« 夢の中 | トップページ | 脱け殻 »

2018年12月12日 (水)

無題

「これ、穿いてみる?」
と彼女が差し出したのは、さっきまで彼女が穿いていたパンティーだった。
僕には女装の趣味はない。が、それがどのようなモノなのかという好奇心はあった。
「伸びちゃうよ。それに汚してもいけないし…」
「なら、下にコレを穿いてなら大丈夫よ♪」
と、肌色のゴムでできたパンツを寄越してきた。
「しっかりホールドするから目立たないし、汚れも滲み出ることはないわ。」
と、もう僕が彼女のパンティーを穿くことが既成事実のようだ。
仕方なくゴムのパンツを広げた。
内側にはソレを仕舞うためのポケットのようなものがあった。
股間の外側には襞状のモールドが付けられていた。
穿いてみると、ペニスの存在が隠されるばかりか、女性の股間のような破れ目が切り込まれていた。
「これなら穿けるでしょう♪」
確かに彼女の言う通りだが、パンティーだけで終わる訳ではなかった。
 
「どお?」
と聞かれてもどう答えて良いかわからなかった。
姿見に写っている女の子が僕自身であることはまちがいない。
ロングヘアーのかつらを被せられ、お化粧され、ワンピースを着せられていた。
勿論、下着から全てが彼女が着ていたものだ。
パンティーの時と同様に、胸には人工乳房が貼り付けられ、ウエストも特殊なベルトで締め上げられ、彼女と同じ体型にされていた。
 
「じゃあ、表に出ましょうか♪」
と踵の高いサンダルを履かせられた。
転びそうになる僕をボーイッシュな出立ちの彼女に支えられる。
僕達はどのように見られているんだろうか?
女友達?それとも男女のカップル?
(男女…とは言っても中身は逆転しているのだが…)
 
 
 
僕は何故か電車に乗せられていた。
彼女は少し離れたところから僕を見ていた。
この電車が痴漢の出没頻度が高いというのは後で知ったが、その評判どおりに僕は背後に立った男から痴漢されていた。
「絶対に声を出しちゃ駄目だからね。男だとバレると恥ずかしいのはあなたでしょう?」
そう言われて、何の抵抗も出来ないでいると、痴漢は遠慮なく僕の身体を弄りだしてきた。
勿論、あからさまに胸を揉んだりはしない。
スカートの上からお尻や太腿に触れていた手が、スカートの中に潜り込んでくる。
下着の上から与えられる刺激は、スカート越しより更に官能的に感じた。
掌が股間を覆い、一本の指が割れ目に這わされた。
 
グイッと圧し込まれる。
クチュッと割れ目に何かが滲み出るのを感じた。
「感じ易いんだな♪」
と耳元で囁かれた。
(感じてる?)
否!!
僕のペニスはピクリとも反応していないじゃないか。
でも…
股間に感じる滑りは、まるで男の愛撫に愛液を滲ませている女の子のようじゃないか?
 
痴漢の指に更に大胆に、スカートの中でパンティーをずり下ろしてゆく。
勿論、下に穿いているゴムパンツは想定外なのだろう。
ゴムパンツなのだが、僕の肌を直に触れていると思っているようだ。
再び痴漢の指が割れ目に圧し入ってきた。
パンティーの布越しではなく、痴漢の指が直接触れている。
僕の愛液(?)にまみれた痴漢の指が、更に侵入してきた。
僕の胎の中に?
本物の女の子ならそこにおまんこがあり、子宮へと続く膣穴が穿たれている。
痴漢の指はまさにその穴の中に潜り込んでいるみたいだ。
しかし、男である僕に膣穴など存在する筈もない。
(どういうこと?)
と疑問が浮かぶが、痴漢の指が動く度にこれまで経験したことのない快感に晒され、まともな思考が疎外されてしまう。
(んぁ、あんっ♪)
本物の女の子のように快感に喘ぎ声を漏らしてしまいそうになるのを必死で堪えていた。
 
 
 
電車のアナウンスが次の停車駅への接近を伝えた。
「残念だが時間切れだ。また会えたらもっと気持ちよくさせてやるよ♪」
そう言って痴漢は離れていった。
僕は手すりに身体を預けるようにして漸く立っていた。
「大丈夫?次の駅で降りようか。」
と優しそうに彼女は声を掛けてきたが、本当に心配そうにしているようには見えなかった。
 
「そこならゆっくりできるから♪」
と連れてこられたのはホテルの一室だった。
キングサイズのベッドに寝かされた。
「ちょっと待っててね。」
と彼女が離れた。
シャワーを浴びる音がした。
(何で?)
と思っている間に音は止まり、バスタオルを巻いただけの彼女が戻ってきた。
(?)
違和感があった。
当然である。
彼女はバスタオルを胸から巻かずに男のように腰にだけ巻いていた。
「貴女も脱ぎましょうね♪」
と僕の着ていた服を…ただし、ゴムパンツと人工乳房はそのままで…脱がしていった。
 
「ココ、気持ち良かった?」
ベッドに転がされた僕の股間に彼女の掌が沿わされた。
さっきと…痴漢と同じように、彼女の指が僕のナカに挿入ってきた。
ビクリと身体が跳ねる。
彼女の指が敏感な所に触れたのだ。
「声、出しても良いのよ。いえ、貴女の鳴き声を聞かせて頂戴♪」
彼女は同じ場所を責め立てた。
「んぁ、あんっ♪」
堪え切れず、僕は声をあげていた。
が、僕の耳に届いたのは女の子の喘ぎ声だった。
「な、何?この声?!」
 
「問題ないわ。貴女はもう女の子なの。そしてコレでオンナにしてあげるわね♪」
彼女の腰に巻いたバスタオルが落ちると、そこには勃起したペニスがあった。
メリッ!!と、彼女は胸から乳房を引き千切った。
そこに居たのはもはや「彼女」ではなく、髪の長いだけの男でしかなかった。
 
「い、厭ぁ~!!」
僕は処女のように抵抗したが、僕には女の子程度の力しか出せず、簡単に男の腕力に押え込まれてしまう。
「ほら♪佳いモノをあげるよ。」
ズブリと男のモノが僕のナカに挿入ってきた。
そして一気に最奥まで突き入れた。
その先端が何かに突き当たった。
「子宮口だね。この奥に精子が入れば、君は妊娠してしまう。…尤もまだ生理も来ていないお子様マンコにはまだ荷が重いけどね♪」
 
この男は何を言っているんだ?
僕が何も理解できないでいると
「さあ行くよ♪」
と大きく腰を前後させた。
膣の中でペニスは更に大きく硬くなってゆく。
与えられる刺激が激しくなり、どんどん昂ってしまう。
「ああん、ああ~ん!!」
その嬌声を僕自身が発していることさえ意識できない。
快感に朦朧とする中で彼が
「行くよ!!」
と言い、膣の奥に熱い塊が打ち付けられた…
 
 
シャワーを浴びた。
彼の精液を洗い流した。
放心したまま戻ってきた僕の身体に付いた湯滴を彼がバスタオルで拭ってくれた。
「ほら、新しいショーツだよ♪」
と渡されたパンティーを僕は躊躇うことなく穿いていった。
僕には女装の趣味はなかった筈なのに…
 
鏡に写る男と女。
違和感はどこにもない。
男が女を抱きしめた。
瞼を閉じた僕の唇が塞がれる…
 

« 夢の中 | トップページ | 脱け殻 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無題:

« 夢の中 | トップページ | 脱け殻 »

無料ブログはココログ