« 2019年6月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月 3日 (木)

処女航海

新造船テラ・ステラⅣ号のドックには満々と海水が満たされていた。
既に閘門も開かれている。
「出航」
と声が掛かると、自動的にエンジンが出力を上げていた。

そう、この船は完全自動航行であり、目的地を告げてしまえば船長も不要となってしまう。
その処女航海に何故か同乗することになってしまった。
「頼めるのが亮ちゃんしかいなかったのよ♪」
そう声を掛けてきたのが、この船の船長であり、俺の大学の先輩である日野三香子女史だ。
彼女が開発したAIを搭載した同型船は既に三隻が就航していた。
が、そのどれもが自動航行で目的地には予定通りに到着したものの、処女航海に限って船長が行方不明となっていたのだ。
そこで先輩は四隻目の処女航海に船長として乗船する事にしたのだった。

とは言え、完全自動のこの船では出航してしまうとあとは何もする事がない。
単なる同乗者でしかない俺など本当に何もないのだ。
船室のベッドでぼーっとしていると、船の揺れも手伝ってか、俺はいつの間にか眠ってしまっていた。

「やはりこうなるのか…」
船長室で船内モニタを覗いていた三香子はそう呟いた。
亮の部屋は白く煙っていた。
それは三香子の部屋にも侵入していたが、まだ部屋に立ち込める程ではなかった。
三香子は自室の白煙には動じることはなかった。
それは前回の航海で自ら経験していたし、前回に取り込まれたナノマシンの一部はまだ彼女の体内に残っていた。

そう、立ち込める白煙はAIが造り出したナノマシンであった。
彼女は亮の部屋の監視を続けながら、自らの肉体の変化も確認していた。
「こっちは終わったようね♪」
三香子の部屋の白煙は跡形もなく消え去っていた。
元々全裸でいた彼女は、自身の股間に指を這わせた。
「ちゃんと再生しているみたいね♪」

ナノマシンは肉体を改造する。
もっとも、彼女の場合は肉体の一部が変化するだけで済んでいる。
が、彼女の監視している部屋の中では劇的な変化が進んでいた。
ナノマシンは亮の着ていたものを分解し、全裸にしてしまう。
体内に侵入したナノマシンは肉体改造の間に意識を取り戻さないよう、脳をブロックした。
さらに、改造を促進するよう快楽物質を大量に発生させ、全身に送り込むように仕向けた。

次第に亮の肉体が変化してゆく。
肉体を包む筋肉が減少し、柔らかな脂肪に変わってゆく。
全身を覆う黒く太い体毛が、淡色でしなやかなものに生え替わる。
皮膚に溜まった色素が抜け落ち、肌目も細かくなった。

三香子は特別に設置したカメラの映像に注視した。
それは亮の股間を捉えていた。
その変化だけは見逃したくはなかった。
快楽物質の影響か、亮の股間は激しく憤り勃っていた。
陰嚢の中で精巣が限界まで活動していた。
ビクビクとペニスを震わせ、精液が放出されるが、即にナノマシンに分解されてしまう。
そして最後の一滴まで分解されると、陰嚢は収縮し、中の精巣は胎内に取り込まれていった。
その跡は筋になり、深く切れ込まれていた。
その上端ではペニスがその形を変えていった。
鈴口が閉じると同時にペニスの根元に小さな穴が穿たれていた。
ペニスの全体が縮んでゆく。
陰嚢部の筋が肉襞を造り、縮んだペニスを包み込んでいった。
亀頭の成れの果てが肉芽のようにその端に露出するだけとなっている。

それは見るからに「女性器」に他ならなかった。
亮の肉体もまた女性のものに近づいていった。
骨盤が広がり、腰が括れてゆく。
胸には豊かなバストこそないが、明らかにそれはもう男の胸ではなかった。
うっすらと脂肪が集まり、乳首がその上に存在を主張していた。
喉仏も消失している。
さくらんぼ色の唇からは、さぞや愛らしい声がこぼれ落ちてくることだろう。

