« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月 9日 (土)

そして、少年少女は女人になる…

その惑星には成人男性は存在していなかった。
辺境の…星間航路からも大きく逸れた、その存在も忘れられた惑星にも移殖者は活き続けていた。
だが、その惑星では、偏った科学技術が発達していた。
所謂「仕事」は全て機械化されており、人は出産・子育てに専念できるようになっていた。
この世界には「男」は不要となっていた。
男の子は精通を迎えると、精巣を提供することになる。
そして、胎内に女性器を与えられるのだ。
与えられた女性器が定着し、生理が始まるとようやく、本来の女の子達より幾分か遅れて「大人」の仲間入り…女人になるのだ。

突然発生した次元断層の割れ目に飲み込まれ、もみくちゃにされた俺の宇宙艇は通常空間には戻れたものの亜空間エンジンの受けたダメージは相当なものだった。
更に幸運にも現在地を航宙図で確認できたのだ。
航路からは外れてはいるものの、近くを宇宙船が通る可能性が残っている。
そして航宙図には近くに殖民惑星があった。
俺は壊れる寸前のエンジンを始動し、その惑星に向かった。
…その惑星が他星系との交易が途絶し、数世紀が経過しているとも知らずに…

惑星への降下中にも、この惑星がそれなりに繁栄していることは見てとれた。
都市部に近く、かつ住民に害を与えない場所を着陸点に設定した。
この惑星では飛翔体による移動は行われていないのか、宇宙港はおろか、大気圏内航空機の滑走路も見当たらなかった。
海側から都市に近付き、海上でギリギリまで減速したところで浜辺に降ろすことにした。

『この惑星は交易を絶っています。ただちに退去してください。』
多分、目視するまでこちらの存在に気が付かなかったのだろう。
かなり減速が進んだ頃に無線連絡が入った。
「悪いが故障してしまって、修理しないと宇宙に戻れないんだ。」
『退去できないということですね。』
「この状態ではね♪」
『すみませんが、乗員の方々を一時勾留させていただきます。』
「まぁ、仕方ないか。だが、この艇には俺独りしか乗ってないがね♪」
俺はそう答え、迎えがくるのを待っていた。

緊急車輌の到着までの間にギャラリーは遠巻きにではあるが、幾重にも連なっていた。
その構成が女子供ばかりで、成人男性がいないことに気が付かなかったのは、連なった美女達に目を奪われていたからと言って、誰が咎めるだろうか?

「こちらへ。」
と促す女性事務官の脇で護衛の任にあたっていたのはヒューマノイドロボット達だった。
「この惑星は美人が多いんだね♪」
と女性事務官に話し掛けた。
俺にとっては社交辞令みたいなものであった。(実際に美人が多いのは事実だ)
が、そのひと言で事態は急変した。
「あなたを第一級危険人物としなくてはならなくなりました。移送先を処置センターに変更します。」
「ど、どういうことだよ?処置センターって?」
「落ち着いてください。なにも処刑する訳ではありません。」
「だが、処置って…」
「この惑星では遺伝子は厳格に管理されています。あなたの言動には管理外の交配を起こす危険性が認められます。」
「去勢でもすると言うのか?」
「あなたの遺伝子を管理させていただくだけです。あなたが希望すればいつでも交配は可能です。」
俺は彼女が俺の問に直接答えた訳ではないことに気が付かなかった。

処置センターで処置が行われた。
俺はベッドの上で目覚めた。が…
そこにはなんとも表現し難い違和感しかなかった。
「気分はいかがですか?」
と声を掛けられた。
女性看護士か?と思ったらロボットだった。
「良い訳ないだろう!!」
相手が人間でないので遠慮なく悪態を吐いた。
…が
その声は何時もの俺の声ではなかった。
甲高く、まるで「女」のよう…
(!?)
その「女」というキーワードに、感じていた違和感が結び付いた。
胸の上に感じていた質量…直接胸に付いた双つの塊は「乳房」か?
股間にあるべき存在が失われていた。
ピタリと下半身を被う下着の感触。
胎内に感じるある筈のない器官の存在。

そう…これは「女」の肉体以外の何物でもない!!

