« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月29日 (土)

無題

世の中には、どうにもならないことが道端の石ころのように転がっている。

加藤武はただでさえ、女の子達にキャアキャア言われるイケメンである。
下半身も充分に鍛えられていて、グラスの女子の半分は既に彼に抱かれてると言われている。
つまり、残りの半分以下の女の子を彼以外の男子達が奪い合うのだ。
当然の事ながら、残りの男子達とて条件は均等である筈もない。
加藤には及ばないものの、それなりのルックスを持っている奴。
顔はいまいちだが、スポーツに秀でた能力を持つ奴。
顔も体躯もいまいちだが、頭の良い奴。
などなど…
十羽ひとからげにさえも落ちこぼれる僕などに、女の子と付き合うチャンスなど微塵の欠片さえないのは推して知るべしである。
どうにもならないことではあるとは理解してはいるが、その不満は心の奥底の淀みに、どろどろになって固まっていった。

「その悩み♪快決して進是よう!!」
唐突に僕の前に現れた男は、胡散臭い事この上ない雰囲気をばらまいていた。
「な、何なんですか、あなたは!!」
「わしは通りすがりの仙人じや。ほれ、この棒に念ずれば、即に望みは叶うでな♪」
「仙人?」
と、僕が戸惑っている間に、仙人を名乗る男は僕に棒を渡すなり掻き消すように姿を消していた。

僕の手元に残った棒だけが今の事が現実であったと告げていた。
(本当に願いを叶えてくれるのか?)
半信半疑ではあったが、悪魔との契約と違い、代償は何も求められていない…
ダメ元で願いを掛けてみても良いか♪
では、どうする?

と、真っ先に頭に浮かんだのは、イケメンの加藤の顔だった。
女の子達から見向きもされなくなるようなブサメンにしてやろうかとも思ったが、それではあまりにも勿体ない。
ようは女の子達との関係がナシになれば良いのだ。
じゃあ、どうすれば彼がイケメンのままで女の子達から見向きもされなくなる?
(!!)
要は、彼女達とは対極の者との関係を深めてやれば良い♪
それは天からの啓示だった。

では、その「対極」とは?
と自問する前から答えは見えていた。
それは「僕」だ。
彼の嗜好の対象を僕にすり替えてしまえば良いのだ♪
僕だけを見つめる加藤に、女の子達は幻滅するに違いない。

僕はその夜、棒を握りしめて加藤が僕を見るように、これまで女の子達に向けていた意識を全て僕だけに向けるように、他の女の子じゃなく僕が彼の一番になる!!
そう願いながら眠りに就いた…

「おはよう。マイハニー♪」
彼の声に起こされた。
(何で彼がここにいるの?)
その疑問に答えを見つけようとして辺りを見渡し、ここが自分の部屋ではないことに気付いた。
噂には聞いていたが、彼が女の子を抱く時は決まって彼自身の部屋に誘うらしい。
今は対極である「僕」がその女の子達の立場に取って代わったのだ。
…だから…
夕べは僕が彼女達に代わってこの部屋で彼に抱かれたというのか?
慌てて起き上がると、僕は自分が裸であることに気付いた。
(?!)
僕の胸に双つの膨らみがあった。
まさか…
………
……

彼に促されて僕はシャワーを浴びた。
僕は自分の肉体が完全に「女の子」そのものになっているのを確認した。
記憶を辿ると、昨夜は確かに「女の子」として僕は彼を受け入れていた。
あの棒に願ったことで、僕は彼の「一番の女の子」ということになってしまったようだ。

身体を拭き、ショーツを穿いてブラを止める。
着てきたセーラー服を着て、スカーフを結ぶ。
何故かそれらが自然とできてしまう。
鏡を見ながら髪の毛を整えると、そこにはいつものあたしがいた。
「じゃあ行こうか♪」
と武が声を掛けてくる。
ローファーを履くと武の腕に絡み付く♪
ドアの鍵を締めると武が困ったような顔を見せる。
「良いでしょう?武はあたしだけのモノなんだから♪」
そう言うと
「はいはいお姫さま♪」
と笑顔を見せ、チュッと挨拶代わりのキスをしてくれた♪

==========================================
以前「棒の手紙」というものが話題になった。
知っている人もいるかと思うが、
これは字の汚い人が手書きした「不幸」が
いつの間にか「棒」に変化して連鎖していった…

そんなイメージが私の中で「棒」に付きまとっています。(奈落)

無題

近ごろ、嫁さんに愛想がない。
それが自分の成為だと気付くことはほとんどない。
「何でそんなにつんけんしてるんだ?」と聞いたところで、本当の答えが返ることはない。
自ら気付けなければ、そこにある溝は深まる一方であろう。