「んあっ!!」
興奮してか三香子は股間に痛みを感じた。
堪えられず指を挿入しソコを掻き回していたのだ。
その内股に紅い筋が落ちてゆく…
「破瓜の痛みなんて、そう何度もするもんじゃないわね♪」
しばらくすると再びナノマシンが活性化し、彼女の処女膜か再生されていた。
「処女航海…」
呟きとともに、彼女は自身の作りあげたAIの愚かさ加減にうんざりしていた。
そう、AIはその処女航海に乗船したものをすべからく「処女」に造り変えてしまうのだった。
(まあ、無人で航海できるのだから、女性しかいなくても問題はないわよね♪)
と楽観する事にした三香子は、立ち上り亮の部屋へと向かっていった。

俺はくすぐったいような不思議な刺激に目を覚ました。
「三香子先輩?」
傍らで俺の身体に触れ、その「刺激」を与えていた。
俺は自分が裸で何も着ていないことに気付いて慌てたが、傍らの三香子先輩もまた全裸となっていた。
「な、何で?」
と、その声がいつもの自分の声とは違う事に気付いた。
「楽にしていて♪あたしが気持ちよくしてあげるから♪」
と、指に唾液を纏わせると、俺の胸…乳首を弄り始めた。
(何?)
様々な疑問が沸き起こってくる。
何で俺の乳首が彼女が弄れる程に突出しているのか?
胸毛がなくなり…そこはふっくらと…まるで少女の胸のように…
(ジュッ…?)
与えられる快感に呼応するかのように、股間から滲み出てくるものがあった。
「俺」の股間?
そこには本来あるべきモノの感触がない!!
性的な刺激を受ければ当然、熱を帯びて大きく、硬くなる筈なのだが…
確かに熱は帯びているが、それは股間を潤してゆくものを分泌する助けにしかなっていない。
それよりも、その奥…腹の中で何かが疼いていた。

「準備は良いようね♪」
と、三香子先輩が添い寝するように俺の隣に横になった。
彼女の乳房が直に俺の胸に触れ、豊かな肉塊が二人の胸の間で押し潰される。
「先輩、何を…?」
「良いから、あたしに任せて♪」
と、彼女の脚が俺の両足の間に割り込んできた。
俺の股間の分泌物がその太腿を濡らす。
大腿はそのまま俺の股間を圧し、ぐりぐりと刺激を与えてくる。
(何?)
その刺激は快感となって俺の喉を震わせた。
「っあぁん…」
それは女の子の喘ぎ声のように聞こえた。
「可愛い声ね♪我慢しないでもっと聴かせて頂戴♪」
股間を刺激され、乳首を刺激され…更に、彼女の舌が俺の耳の穴を刺激し始めた。
「ぁあ、あっ…」
我慢しきれずに声が出る。
出始めた声はもう堪えることができない。
その声のリズムに先輩の与える刺激が同調し、更に快感が増してゆく。
「ああん、あああっ、ああ~っ!!」
あまりの快感に、俺の頭の中が一瞬で真っ白になっていた。


「ちょっと痛いかも知れないけど我慢してね♪」
気が付くと先輩は掌で俺の股間を覆い、刺激を与えていた。
股間の分泌物は出続けていて、クチュクチュと卑猥な音をたてている。
そして、彼女の指が俺の股間を割って入り込んできた。
本来であれば、そこに指の入り込む場所などないのだが、俺ももうその事を認めざるを得なかった。
(俺の肉体が「女」になっている…)
俺の股間に存在しているのは女陰であり、充分に濡れたソコはすんなりと彼女の指を受け入れていた。

「んあ、ああん♪」
自然とオンナの喘ぎ声が漏れてゆく。
俺は快感を求めて腰を振り、三香子先輩の指を更に奥へと誘おうとする。
が、不意にその指が抜き取られた。
「ふぇ?」
俺は彼女の指先を追って腰を突き上げたが追いつけなかった。
「ちょっと待ってて。良いモノをあげるから♪」
と、三香子先輩が手にしたものが目に映った。
それは男の…ペニスを模した…ディルドゥだった。
本来、男である「俺」に対してそんなモノが使われることはないのだが…今の俺には、ソレを受け入れる器官が存在していた。
「アナタのハジメテをこんなもので散らすのは偲びないんだけどね♪」