「どういうことなんだ?これは!!」
相手がロボットであるとわかっていても言わずにはいられなかった。
「優勢保護法に応じた処置となります。」
とロボットが応じた。
「マムがあなたを遺伝情報管理に重大な悪影響を与え兼ねない人物と特定した為、規則に従い外来者への例外的適用が施行されました。」
「で、その処置っていうのが俺を女にするってことか?」
「先ずはあなたの精巣を回収しました。その後、交配可能な肉体への変更を行いました。」
「交配…って、妊娠可能ってことか?」
「その通りです。」
「お、俺は男だ!!何で俺が妊娠しなくちゃならないんだ?」
「この惑星に男性は要りません。子孫を遺す為には一人でも多くの女性が求められています。」
「だからって、女にするか?」
「あなたの性格では、管理外の交配…当方で管理していない精子による受胎…の可能性が認められたのです。あなたに出産まで要求しているわけではありません。」
「元に戻せるのか?俺は一刻も早く艇を修復し、ここを出てゆく積もりだ。その時には…」
「精巣はお返しします。しかしその肉体はそのままです。お嫌ですか?この惑星での最も理想的な容姿に仕上げていますが。」

確かに鏡に映った「女」は、即にでもベッドに押し倒したくなる美人だった。
それが俺自身であるということがなかなか理解できない。

「処置が済みましたね♪」
「はい。マム。」
入ってきたのはあの女性事務官だった。
彼女はロボットを無視するかのように俺に近づいてきた。
「立てる?」
それは問題ないようだ。が、俺は今全裸だったことを思い出した。
「気にしなくて良いわよ。施術中にも何度か貴女の裸を見ているし、何よりここにはオトコが居ませんからね♪」
隣の部屋には俺の為の衣服が用意されていた。
スカートを始めとする女物の服だった。
躊躇う俺に、彼女がてきぱきと着せていった。
鏡の前の椅子に座らされる。
長く伸びた髪を整えられた。
化粧が施され、アクセサリーが付けられる。
鏡の中の女性はより一層美しくなっていた。
「慣れないとは思うけど、頑張って歩いてね。」
スタイルは良いのだが、肉体のバランスが取りづらい。
更に、踵の高い靴では最初の一歩が踏み出せなかった。

「どお?押し倒したい女性はいました?」
今、俺の回りは年頃の女性ばかりだった。
以前の俺であれば手当たり次第に声を掛けていたであろう。
「みんな好いのだけれど…」
そう、鏡の中に俺が一番押し倒したい「女」がいるのだ。
「誰でも良ければ、あたしとシません?」
俺はそのままホテルに連れ込まれた。

主導権は彼女にあった。
服を脱がされ、ベッドに押し倒された。
「可愛い♪」
とキスしてきた。
いつもと立場が逆転している。
「ん…ぁあん♪」
と喘いだのは俺の方だった。
彼女の指をが俺の股間を撫で上げる。
そこには硬く勃起すべきペニスは無く、熱く熟れた蜜壺があった。
ゆっくりと彼女の指が中に入ってくる。
「ああ、ああ、ああ~!!」
これまで経験したことのない強烈な快感に叫ばざるを得なかった。
俺は彼女の指に佳いように翻弄され、幾度となく快感の頂に放り上げられた。
何も考えられなかった。
頭の中が真っ白に染められてゆくのを、ただ見ているしかなかった…