「よう、大将♪どうしたい、そんな不景気な顔して?」
声を掛けてきたのは、痩せぎすで白髪の老人だった。
「何か困ったことでもあるのかい?」
「あんたには関係ないだろう。」
「まあまあ♪ここで出会ったのも何かの縁じゃ。良かったらこの棒に願いを掛けてみなさい。」
と棒状のものを手渡された。
「あ…あんた、何者なんだ?」
「ただの通りすがりの仙人じゃよ♪」
そう言うと仙人を名乗る老人は掻き消すように消えてしまった。

「何よ、その棒は?無駄遣いできる立場だと思ってるの?」
家に戻ると目敏い嫁さんに、棒が見咎められた。
信じる信じないは別として、仙人を名乗る老人のことを話した。
「無料だから良いけど、そんな怪しいモノとっとと捨てちゃて頂戴!!」
と再びテレビに向かっていた。

しかし、捨てろ言われても素直に応じる気にはなれなかった。
(何か願いを掛けてみるか?)
とその夜、寝る際にしっかりと棒を握りしめた。

(?!)
突然、棒がフニャリと柔らかくなった。
柔らかいだけでなく、微かに温かい。
「ううん…」と呻く声。
(誰の声だ?)
確認するより先に、枕だと思って頭を預けていたものが誰かの肉体…腹の上であることに気付いた。
声は後ろから聞こえた。
だから、視線の先は下半身方向に違いない。
握っていた棒は、片端がその肉体に固定されている。
(?)
即に何かが連想させられた。

棒を握り直すと、ピクリと反応した。
(嫌な予感がする…)
徐々に棒が硬さを増してきた。
手を動かした。
肉体との接合部は剛毛に覆われていた。
先端に向かうと凹凸があり、更にその先が何かで濡れていた…
(間違いない。今握っているのはぺニスだ!!)
穢れものから即に手を離したかったが、手がいうことを聞かない。
更に激しく扱き始める。
「おっ、あっ、ああ♪」
男が快感に呻いている。
(何であたしがこいつのぺニスを扱いてなきゃいけないのよ!!)
???
今、何と言った?
実際に声に出した訳ではないが、自分のことを「あたし」と言っていた?
そう…女みたいに…

女…
そういえば、胸の辺りに違和感があった。
自分の肉体もまた「女」になっていて、これが乳房であるとすれば…
(!!)
意識を下半身に移動させた。
そこにあるべきものが感じられない?
ぬめりと汗(のようなもの)で湿気を帯びている。
これは女の肉体?

「っあ、射る…」と男が呻く。
条件反射のように、ぺニスを咥えていた。
ドクリと幹が震えると、精液が口の中に放たれていた。
(吐き出さねば…)
と意識する以前に、ごくりと呑込んでいた。
「ありがとう♪」と男が言った。
ぺニスから口を離し、声のする方…その時初めて男の顔を見た。

(!!!!!!)
「だ、誰だあんたは?!」
そこにあったのは、自分自身の顔だった。
「誰って、夫の顔も忘れたのか?」と男は言う。
そこから導き出されるのは、女の「あたし」が彼の妻であるということ?
「頭では忘れても、肉体は覚えているだろう?」
むっくりと起き上がった男が「あたし」を仰向けに転がすて、その上にのし掛かってきた。
「ちゃんと濡れているな♪」
指先で「あたし」の秘部を確認すると、再び硬くなった逸物を一気に突っ込んできた。
「あん、ああ~ん♪」
経験したことのない感覚に戸惑っている間に、肉体が勝手に反応して媚声を洩らしてゆく。
肉体が伝えてくる快感に翻弄され、考えることができなくなってゆく。
快感を求める肉体に意識が引っ張られてゆく。
「ああん♪もっとぉ…もっと奥まで、強く、激しくぅ!!」
いつの間にか自ら「男」を求めるようになっていた。
「あっ、ああ。イク。イッちゃう~!!」
頭の中が快感に染め上げられ、絶頂に放り投げられると同時に意識を失っていた…

「気が付いた?」
声を掛けてきたのは妻だった。
胸に触れ、いつもの男の胸であることを確認した。
(何で、そこでがっかりする?)
「あれはあなただったのでしょう?何でそうなったかはわからないけどね♪」
「あれ…って?」
「可愛いかったわよ。あんあん言っちゃって♪」
彼女の言葉で、あれが…妻になって、受け身のセックスに興じていた…現実のものであったと理解した。
そして、あたしを犯したのが妻自身であったことも…
「それはコレの成為?」
彼女はどこからか、あの棒を取り出した。
「…そ、それは…」
「あたしも一度だけじゃ物足りなかったところなの♪貴女も良いでしょ?」
そう言うと、棒を自らの股間に圧し付けた。
みるみるうちに、棒はぺニス変型し、更に彼女の肉体を男のものに変えていった。
と、同時にあたしの肉体が再び女のものに変わってゆく。
「良いわよね♪」
彼女…彼が股間の逸物をあたしの下腹部に擦り付ける。
それはスルリとあたしのナカに挿っていった。
「あ、ああん♪」
再び淫声が漏れる。
「あはっ!!貴女、可愛いわよ♪」
彼に貫かれ、あたさはあっという間に快感の渦に呑込まれていた…

