« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月 2日 (水)

彼女プログラム

引きこもりの僕に「彼女」なんてできる訳ない!!
皆は一様にそう言って僕のことを嘲笑う。
だが、本当にできないと言い切って良いのだろうか?

僕はネットで様々な情報を仕入れてきている。
その中には「誘導催眠」などというものがあった。
これを女の子に聞かせ、僕の彼女になるように誘導してゆくのだ♪
僕はきっかけとなる催眠音声をUツベにアップした。
まずは僕にコンタクトしてくるように誘導したのだ。

が、コンタクトしてきたのは野郎ばかりだった。
せっかく直接会いたくなるように誘導するやつが出来たのだ。
寄道はしない。
野郎からのコンタクトは全て無視していった。
そんな中…

「私、あなたの素敵な声に惹かれました♪」
とのレスを見つけた。
発信元は「早乙女緑」とあった。
ハンドル名ではなく、本名を名のるなど、ウブな少女であろう♪
早速、第二弾の催眠音声を送ると、是非とも直接会ってみたいとレスがきた。

「早乙女み…緑…ちゃん?」
「ちゃん、て俺のこと女の子だと思ってた?」
待ち合わせの場所にいたのは、どこから見ても「男」以外の何者でもなかった。
「私とか書いてあったから…」
「喋り言葉と違うのは良くあることだし、一応年上かも知れなかったからね♪」
確かに彼の言う通りだ。
彼の名前と書かれていた一人称から僕が勝手に勘違いしただけなのだ。
「今日は新作を聞かせてくれるんでしょう?」
と言われ、焦ってしまう。
これは緑ちゃんを僕の「彼女」に誘導するものなのだ…

気が付くと、いつの間にか彼は音源をセットして、ヘッドホンから流れる催眠音声に浸かっていた。
目が虚ろになっている。
僕の誘導催眠に掛かりやすいのは解っていたが、このままでは彼が僕の「彼女」になってしまう。
しかし、僕は何にもできないでいた…

「やっぱり凄いわね。あなたの作品を聞いた後って何故だかわからないけど気持ち良いの♪」
や、ヤバいよ!!
彼の口調が女の子っぽくなってる。
「だからあたし、あなたのこと大好き♪」
と女の子がするように、僕の腕に絡み付いてきた。

「じゃあまたね♪」
夜になり別れるまで、結局「彼女」とデートするように過ごしてしまった。
そして…
「今日は変な格好でごめんね。次はちゃんとおめかししてくるから♪」
とメールが届いてきた。
次があるってこと?
それよりも「おめかし」って何だ?!
彼がスカートを穿いて、お化粧してくるってことか?
(どうする?)
僕は一人の男の人生を台無しにしてしまおうとしているんじゃないか?
彼が本当は女の子だった…
なんて落ちは期待できる筈もない。

もし、彼が女の子だったら…
妄想が広がってゆく。
もう少し髪が伸びてくれば、化粧映えするだろう♪
スカート…花柄のワンピースなんか似合うんじゃないか?
赤い布をウエストに巻いて、後ろで蝶結び。
同じ色のリボンを頭に結ぶ。
スカートの丈は太腿まで見えるミニ丈。
健康的な白い素足に踵の高いサンダル…足首の紐がアクセント♪
指先には赤いマニキュアが眩しく輝いている。
もう少し胸にボリュームがあったら良いんだけど。
と、小さい胸に悩んでたら、誘導催眠で楽にしてあげられるのに♪
僕は彼女の為に新しい催眠音声を作ってあげた。

「ホテルに行っても良いよ♪」
花柄のワンピースを着た彼女がデート中にそう言ってきた。
誘導催眠の効果で彼女のワンピースの胸は大きく膨らんでいるが、彼女の正体は「男」なのだ。
僕とデートしている間は僕の「彼女」だから、自分のことは女の子である、と疑うこともない。
僕は自分のことをホモだと思っていないが…

ホテルの部屋に入った途端に、彼女は服を脱ぎ捨てていた。
僕の前に瑞瑞しい裸体が晒された。
そこにあるのは、どこから見ても女の肉体だった。
豊かな胸の膨らみ。
艶かしい腰の括れ。
股間の翳りの下には肉棒の存在を確認できなかった。