俺の宇宙艇はロボット達の手で、順調に修復されていった。
燃料も合成が終り、あと数日で飛び立つことができるようになる。
宇宙艇の修復を毎日のように見に来ていた男の子がいた。
俺の冒険譚を聞かせてやると、尊敬の眼で俺を見つめてきた。
しかし、ここ数日見掛けなかったと思っていたら、今日はそこに白いワンピースを着た女の子が立っていた。
「ごめんなさい。ボク、オトナになってしまったの。せっかく、宇宙に連れていってくれるって言ってくれたのに…」
彼女はあの男の子だった。
「オトナはこの惑星で、子供を産み育てなくてはならないからね。」
俺が女にされたのと同じように、男の子を女にしたのだろう。
俺の場合と違うのは、年齢相応の体型…まだ胸の脹らみは目立たず、幼さを残した面立ち…まだ男の子だった時の面影が残っていた。
「まだ飛べないけど、操縦席に座ってみるかい?」
「良いの?」
「ああ、大丈夫だ。」
俺は彼女を宇宙艇の中に連れ込んだ。
「これが操縦席だよ♪」
と座らせ、シートベルトを填めてゆく。
スカートが捲れ、太腿が露になる。
それはもう、男の子の脚ではなかった。
「リクライニングさせるよ。」
背もたれを倒し、彼女を寝かせる。
「んあっ…」
艶かしい声が漏れた。
俺の手がシートベルトの脇から彼女の胸に差し込まれていた。
「騒がないから…優しくして♪」
シートベルトが外れた。
彼女は俺の手を胸から股間に導いていった。
「お姉さんの手で、ボクを高く翔ばして♪」
俺の指は彼女の熱く濡れたナカに沈み込んでいった。

約束通り、俺の精巣は戻ってきた。
透明なカプセルの中で二つの肉塊がぷかぷかと浮かんでいる。
当然の如く、俺の肉体は「女」のままである。
元男の子への性戯が発覚し、艇の修復にスパートがかかった。
そして、修復の完了とともに、文字通り俺はこの惑星を追い出された。
「二度と来ないで頂戴っ!!」
と、自動制御が組み込まれていたようで、俺が操縦席に座るよりも早く、艇は宇宙空間に飛び出し、亜空間に潜り込んでいた。
「マジかよ?」
御丁寧にも、自動制御の中で惑星の存在に関する情報がすべて消去されていた。
惑星の座標・探索結果から航行記録まで、徹底して消されていた。
そして自動制御機能自体も痕跡も残さず消えてしまった。
残っていたのは俺の記録だけであったが、それさえも…

あたしは操縦席の上で目が覚めた。
リクライニングさせた背もたれを元に戻して異常がないかモニタを確認した。
(?)
コンソールの上に小さなカプセルが置かれていた。
「いけない、いけない♪捨てるの忘れてたわ。」
と、あたしはカプセルを焼却器に放り込んだ。
(?)
なにか重大な過ちを犯した感じがしたが、それも一瞬のこと。
あたしは即にいつもの「あたし」に戻っていた♪

不死身の肉体(カラダ)

茜色に染まった空の下、行くあてもなく彷徨っていた。

不老不死の肉体を手に入れた俺は、寝る必要もない。
疲れることを知らない肉体は、昼夜を問わず動き回ることができる。
勿論、食事を採ることも水分を補給することもない。
更に言えば、服など着ていなくとも、寒さに凍えたり、風邪をひいたりすることもない。
薮の中を歩いても草葉に皮膚を切られることもないし、毒虫に刺されても身体に毒が廻ることもない。

無敵の肉体を手に入れたが、そのことに俺は大きな代償を支払っていた。

そう…今の俺の姿…どう見える?
この姿が俺本来の姿とは天地程もかけ離れていると信じてもらえるだろうか?
俺が自分のことを言う一人称が「俺」であることに大きな違和感を感じていることだと思う。

俺のこの不老不死の肉体は、自らの肉体と交換することで手に入れたものなのだ。
そして「俺」本来の肉体は、この肉体の元の所有者の魂とともに、この手で消滅させた。
だから、元の肉体に戻ることはできないのだ。
則ち、この肉体を…「女」の肉体を受け入れるしかない…

しかし、この肉体はただの「女」ではない。
魔王がその趣向を凝らして造り上げた極上品である。
更に、濃厚なフェロモンを撒き散らすので、一ヵ所に留まっていると瞬く間に飢えた男達に襲われてしまう。
本来の俺であれば簡単に蹴散らせる雑魚どもであっても、今の細腕では奴らから逃れることなど…

これまで、幾度となく襲われ、組み敷かれ、奴らの肉棒を突っ込まれたことか。
そして、この肉体は嬉々としてそれを迎え入れ、俺に途方もない快感を押し付けてくるのだ。
女体の美味を堪能し、男達が虚脱した隙を点いてでしか俺は男達から逃れることができなかった。

