なのだから…)
僕は必死に耐え続けた。

やがてチャイムが鳴る。
それとともにローターは動きを止めた。
「大丈夫?」
と女の子が声を掛けてくれた。
その声でローターを外さなければ次の時間も同じ責苦に晒されるのだと気が付いた。
「トイレ行こう?」
と彼女に促され、一緒ににトイレへ…
「!!って、ここ?」
彼女はそのまま僕を女子トイレに連れてきていた。
「大丈夫よ。あなたも女の子なのでしょ♪」
あやふやだった意識がはっきりとしてくる。
そう…僕は今、女子の制服を着ている。
スカートの下も女性用のパンツ…ショーツを穿いている。
その股間には女性器があり、僕を苛んでいたローターが押し込まれている…

ふたりで個室に入ると、彼女は僕のスカートを捲り上げた。
愛液に濡れたパンツが彼女の目に晒される。
「結構感じてたみたいね?あたしもチンポがガチガチになってたわ♪」
再び耳元でキーワードが囁かれていた。
そう、彼女こそが諸悪の根源だった。
「良いわよね?」
彼女は僕の答えを待たずにショーツを下し、ナカからローターを取り出した。
「今度はこっちで感じさせてあげる♪」
と屹立したペニスをローターの代わりに突っ込んできた。
「ん…あ、あんっ♪」
思わず喘いでしまう。
「大丈夫よ♪この時間このトイレには誰も入って来ないようにしてあるから。」
彼女のペニスが僕の胎内を掻きまわす。
僕は快感に淫声を抑えられなかった…



僕は自分が「男」であったことを覚えている。
が、いつの間にか僕は女子の制服を着て学校に来ていた。
朝起きてパジャマを脱ぐとブラを着けていた。
躊躇いもなく女子の制服を着てゆく。
家を出る前には鏡の前でリップクリームを塗っていた…
教室に入ると自分の席に向かう。
誰も僕の行動に注意を示さない。
僕はスカートの裾をさりげなく揃えてから座っていた。

それでも昨日まで股間には「男」の証が存在していた。
その時までは胸も平らでブラのカップもスカスカだった。
「今日はソレをもらうわね♪」
昨日の放課後、誰も近付かない旧校舎の教室で彼女に言われた。
僕がスカートを捲り、ショーツの中からペニスを引き出すと耳元で囁かれた。
次の瞬間、僕の股間ははじめから存在していなかったかのように、綺麗な股間を見る事になった。
彼女の手には「ペニス」が握られていた。
それが僕の股間にあったものだと認識することは既にできなくなっていた。
「今度、あなたにも使わせてあげるから心配しないでね♪」
その言葉になぜかほっとしていた。

いつの間にかブラのカップの中が満たされていた。
その晩、風呂の中でその存在を確かめてみたが、そのうちその存在も当たり前のように思えてしまっていた。
何事もなかったかのようにパジャマを着て眠りに就く。
が、脳裏には彼女の手の中にあったペニスが思い出された。
そのうち、それが僕のナカに戻ってくる…
そう思っただけで、僕の股間はじっとりと濡れてしまっていた。




「おはよう♪」
僕が教室のドアを開けるとクラスメイトのいつもの数人だけが「おはよう」と返してくれる。
今日も僕は女子として認識されているようだ。
そのまま席に着く。
(今日はどんなコトをさせられるんだろうか?)
僕は彼女に囁かれるのを期待しはじめていた。



« 2020年7月 | トップページ | 2020年10月 »

無料ブログはココログ