「さぁ、あなたも♪」
と、僕の服も脱がされてゆく。
しかし、相手の正体を男だと知っているので、僕の股間は何の反応も見せなかった。
「じゃあ、こうしようか♪」
と、彼女が僕をベッドに押し倒した。
彼女が僕の耳元で何かを囁きながら、掌を股間に圧し当てる。
彼女がぐりぐりと掌を動かすと、萎えたペニスが胎の内に納まってゆく。
その跡を追うように、彼女の指が侵入してくる。
真新しい肉壁が刺激されると、そこからはじわじわと体液が滲み出てくる。
それは僕の股間を濡らし、クチュクチュと卑猥な音をたて始める。
「んあ、ぁん♪」
込み上げてくる快感に、思わず吐息を洩らす。
その声がオンナの喘ぎ声そのものであるとわかった。

そう、ようやく僕は気付いた。
彼女が囁いていたのは僕が彼女に送った催眠音声そのものであったと…

僕自身の作り上げた、男の緑を僕の「彼女」に…女の子に変えた催眠音声で、今度は僕が女の子に変えられてしまったのだ。
しかし、僕には彼女の行為を中断させることはできなかった。
彼女から与えられる快感に押し流され、なにも考えられなくなっていたのだ。

「あたしがあなたの彼女であることには変わりはないのよ。でも、これからは貴女もあたしの彼女になるの♪」
彼女はバックの中から取り出したモノを自らの腰に装着した。
「じゃあ、コレで貴女の処女をいただくわね♪」
彼女の股間にそそり勃つグロテスクなペニスの模造品が、僕の…あたしの股間を貫いていった!!

色違いの花柄のワンピースを着て街を闊歩する。
彼女はあたしの「彼女」
あたしは彼女の「彼女」
こんな幸せなこと、無いよね♪

NTR…

「寝取られた?」
よもや、そんな単語が俺の頭に浮かぶとは思いも寄らなかった。
ドアの向こうから妻の喘ぎ声が届いてくる。
開いた隙間から覗き込むと、ベッドの上で妻が全裸の男に組み敷かれていた。

俺はその場を動くこともできず、部屋の中を覗き続けていた。
妻のあんな嬉しそうな艶声を聞くのは何年ぶりだろうか?
その艶声に俺の股間が激しく反応していた。
(アウッ…)
俺の口からも艶声が漏れそうになる。

投与された薬の成為かまだ脚を動かせない。
満足に身動きもできないのだが、全裸に剥かれた俺の股間に無意識のうちに手が伸びていった。
指先が股間に触れる。
そこには憤り勃つ肉棒はなく、深く刻まれた割れ目は奥から滲み出た体液が俺の指を濡らす。

そう、今の俺は女の肉体の中にあった。

「生命保険の見直しをしませんか?」
と上がり込んできた女は、正確な現在の契約内容を持っていたので、俺達夫婦はあっという間に彼女を信用してしまっていた。
言葉巧みに誘導され、机の上に並べられたドリンク剤を飲むことに…
「…あ、あなた…暑くない?」
と妻の瞳がトロンとしていた。
そして、来客中にも関わらずに服を脱いでゆく。
(催淫剤?)
俺の股間もいつになく激しく勃起していた。
「そろそろ良いようね♪」
彼女は別の薬を取り出し、自ら服用した。
彼女が崩れるように机にうつ伏す。
「そうね♪貴女も脱いじゃいましょうか?」
と妻がゆっくりと立ち上がる。
俺は不意に目眩に襲われ…

「綺麗なおっぱいね♪」
妻の声がし、俺の胸が掴まれた。
(?!)
覚醒した俺は自分が椅子に座っているのに気付いた。
そこは、彼女が座っていた場所…
妻に掴まれた俺の胸は、大きく膨らんでいた。
「下も脱がせてあげようか♪」
男の声がして、俺は持ち上げられ、床に降ろされた。

身体が自由に動かせなかった。
俺が彼女の肉体の中にいることは理解したかが…
「俺」に手伝われながら、妻が俺の下半身を剥いてゆく。
スカートが外され、パンストとショーツが剥ぎ取られた。
「彼女の事はこれで良いから、俺達はベッドに行こうか♪」
と全裸になった「俺」が妻を抱いて寝室に向かった。

程なくして寝室からベッドの軋む音と妻の艶声が届いてきた。
俺はなんとか這いずって寝室の前まできた。
ご丁寧に、少しだけドアが開かれていた。
「俺」が妻を組み敷いている。
普通であれば何の問題も脱がせてない光景である。
が「俺」は俺自身ではないのだ。
更に妻は俺の時以上に激しく燃えていた。
(何で?)
と疑問に思うより先に「俺」の腰の動きから目が離せなかった。
単純な挿抜ではなく、複雑な捻りを折り込んでいた。
(あの動きで俺自身が攻められたらどうなってしまうだろか?)
既に俺は股間に突っ込んだ俺自身の指から『快感』を感じていたのだ。