三香子先輩の指とは比べものにならないくらいの太さがある。
多分、元々俺が持っていたものよりもふた回りも大きいかも知れない…
ソレが俺の股間に、強引に押し込まれた。
切り裂かれるような痛みに襲われる。
まだソレの先端しか入っていない。
先輩はかまわずにソレを押し入れてくる。
痛みと同時に、ソレがゆっくりと侵入してくるのがわかる。
そして…
「奥まで入ったかしらね♪」
その先端が俺の膣の奥に当たるのを感じて、俺は先輩に頷いた。
多分、その先には子宮が出来上がっているのだと思う。
俺は腹の中に本来は存在しないものの存在を感じていた。
カチッと音がした。
「アガっ!!」
強烈な刺激で、俺は一瞬で意識を失っていた…


気が付くと、俺は三香子先輩に優しく抱きしめられていた。
「ハジメテの娘には刺激が強すぎたわよね♪ごめんなさいね。」
「これって、どういう事なんですか?」
俺の問に、三香子先輩はナノマシンの説明をしてくれた。
実際、俺の股間は癒されていて痛みもほとんどなくなっていた。
「しかし、処女航海だからって男女の別なく処女にするって…て、三香子先輩も今は処女になってるんですか?」
「そ、そういうことになるわね。」
「じゃあ、俺が先輩の処女を戴いても良いですよね?」
「いやとは言えないわよね。でも貴女みたいにハジメテではないわよ♪」
俺は彼女の上に跨がると、俺の処女を奪ったディルドゥを手にした…

「もうすぐ港に着くわ。処女航海もこれで終わりね♪」
先輩の腕の中で俺は快感の余韻に浸っていた。
彼女と交わり続けていた俺は、もうこのオンナの快感から逃れられなくなってしまっていた。
「港に着けば、元に戻ってしまうんですか?」
「ごめんなさいね、ナノマシンがなくなると処女膜の再生ができなくなるってだけなの。変わってしまったその肉体を元に戻すことはできないのよ…」
「って、俺はもう男に戻れない?」
「ごめんなさいね。責任は取るわ。新しい戸籍も用意するし、衣食住とも不自由させないわ。」
「そうです。責任取ってもらわないと困ります。だから、俺と結婚してください♪」
「結婚…って、あたしは貴女より歳上なのよ。」
「だから、俺の方がお嫁さんになります。」

そして、結婚式
バージンロードに白い煙が足元を覆っていた。
(これは?)
式台の上でタキシードを着た先輩がニヤニヤと笑っていた。
歩みを進めると、煙はウェディングドレスに包まれた俺の脚に絡み、這い上がってくる。
先輩の前に辿り着いたときには、俺の股間の再生は完了していた。
(ちょっとしたサプライズよ。ナノマシンは貴女にしか働かないようにしてあるから♪)
先輩が耳元で囁いた…


その晩、俺は久々に処女喪失の快感を堪能したのだった♪♪♪

おまじない

女の子達の間で密かに流行っているおまじないがあった。
それはSEX時の快感を何倍にも増幅するらしい。
なにぶん、モノがモノだけに表立って噂される事がないのだが、俺はひょんな事から、そのおまじないを知ってしまった。

とはいえ、SEXの相手に知られては効果がないので、俺が抱いてやる女に教えてやる訳にも行かない。
勿論、男の俺自身にそのおまじないが効く筈もない…
宝の持ち腐れ…としか言い様がない。

「ねぇ、何か面白いことない?」
と女が言う。
確かにここしばらくはマンネリ気味であることは確かだった。
「俺の持ち札は全部場に晒してある。俺からはもう何も出て来ないぜ。」
「そうよね♪じゃあ今夜はあたしに任せてみてくれない?」
「何か考えがあるのか?」
「旨くいくかはわかんないけどね♪今夜はあたしが貴方を責めてみるわ♪」
「俺を?」
「あたしって女子校の出なの。当然、女の子同士でSEX紛いの行為もしてたわ♪」
そう言って、彼女は俺をベッドに押し倒した。
「これでも何人もの女の子をイかせてきたのよ♪」