本来のこの肉体の持ち主であれば、魔力を自在に扱えるのでこんな苦労などしなかったであろう。
魔力のない俺は群がる野郎どもにフェロモンを辿られないよう、人気のない荒野をこうやって彷徨っているのだ。
それでも、この肉体に備わった宿命なのだろうか、数日でも放っておくと下腹部の奥からジリジリとした疼きが広がってくる。
俺の意思を無視するかのように、「男」を欲するようになる。
無意識の内に男達のいる街に向かおうとする肉体を抑え、俺は洞穴の奥に身を潜める。
フェロモンが拡散しないことを確認して、俺は服を脱ぐ。
艶かしい女体が現れる。
俺は「女」を床の上に転がすと、荷物の奥から取り出した滑らかな棒を彼女の股間に突っ込んでやった。
「あ、あ~~~ん♪」
女が歓喜の淫声をあげる。

それが俺自身が発したものであると落ち込むより先に、俺は女の快感に我を忘れていた。

妻の愛人

公認はしていないが、妻には愛人がいる。
とは言っても相手は男ではなく、女性である。

妻には元々レズの嗜好があったようで、俺との関係に飽きると街にでては女の子を口説いていた。
当初は男の愛人ができたか?と不審に思い、尾行を繰り返していたが、相手が女の子だとわかり、幾分か気が楽になった。
が、俺の尾行はその後も続いた。
相手がどんな女の子かと気になったのもあるが…
俺自身、尾行の際の変装に嵌まってしまったのだ♪

妻が向かったのは、女の子ばかりが集まる場所である。
目立たないようにするには変装=女装をするしかなかった。
最初は妻の服を失敬していたが、これでは妻に気付かれると、自ら女物の服を買うようになった。
下着、化粧品、アクセサリーも自前で揃えた。
そうなると服に合わせた化粧を覚え、化粧した自分に似合う服を買うようになる。
パッと見には女装した男だとは気付かれないようになった。
そんなある日…

「貴女、お暇かしら?」
と声が掛かった。
俺が一瞬見失った妻が、俺の背後から回り込んできたのだった。
妻は目の前の女の子が夫の変装だとは気付かずに、言葉巧に…俺をホテルに連れ込んでいた♪
「あ…あのさ…  俺だ…」
と正体を明かした。
「あなただったの?でも可愛いわ。あたし好みよ♪」
とそのまま俺をベッドに押し倒した。
「ねぇ、このままシましょう♪」
と俺は彼女のレズ行為の餌食となった。
「んあん、あああん♪」
俺は初めて経験する受身の性行為に、女の子のように喘いでいた。

それ以降、妻の相手は変装した俺に決まってしまった。
つまり、妻の愛人は俺自身なのだ。
が、妻のレズ相手には違いない。
俺は女の子として今夜も妻に抱かれていた♪

無題

「んあん、ああん♪」
俺は女の淫声を上げずにはいられなかった。

新型VRマシンのテストということで、親友の研究室にやってきたのだが…
そこにあったのは、いつものゴーグルとグローブではなく、取り巻くケーブルが蚕の繭を思わせるような寝袋状のものだった。
「今回のは全身の感覚をフィードバックすることに重点を置いてるんだ♪」
と自慢げな親友に一抹の不安をおぼえた。
「今回のはゴーグルも不用なんだ。視神経に映像信号を直接送り込むんだ。ただ、運動機能は…この中で暴れられても困るので、制限させてもらうよ♪」
「制限?」
「歩きまわったりができないってことさ。首を回したり指を動かしたりはできる筈だ。」

そんな説明を受け、全身に感覚の感度を上げる液体をくまなく塗って、裸のまま寝袋の中に潜り込んだ。
ゴーグルではなく目隠しのアイマスクが装着される。
暗闇の中に彼の声だけが明瞭に届いてくる。
「これからマシンを起動する。感覚が馴れるまでは無理に動かず、傍観していると良い。」
その直後、俺は光りに包まれていた。