「あん、あん、ああ~ん!!」
嬌声をあげ、妻が果てたようだ。
「俺」が妻から離れ、こちらに向かってきた。
ドアが大きく開かれる…
「あんた、なかなか佳いモノを持ってるじゃないか♪」
と、股間の逸物を俺に見せ付ける。
ズンッ!!と俺の下腹部に響いてくるものがあった。
俺の腹の中で、膣が子宮が…疼いていた。
「あんたもコレが欲しくなったかい?」
俺の意識は目の前の肉棒に集中していた。
「欲しかったらおねだりしな♪但し、その声と容姿に相応しくな♪」
つまり、俺が女のように奴にねだるということだ。
「だ、誰が…それより、今即ぐ俺の身体を返せっ!!」
しかし、凄んでも女の弱々しい声では何にもならない。
「奥さんはあんなにも気持ち悦さそうにヨがってたぜ。今ならあんたも♪」
「ば…馬鹿言うな!!」
「じゃあ何だ、そのグチョグチョに濡れた股間に挟んでる手は?」
そう言われて慌てて指を抜いた。
「んあっ…」
指先が敏感なところに触れ、思わず声が漏れた。
奴が笑いながら見下ろしている。
「まあ、お願いされなくても犯っちゃうつもりだったがね♪」
と、奴は俺を床の上に組み敷いた。
「あん、あああんっ!!」
奴のペニスが股間に突っ込まれると、雪崩れのように押し寄せる快感に意識が飛ばされ、俺は妻と同じように淫ら声を上げていた。

「そこに転がってアヘ顔を晒してる女があんたの旦那に間違いない。俺はこの身体を頂いてゆく。」
ぼんやりとした意識の中で、俺は男の声を聞いていた。
「あ…あなたなのね?」
しばらくして妻が俺のところにやってきた。
俺が俺であることは理解してくれた。
「まずはお風呂で汚れを落としましょう。」
二人で一緒に湯船に浸かるのも久しぶりだった。
が、以前は妻を抱くようにして入ったが、今回は俺が抱かれている。
「まだ女の身体に慣れてないからね♪」
と妻が優しく俺の秘所を扱ってくれた。

妻の下着と彼女の予備の寝間着を着せられた。
「これからは女同士で楽しくやりましょ♪」
手早くシーツを取り替えたベッドに誘われる。
一緒に寝るのも問題はないが…
「俺は男だ。男に戻るんだ!!」
自分自身に言い聞かせるためにもそう言った。
「どうやって戻るの?良いじゃない、このままでも♪」
確かに戻る術はない。
だからといって…
「女の気持ちよさは経験したでしょ?それはいつでも味わえるのよ♪」

「どういうこと?」
そう言う俺の目の前に、彼女が取り出したモノがあった。
「いつでもコレで昇天させてあげるわよ♪」
それは、レズビアンの使う双頭のディルドゥだった。
(何故こんなものがここにあるのか?)
問い質すより先に、妻の指が俺の性感帯を撫であげていた。
「ん…あああんっ♪」
俺は何の対応も出来ぬまま、快感に艶声を上げていた…

兄貴

兄貴を「女」にしたのは、別に深い意味がある訳ではない。
単に、手近に性処理の道具を置いておきたかっただけだったのかも知れない。
今でも兄貴は机の下で俺のぺニスに貪り付いている。
フェラチオも大分上手くなったし、自ら進んで俺の精液を呑むようにもなった。

兄貴はただの「道具」だ。
勿論、服など着せる必要もない。
俺の気が向いた時にセクシーなランジェリーを着せてやるくらいだ。
男には存在しない、大きな胸の膨らみが更に強調される。
最初の頃は恥ずかしがっていたが、今では二の腕で挟んで俺を誘うようにシナを作る。

そう♪兄貴は既に「女の快感」を知ってしまった。
その快感を得る為に必死になって俺を誘うのだ。
兄貴の股間はもう、愛液でグチョグチョに違いない♪
「どうしたい?」と聞くと
「あたしのお○んこに、ご主人様のお珍宝を挿して頂き、ぐちゃぐちゃに掻き回して頂けないでしょうか?」とねだってくる。
そのあまりの淫ら可愛さに、俺はついつい応えてやってしまう♪

俺は努めて意識していないと、コレが「兄貴」であったことを忘れてしまう。
元々は同性であるが、この状況は「近親相姦」には違いない。
元が男だから、妊娠するようなことはない筈だが…
俺は兄貴を「女」に変えた呪いが書かれた魔法書を読み返した。