彼女の瞳が妖しく輝いていた。
「あのおまじない…知ってるんでしょ?」
その輝きが俺の視線に絡み付いてくる。
「大丈夫。女の子同士ならちゃんと効いてくれるわ♪」
俺は催眠術に掛かったかのように、彼女の言葉に逆らえなくなっていた。
「ほら♪おまじないを唱えて!!」
彼女の手が俺のシャツを押し開き、胸元に滑り込んできた。

俺はあのおまじないを唱えていた。
胸に充てられた彼女の掌の動きに合わせて快感が涌き起こる。
「ほら♪乳首が勃ってきた♪」
彼女が指先でソレを摘まむ。
「アンッ…」
俺は女の子のような喘ぎ声を上げていた。
「そうよ♪素直に快感に声を出すと良いわ♪可愛いわよ♪」

声…?
これは俺の声か?
それは女の子のように甘く甲高く聞こえる…
「ね♪おまじない効いてるでしょ?」
そう…あのおまじないだ…
あれは女の子のSEXの快感を何倍にも高めるものだ!!
男の俺には効く筈がないっ!!

グニュッ…
彼女の手が俺の胸を鷲掴んだ。
俺の胸にはある筈のない乳房が揉み上げられる♪
「ああっ…」
再び快感に声が漏れる。
俺の頭の中が女の快感に塗り込められてゆく…

「良いでしょ♪オンナの快感は?」
俺は彼女の声を遠くに聞いていた。
「でもね、こんなものじゃないのよ♪」
彼女の手が俺の股間に降りてゆく…
ヌルリと俺の股間が漏れていた。
それは先走りが濡らしたものではない。
そもそも、俺は股間には先走りを垂らす器官の存在が感じられなかった。
それでも、俺の股間は熱く熟れている…

「ひゃん!!」
俺は叫んでいた。
彼女の指が、俺の…クリトリスに触れたのだ。
そして、その先の女陰に彼女の指が潜り込んでくる…
「あっ、ああ~…」
知る筈のない快感に、俺は淫声をあげる。
「まだまだ、これからよ♪」
指の本数が増やされ、これでもかと俺の腟壁を刺激する。
「あっ、ダメ!! これ以上されたらっ!!」
「問題ないわ♪女の子としてイッちゃいなさい!!」

こみ上げてくる快感に、更に高みへと突き上げられる。
これが「イク」ってことなのか?
「ああ、ああん♪あん、ああ~ん!!」
自分でも何を叫んでいるのかわかっていない。
彼女の更なる責めに…
「んあっ、イク…イッちゃう~♪」
俺の頭の中は真っ白に塗り潰されていた…

「どうだった、あのおまじない?凄いでしょ♪」
意識を取り戻したあたしを覗き込むように彼女が声を掛けてきた。
あたしは…
否っ、俺は胸に…そして股間に手を当てた。
「おまじない、十分に効いたようね♪」
「ど、どういう事よ?」
「あのおまじないは女の子にしか効かない。でも貴女はあのおまじないで快感を得た。」
「だからって、あたしが…俺が女になってしまうなんてあり得ないでしょ?!」
「無理に男でいようとすると辛くなるわよ。もう貴女は女の子なんだから♪」
「戻れ…ないの?」
「あたしの眷属として、それなりに成果を上げてもらえれば考えてあげなくもないわよ♪」
「眷属?」
「そう♪あたしは淫魔。あのおまじないをこつそりと広めたのはあたしの罠なの♪おまじないを使った娘の中からコレって娘を眷属にして、精力を集めてるって訳♪」
「でも、何であたし…俺まで?それもわざわざ女にしてまて?」
「じゃあ、最初のご褒美でその理由を教えてあげるわね♪」


あたし…俺はご主人様が用意してくれた服を着て街を歩いていた。
服は当然のことながら露出度が高く。いかにも「ビッチです」と看板を掲げているような服だった。
下着も女物を渡され「いやよ」と言うと「ノーパンの方がらしいわね♪」と言われて引ったくるようにして着けたのだった。
自分では出来ないのでお化粧もご主人様にしてとらった。
踵の高いサンダルは最初はバランスが取れなかったけど、即に普通に…踵が高いせいかお尻が揺れるのが気になる程度で歩けている。