勿論、真夏の太陽でも手術台の無影灯でもない。
ごく普通の…というよりは多少暗めの間接照明に照らされた天井だった。
「無理に動かなくて良い。」
彼の声がベッドの脇から聞こえた。
「これから鏡を見せる。」
と、ベッドの上に姿見がスライドしてきた。
「これが今回のアバターだ。」
姿見に映った全裸の女性が、俺自身であることに気付くまで数秒の時間を要した。
「これが…俺か?」
と発した言葉が自分の耳に届いた。
その声はいつもの自分の声ではなかった。
「落ち着いて。感覚を馴らしてゆくんだ。体型の違いを意識するように…」
目の前の女が鏡に映った自分自身であることを理解してゆく。
意識して顔の筋肉を動かしてみた。
鏡の中の女の表情が変わってゆく。

指先にまで意識を伸ばした。
ひくひくと指が動く。
「運動機能を制限しているから、大きな動きはできないからね。」
その言葉に、俺は指でOKのサインを送った。
「凄いな♪もうそこまで動かせるのか?じゃあ次の段階に進もう。」
と鏡が外された。
「君はその肉体が女性であることは確認したね。何故アバターを異性にしたか?答はコレだ。」
彼の手が俺の胸を掴んだ。
指先が肉に食い込んでいる?
「そう。男女の肉体的差異は通常では経験できない感覚の違いがある。これを正しく再現できれば、このマシンは完成したと言って良い♪」
彼の指が俺の乳房を揉み上げてゆく。
乳房の先端がピリピリと痺れる感じがした。
「ほら!!乳首が勃ってきた♪」
「んぁっ…」
乳首を摘ままれるとその刺激が全身に響き渡り、俺は女のように喘ぎ声を漏らしていた。
それが「快感」であることを、暫くしてから認識した。
「男の意識には刺激が強すぎたかな?もう濡れ始めているじゃないか♪」
むず痒く感じていた股間に彼の指が触れた。
「ほら、これが君の愛液だよ♪」
指に絡み付けた液状のものを俺の唇に押し当てた。
それは俺の口の中で唾液と混ざりあった。
「うん♪佳い顔になっている。じゃあ、一気にイこうか♪」
とベッドの足元の方に上がる。
軽々と両脚を抱えられ、M字に開かされた。
俺の股間に彼の先端が触れたかと思うと、一気にナカに挿ってきた。
「ああん♪」
痛みはなかった。
挿入の際に擦れたところから、ビリビリとした快感のようなものが拡がってゆく。
俺は女のように喘ぎ、その快感を貪るように腰を振っていた。
「始めてにしては艶っぽい反応をするね♪じゃあ、これはどうかな?」
と繋がったまま、俺を反転させる。
四つ這いになり、背後から責められた。
ペニスは更に奥まで届き、先端が壁に当たった。
「この先が子宮だね。僕の精子で妊娠しちゃうかも♪」
彼の言葉に俺の腟が彼を締め上げた。
子宮口がひくひくと彼を誘っている。
(早く頂戴!!濃~いのをイッパイ♪)
俺の内に彼を欲する「女」がいた。
「んあん、ああん♪」
俺は女の淫声を上げ続けている。
「それ、孕んじゃえ!!」
腟の中でペニスが脹らみ、熱い塊が俺の内に打ち突けられた。
頭の中が真っ白に染め上げられる。
「ああああ~~っ!!」
張り裂けるような嬌声を薄れゆく意識の中で聞いていた…

「どうだった?」
彼の声がした。
どうやら俺はマシンから取り出され、ベッドに寝かされているようだ。
左手を彼に握られていた。
何故か心が癒される。
「何とも表現できないね。けど、病み付きになってしまいそうだよ。」
「嫌悪感はないんだ。なら続けられるね♪」
そう言われ、俺はまだVRの中にいることがわかった。
そう、女のアバターのまま全裸でベッドの上にいる。
股間に意識を向けると、腟口から彼の精液の残滓が零れ落ちていた。
「じゃあ、次にいこう。君ももっと快感が欲しいだろ?何をしたら良いかわかるね♪」
俺の目の前にはさっきまで俺を貫いていたペニスがダラリと萎えてそこにあった。
(あの快感をもう一度感じることができるの?)
そう思うと俺は顔を、口をソレに近付けていっていた…

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

無料ブログはココログ