« 異世界 | トップページ | re:妻として生きる »

2018年8月14日 (火)

退屈しのぎ

「ああ、退屈だ~!!」
もう幾度叫んだことだろう。
しかし、俺が叫んだところで、誰がその叫びに反応するか?
 
ここは宇宙船の中…そこにはパイロットの俺しかいないのだ!!

ああ、「俺しか」というのは少し語弊があるかも知れない。
宇宙船の中にはもう一人…と言うか一体のアンドロイドが常備されている。
  
「宇宙船には生身のパイロットを乗せなければならない」と決められていた。
人件費を節約するにはパイロットは1人だけが良いとして、その精神面でのサポートも兼ねてアンドロイドが常備されていた。
が、今の状況はそう単純でもなかった。
 
ヒト一人を乗せるには、水や食糧もその期間分必要になる。
ならば、巡航中はコールドスリープさせてしまえ。
と、なったがそれではパイロットを乗せる意味がない。
ならば意識は覚醒させたまま、肉体だけを眠らせてやれば良い♪
 
つまり、今「俺」の肉体は俺の目の前のベッドでコールドスリープ状態にある。
そして、俺の意識はアンドロイドの頭の中で覚醒しているのだ。
だから
俺が叫んだところで、その叫びに反応できる者は誰もいないのだ!!
 
 
 
まず、出港から惑星圏離脱までの間は何かと忙しい。
その後、しばらくはコールドスリープまで時間がある。
その間だけは当初の搭載目的に従いアンドロイドと会話をしたりするが、所詮は機械人形だ。決まりきった反応しかしない。
結局はアンドロイドに不満をぶつけて精神を安定させる事になる。
が、それもコールドスリープに入ってしまえば不満をぶつける相手もいなくなるのだ。
 
 
 
そんな事の繰り返しではパイロットに影響が出ない筈はない。
そこで、新型のアンドロイドが導入される事になった。
当然、コールドスリープまでの時間の潰し方も変わってくる。
目の前でナイスバディの美女が妖艶に誘っているのだ。
俺は時間の許す限り、彼女を抱き、凌辱を繰り返した。
彼女の蜜壺からは俺の吐き出したザーメンが溢れ返る。
乳首には俺の歯形が、乳房には俺の指跡がくっきりと残されている。
彼女の膣が俺を締め付け、その中に再び放った次の瞬間…
 
俺は下腹部に差し込まれた異物を感じていた。
コールドスリープ時の意識転送が行われたと認識するまでには、しばらく時間が掛かった。
「俺」の逸物が俺の股間に突き立てられているのだ…と理解できるまでの間に、アンドロイドの肉体はプログラムに従い「俺」の肉体をベッドに運び、コールドスリープの処置を滞ることなく進めていた。
 
俺が自分自身を取り戻した時には、アンドロイドはシャワーを浴びて汚れを落とし、定められた制服に身を包んでいた。
 
「これが…俺…か?」
姿見に写った自分を見て、俺はか細い声で呟いていた。
彼女の肉体のラインは制服により、かなり隠されてしまう。
中身が俺だということもあって、鏡に写る彼女には、俺に見せていた妖艶さのかけらもなかった。
 
 
 
このシステムを造り出した奴は何を考えていたのだろう?
鏡を見れば、そこには散々俺が凌辱してきた「オンナ」がそこにいる。
だが、それが俺自身であると意識してしまうと一向に欲情が沸いてこない。
そもそも、今の俺には彼女を犯すべき逸物もないのだ。
そう…自らの手で目の前の美女をオカズに逸物を抜くことさえ叶わないのた。
例え、今の俺が自らを慰めても、それは「女」の自慰でしかなく、到底俺に「男」の快感なぞ与えられはしない。
逆に、俺の意図しない「女」の快感に苛まれてしまうしかないのだ。
 
「んあぁん♪」
俺の口から艶かしいオンナの吐息が漏れてゆく…
俺の指がスカートの奥を撫で上げていた。
俺は、仕方なく女の快感に身を委ねる♪
男では知ることのない未知の快感がそこにはあった。
 