「ねぇ、お姉さん♪俺達と付き合わない?」
あたしはイケメンの男の子達に囲まれていた。
(美味しそう♪)
顔よりもあたしの注意は彼らの股間に注がれていた。
そのままホテルに直行して、ベッドの上に彼らを迎えた。

若い男の子は、激しい…と言うより、自らの欲求を充たす事にのみ集中してしまう。
女の子がどれだけ気持ち良くなっているかなど解ろうともしていない。
「あぁん♪」と感じたフリをしただけで、調子に乗ってしまう。
彼らが自分達のしたいようにするのであれば、こちらも勝手にさせてもらう♪
あたしはおまじないを唱えていた…

幾度となく達していたのは覚えていたが、その先がどう展開したまでは記憶になかった。
気が付くと、ヤり果てた彼らがベッドの周りに転がっていた。
良く見ると干物のように干からびて生気を失っていた。
『戻ってらっしゃい♪』
頭の中にご主人様の声が届いた。
『十分に精力が集まったわ。ご褒美をあげるからね♪』
あたしはフラフラと立ち上がると、ご主人様の元に戻っていった。


「ご褒美は貴女をあたしの眷属にした理由だったわね♪」
あたし…俺はようやく頭が晴れてきた。
そして、女として男たちに抱かれ、彼らの精液をしこたま俺のナカに注ぎ込まれたのだ。
それも、直接…ナカだしされている…
「妊娠することはないわよ♪女といっても、あたしに精力を届けるための道具でしかないからね♪」

それがご主人様…彼女のいう「眷属」という存在なのだという。
彼女の道具であり、彼女の意に反することは一切出来ないのだ。
俺は彼女の許す範囲でしか「俺」であると認識できないらしい。
あの「おまじない」を唱えた女の子は、程度の差こそあれ彼女の影響下に入る。
その一番の効果はおまじないの流行のコントロールだった。
そして、その中から男たちの餌になりそうな娘を彼女の「道具」にしてきたのだ。
だが、男がこのおまじないを知ってしまうと、彼女のコントロールから外れてしまうらしい。
コントロールを取り戻すためにはその男を女にして、おまじないを唱えさせる必要があるのだという。

「貴女はとっても優秀だったわ。これからと沢山の精力を集めてきてね♪」
俺は再び彼女に責められ、オンナの快感に翻弄させられる。
「あ、ああん♪…で、いつになったら俺は男に戻してもらえるんだ?」
俺は快感に喘ぎながら尋ねた。
「この快感を知ってもまだ男に戻りたいというの?」
俺は男である。
姿かたちは変わってしまっても、その本質が男であることは譲れない!!
「そんなことが貴女を悩ませるなんて可哀相…そうね、貴女の中から男だった記憶を消してあげましょう♪」


あたしは今夜も街を彷徨うように歩いている。
ご主人様に活きの良い精力を届けるために男たちを魅惑する。
あたしはオンナがどういう風にすれば男が惹かれるか本能で知っていた。
コレという男に目を付けた。
あたしが男を惹き寄せるのではない。
男の方があたしを獲物と認識して捕らえにくるように仕向けるの♪
男が設えた罠に、それと知りつつも捕らえられに行くのだ。

「んあ、あんっ♪」
あたしはベッドの上で媚声を漏らす。
それだけでオトコは元気を取り戻す♪
あたしを抱くとどれだけの精力を奪われるのかなど思いもよらないのだろう。
いい気になって、どんどん注ぎ込んでくれる。
ご主人様も悦んでくれるに違いない。
あとは「あたし」の時間♪
あたしはおまじないを唱える。
この男の最後の一滴までもあたしの快感の糧となるのだ♪


今宵もまた一つ、干からびた男の屍が転がり出ていった…

ネトラレ?