「それが件の呪いね?」
いつの間にか俺の背後に立った兄貴が、女の声でそう言った。
(!!)
その迂闊さに俺は慌てた。
呪いを掛けた相手にその呪いを知られてはならないのだ。
最悪、掛けた呪いが何倍にも増幅されて自分に帰ってくる…呪詛返しと云われるものだ。
「あ…兄貴?」
振り向くと、そこに兄貴のニタリ顔があった。
「あたしはこの時を待っていたのよ♪」
俺の手の中から魔法書が奪われた…

「ん…んあ、ああ~ん!!」
俺の口から漏れるのは、甘いオンナの淫声だった。
否、今の俺はオンナと言うには幼すぎる少女の姿に変えられていた。
兄貴…お姉ちゃんは俺…あたしを淫らな女の子に変えると魔法書を燃やしてしまった。
「これであたし達は仲良し姉妹と言うことで因果が固定されるわ。あたし達の記憶も塗り替えられてゆくわ。」
「嫌っ!!ダメ!!」
あたしが拒絶しようとしても
「何がダメなの?」と聞かれ、
「それは…」と言い掛けて、後が続かない?
何がダメだったんだっけ?
あたしは以前からお姉ちゃんに愛されていたのよね?
今もこうやってあたしのオンナノコをクチュクチュして、快感に満たしてくれている♪
あたしはお姉ちゃんのことが大好きで、この気持ちは絶対に変わることはないのよ!!
「そうよ♪貴女はあたしの可愛い妹♪今までも、これからもずっと…♪」
あたしは再びお姉ちゃんの指でイかされた♪
「あん、ああん♪お姉ちゃん大好き!!」

神剣の担い手

「そりゃー!!」
掛け声とともに神剣を凪ぎ払うと、襲い掛かってきた魔物達は掻き消すように居なくなった。
まだ階層は浅いが、現れた魔物はもう2~3階層は下で待ち構えている奴らだった。
(やはり、狙いは俺か?)

今の俺は、本来の「俺」ではなかった。
神剣を振るう為に、神職者の肉体を借りているのだ。
白い衣に緋袴、腰迄届く長髪を束ねた姿は日本神道の巫女さんのよう…
実際、この肉体は女性体であることに間違いはないのだ。
そして巫女の振るう神剣のみが魔物達を消し去り、最下層に棲まう魔王に打ち勝つことができるのだ。

俺は神剣と巫女の肉体を手に入れると、即にも魔窟へと乗り込んでいった。
俺が神剣を手にしていることは、程なく魔王の耳にも入ったであろう。
一気に魔物のクラスが上がり、今に至っている。
「さあ、次は何が出てくる?」
勿論、応えが返るとは思っていない。
ただ、自分の口から発せられるのが、甲高い女の声であることに少しでも慣れておきたかったのだ。
「来ないのなら、こっちから行くわよ!!」
女の声に慣れてくると、自然と口調も女っぽくなるようだ。

下層へと続く縦穴の縁に立った。
この中に飛び込めば、一気に数階層をやり過ごすことができる。
しかし、それが幾階層になるかは知りようもない。
更に、その下に何が待ち受けているのかも…

(大丈夫♪)
あたしには呪術が使える。
次の瞬間、あたしは縦穴に身を投じていた。
あたしの口は淀みなく飛翔の呪文を唱えてゆく。
みるみる降下速度が落ち、羽が舞い落ちるように床の上に降り立った。
(床?)
縦穴の底に到達したが、そこは柔らかく、ネバつく蜘蛛の巣が積み重なったようだ。
更に、前後左右から蜘蛛の糸のようなものが吹き付けられてきた。
身動きが取れなくなる。
神剣を振るうこともてできない…

「さてと。」
と魔王は腰を上げた。
「また罠に活きの良いのが掛かったようだ♪『勇者ホイホイ』とは佳くいったものだな。」
と蜘蛛の糸に拘束された巫女装束の娘を引き寄せた。
物騒な神剣は刀身に触れないよう慎重に剥ぎ取り投げ捨てた。
滴り落ちる魔王の唾液が少しずつ糸を溶かしてゆく。
娘は暴れ始めたが、神剣さえなければ、魔王の障害にはならない。
「元が『男』というのが少し興醒めするが、女にまでなって私に挑もうっていう奴は勿論、童貞なのだろう?」
魔王の言葉に娘の動きが止まる。
「それではピチピチの処女を美味しく頂きますかな♪」
魔王は緋袴を剥ぎ取り、剥き出しになった娘の脚を押さえ込むと、その股間を舐め上げた…

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

無料ブログはココログ