 
 
…が、
退屈を紛らすにはまだまだ不十分だった。
この肉体は自慰では得られない極上の快感を知っていた。
そしてそれは、今の俺には叶わない…「男に抱かれる」ことで得られる快感だった。
彼女の記憶には「俺」に抱かれた時の快感が鮮明に残っていた。
その記憶が幾度となく俺を苛む。
今の俺は「俺」に抱かれることで得られる快感に餓えていた。
 
そして「俺」は俺の目と鼻の先にいる。
ベッドの上にはコールドスリープ中の「俺」がいるのだ、。
「俺」に抱かれたければ「俺」を起こせば良い…
 
だが、コールドスリープを解除すれば済むというものでもない。
俺の意識は肉体の覚醒とともに戻されてしまうのだ。
つまり俺は「俺」に抱かれることはできない。
コールドスリープの前と同じ…抱かれているのは只のアンドロイドでしかないのだ!!
 
そもそも、コールドスリープを解除することはできない。
「俺」の肉体を維持する為の水や食糧はコールドスリープを前提としてギリギリの分しか積まれていないのだ。
一旦「俺」を起こしてしまうと目的地に生きて辿り着くこともできなくなる。
では、どうすれば良い?
「俺」を起こさず、俺がアンドロイドのままで男に抱かれることは、本当に不可能なのか?
 
 
 
…そう♪「男」だ!!
それは何も「俺」でなくても良いんじゃないか♪
勿論、宇宙船の中の男は「俺」しかいない。
が、外から招き入れることができない訳ではない。
都合よく、この付近は宇宙海賊が頻繁に出没するのだ♪
そいつらを誘い込めば、俺のことなぞ頼みもせずに抱いてくれるに違いない!!
 
俺は隙を見せるかのように少しだけ舵を切った…
 
しばらくすると
(ゴンッ…)
何かがぶつかる鈍い音が響いた。
宇宙海賊だ♪
俺は期待に股間が潤むのを感じていた。
警告音が鳴り響く。
エアロックが強制解放されたのだろう。
幾人かの男達が移乗してきたようだ。
宇宙船が大きく揺れている。
 
否!揺れていたのは俺自身だった。
アンドロイドの機能を妨害する特殊なガスが使われたのだろう。
目の前が白く霞み、俺は意識を失っていた…
 
 
 
宇宙海賊の狙いは、ヒトの意識の入ったアンドロイドだった。
反抗したり、想定外の反応をしたりするが、アンドロイドとして絶対に主人に危害を加えることはないので、一般的なアンドロイドより遥かに高額で取引されるらしい。
そして、俺のように男の意識の入った女性型アンドロイドは更に高値が付くそうだ。
男の意識がオンナの快感を知ってしまうとより淫乱になるという。
 
リスクを侵してまで手を出したくなる輩はいくらでもいた。
だから女性型アンドロイドの配備された宇宙船の航路情報でさえ高額で取引されていた。
そんな輩に俺は捉えられ、売り飛ばされていた。
 
 
 
男はご主人様達に抱かれていた。
常に快感に満たされ、最高の気分だった。
俺の乗っていた宇宙船や「俺」の肉体がどうなったかなど、どうでもよかった。
俺は次々と与えられる快感に酔いしれていた。
「あぁ、ご主人様♪もっと奥にっ!!」
堅くて太い逸物が俺を貫いてゆく。
(早く、俺の…アタシの蜜壺をご主人様のザーメンで満たして頂戴っ♪)

« 異世界 | トップページ | re:妻として生きる »

コメント

最後の堕ちは良かったです。

こういう突っこみするのは恥ずかしいけど
作中の「ゴールドスリーブ」はわざとなんでしょうか?
(『cold sleep 』コールドスリープ?)

ご指摘ありがとうございます。

最近、目が悪くなって細かいところが見えないのと、間違っていても候補に出てしまうのでついつい確認を怠ってしまいました。(キーボードで入力しているとそうでもないのですが、スマホだとついつい…)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 退屈しのぎ:

« 異世界 | トップページ | re:妻として生きる »

無料ブログはココログ