今夜は妻の友人が泊まりに来ていた。
俺は寝室のベッドで独り寝、妻とその友人は居間でごろ寝…の筈だったと記憶していた。
が、意識が戻った俺は、居間のソファーでうとうとしているようだった。

 

確かに俺は寝室のベッドで寝ていた筈である。
いつの間に居間に来ていたのだろうか?
それに、妻とその友人はなにやら床の上で絡みあっている。
(?)
その上に被さっていたのは妻の友人であったが、その下に組み敷かれていたのは妻ではない…
それが「男」であるのは即にわかった。
何で男が?
と、よくよくその顔を見ると、それは俺の良く知っている顔…俺の顔がそこにあった。
「俺」は妻の友人の下で脚を開き、その股間を妻の友人に責められていた。
妻の友人はその腰にペニスバンドを装着し、その擬似男根を「俺」の股間に突き立てていた。
「俺」は悦びに喘ぎ声を洩らしている。

 

そして「俺」を責めたてていた妻の友人の視線が俺の視線と交錯した。
「どうやら旦那の意識が戻ったみたいよ♪」
妻の友人が「俺」に告げていた。
「ダメ…止めないで。もう少しであたしもイけるから♪」
と「俺」がオネエ口調でねだっている。
「どうなっているんだ?…?!」
俺の発したその声は俺自身の声ではなかった。
「説明は後でするから、しばらく大人しくしててね♪」
と妻の友人は再び「俺」を責め始めた。
「ああんっ、ソコよ♪イイっ!!ああんっ、イクぅ、イッちゃう~♪!!」
「俺」は擬似ペニスに責めたてられ、アクメに達したようだ。
妻の友人が離れても、余韻に浸っていて身動きすることはなかった。

 

「今度は貴女の番ね♪今の見てて欲しくなったんじゃない?」
「欲しく…って、どういうことだ?」
「ミドリの…あなたの奥さんの肉体は、あたしがとことん開発してあげたからね♪って、それは今の貴女の肉体のことだけどね♪」
「今…の俺?」
「気付いてるでしょ?あなたの本来の肉体はあそこに転がってるんだから♪」
彼女は俺に近付くと、その手で俺の股間を撫であげた。
「ねっ♪もう凄い洪水になってるでしょ?」
彼女が触れた場所…本来、そこには俺の男性自身が…異常事態に縮こまっていたとしても…その存在を感じられない筈はない。
が、今の俺自身はそこに、本来あるべきモノとは全く異なるモノの存在を感じている?
「言ったでしょ?あなたの肉体はそこに転がっているんじゃない…これはミドリの…オンナの肉体だと♪」

 

「つまり、俺は妻の肉体に入っている?なら、妻は今…」
「ミドリって、変な性癖に目覚めちゃったようで、男の肉体でもオンナの快感が得られるのか試してみたいって♪」
と「俺」の方を見やる。
「で、ちゃんと快感を得られたようね♪幸せそうに微睡んでいるわね。貴女にもオンナの快感を経験させてあげるわね♪」
と、俺を妖艶な瞳で見据えていた…

 

 

 

妻の友人が帰っていったその夜…
「今度は貴女の番ね♪」
一通り、男の肉体での快感を堪能した後、妻が俺に迫ってきた。
そう、まだ俺達の肉体は入れ替わったままだった。
「い、いいよ。俺は別に…」
拒絶してもか弱い女の肉体では男の腕力に勝ることは出来ない。
俺の腰に装着していた…妻を貫いて、快感を与えていた…ペニスバンドが外された。
「んあっ…」
俺はベッドに押し倒されていた。
彼女の…「俺」のペニスが憤り勃っている。
「や、止めて…」
「良いじゃないか。夫婦なんだから♪」
と、俺の股間にペニスを圧し付けてきた。
口では拒絶している俺だったが、妻の友人に開発し尽くされたこの肉体は「本物」によってもたらせれる快感を期待していた。
「あん♪ああ~ん!!」
妻を受け入れた俺は、即にも快感に淫声をあげ、悶え乱れていたのだった…

 

 

数ヶ月後、俺は妊娠していることが判明していた♪

 

« 2019年6月 | トップページ | 2019年11月 »

無料ブログはココログ