« 渡された物 | トップページ | 囁き »

2020年7月25日 (土)

リモート○○○

遠距離恋愛も様相が変わってきた。
どんなに遠くてもネットで繋がっている。
VRゴーグルを使ってではあるが、顔が見える。声が聞こえる。
「ねえ、アレしてみない?」
彼女が言ってきたのはリモートSEXの事だ。
彼女が送ってきた専用のオナホを使うやつだ。
それに繋がったケーブルがVRゴーグルが音と映像をその場にいるかのように伝えるように、そこから発生する快感を彼女に届けるのだ。
VRの感覚共有の為のコネクタが彼女の首筋にもあり、ゴーグルから伸びるケーブルを接続すれば、ゴーグルの音と映像とともにオナホからの快感がダイレクトに感覚神経に送り込まれるのだ。

が…
「き、今日はちょっと止めておきたいんだ。」
と今は断らざるを得なかった。
今夜はちょっとした実験を計画していたからだ。

先日、オナホからの信号を記録する事に成功したのだ。
感覚情報はその性質から厳重にプロテクトが掛けられていて、記録・再生が一切出来ないようになっている。
が、このリモートSEX用のオナホは用途が用途だけに純正品ではなかった。
だからバックドアが完璧に潰されている訳ではない。
試行錯誤の末にオナホからの信号を記録し、再生することが出来た♪
オナホ情報の再生…それは、彼女が感じていた情報…つまり、侵入してきたぺニスが肉襞を擦りあげる快感などを彼女の立場で経験する事が出来たのだ。
だが、それだけでは不満が残ってしまった。
それは、あくまでも「記録」されたもの…自分のぺニスが彼女に与えた…というだけのものだ。
受動的といえば、女性の性役割自体が受身であるのだから仕方ないのだが、それだけで済むようなものではない。
お互いの意識の交流がその中にあってこそ、SEXが成立するのだろう?
そこで、「記録」ではなくリアルタイムで感覚情報をフィードバックさせる事を思い付いた。
今夜はソレを試そうとしていたのだ。


形式的にVRゴーグルを装着する。
自分の部屋の中を写しても味気ないので映像を切る。
音声もハウリングしないように切っておく。
暗闇の中で自分自身の息遣いだけが殊更に大きく感じてしまう。
これから得られ快感を想像して、股間はガチガチに硬くなっていた。
オナホを起動する。
憤り勃つぺニスの感覚に重なって、それを受け入れようと待機する膣の感覚がそこにあった。
ごくりと唾を飲み込み、そこにオナホを被せていった…

ぬっ…とソレが押し入ってきた♪
愛液を絡めてナカに入ってくる♪
「あん、あぁん♪」
彼女がそうであったように、自然とオンナの喘ぎ声が漏れ出てゆく。
ぎゅっと膣を締めると、ぺニスが圧し包まれるのを感じる。
「んっ?!」
膣の中の敏感な所に触れた。
(これってGスポットっていうやつ?)
突く方と突かれる方との両方のタイミングを合わせて確実にその場所を捉えた♪
「っあ!! ああああん!!!!」
物凄い快感が脳髄を突き抜けていった。
(たまんないっ!!)
膣の奥に何かが打ち付けられていた。
それがぺニスから放出されたザーメンであると理解するまでには時間が掛かった。
オンナの快感に男としての行為の感覚が消し飛ばされてしまっていた。
(もう一度…)
と思っても、放出後のぺニスは萎えきってしまっていた…



「ねえ、今日はいつもと違う感じ。どうかしたの?」
数日後、彼女とのリモートSEXを再開していた。
「ごめん、何か変な事していた?」
「別に悪い事じゃないの。いつもより気持ち良いもの♪ソコにキテって所にピタリと填まっちゃう感じだもの♪♪」
当然だ。
彼女が感じているのと同じものを感じているのだ。
キテ欲しい所は同じなのだから、そこにぺニスを誘導していけば良い♪
言ってしまえば、ぺニスは単なるディルドゥでしかなかった。
一本のディルドゥが二人のオンナを悦しませている…レズSEXと言えないこともなかった。
「っあ、く、来る♪」
言われなくてもわかっている。
あと少しで二人とも絶頂に達するのだ。
「そう…ソコッ!!」
最後のひと押しでアタシ達はイッてしまう♪
「一緒にイこう♪」
ぎゅっと膣を引き締めると、限界を迎えていたぺニスは一気にザーメンを迸らせてゆく♪
「あ、ああ~っ!!」
二人のオンナの嬌声がVRゴーグルを越えてハモっていた…

 

« 渡された物 | トップページ | 囁き »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 渡された物 | トップページ | 囁き »

無料ブログはココログ