その夜から、旦那様は毎夜のようにあたしを愛してくれるようになった♪
昨日までの自分が何を悩んでいたのかさえ、思い出せなくなっていた。
でも、そんなことは何も気にならない。
だってあたしはこんなにも幸せだもの♪

重なる

「ここは?」
僕が目覚めたのは見知らぬ部屋の中だった。

寝ていたのはベッドの上…
傍らに点滴の支柱とそれにぶら下がった点滴の袋。
そこから伸びた管が僕の方に繋がっているようだ。
現状だけを見ると、僕は今、病院に入院しているのだと思われる。
(でも、何で?)
病気なのか、事故なのか…
しかし、僕自身の肉体に異常は感じられない。

僕は被さっている毛布を剥いで起き上がる…
(?!)
違和感?
そう…二の腕に何かが触れた。
何だ?
いや、腕だけではない。
胸からも不思議な感覚が届いた。
そう…違和感の源は胸にあった。

僕の胸には、女性のような脹らみがあった。
否!!
それは、女性の乳房そのものであった。

(何故、僕の胸に?)
しかし、その疑問は更に確認できた別の疑問の前に意味を成さなくなった。
そう…違和感は胸だけに収まらなかったのだ!!

起き上がろうとして首を動かすと、ハラリと目の前にひと房の髪が垂れてきた。
元々、僕の髪はそんなに長くはない。
それが意識を失っていた間に伸びたものだと納得させるには、薄茶色と化している理由を聞く必要がある。
良く見ると、腕は細く色白で、体毛もほとんど消えていた。
そして、指の先の爪はピンク色に塗りあげられていた。

(これが本当に僕自身なのか?)
疑問を解決するには、まずは鏡だ。
部屋の中を見渡すと、出入口の脇に洗面台があった。
そこにある鏡を覗き込む。
(…)

そこに映っているのは、確かに僕自身であった。
が、認めたくはないが、その姿は「女の子」そのものだった。
(何で?!?!?!)
僕はどのくらい意識を失っていたのだろうか?
そもそも、何で僕の体が女の子になっているのだろう?
聞いたことはないが、女の子になる病院だったとしても、髪を染めたり、爪を塗ったりする必要が、どこにあるんだ?

『それは、あたしが女の子だから♪』
突然、耳もとに声がした。
否。その女の子の声は、直線僕の頭の中に届いてきたのだ!!
勿論、部屋の中には僕しかいない。
「だ、誰なんだ…君は?」
『あたしはあなたよ♪と言っても信じてはもらえないわよね。』
「当然だろう。」
『あたしも良くはわからないけど、ハカセは次元の落とし穴に嵌まったんじゃないかって。』
「お、おい。そのハカセって松戸博士のことか?」
『彼は物知りだものね♪』
「奴は名前が博士(ヒロシ)なだけだ。物知りなのはSFオタクの偏った知識だ。」
『知ってるけど、それしか説明が付かないもの♪』
「…」
『気が付いたら男の子の部屋で、その部屋が自分の部屋には間違い…頼れるのは彼しかいないでしょ?』

僕が目覚めると女の子の部屋にいて…そんな仮定より、この現実…僕が女の子になってしまっていることを説明できるのは、やはり彼の説以外にはいないのだろう…
「で、奴は何と?」
『並行世界のあたしが、あたしが男のこの世界にずれ込んだことで二人の肉体が重なりあってしまったのだろうと。』
「重なった?」
『多分、見た目はあたし、意識はあなたの方が優勢みたい。あなたが意識を失ってる間はあたしの自由になったけどね♪』
「自由って、この髪や爪か?」
『最初は服からね♪あなたの部屋には、あたしが着れる服が何もなかったからね。』
「…」
『一ヶ月ほどして、体に不調が出てきたんでハカセに相談したら、あなたの意識が覚醒し始めたらしいからと、検査のために入院させられたの。』
そしてこの現実だ。他に説明は付けられないのだろう。
多分、重なり合った肉体を分離することは不可能に違いない。

つまり、これから先、僕は女の肉体と頭の中のもう一人の「僕」と付き合い続けなければならないのだろう。
果たして、僕は「女」としてやっていけるのだろうか?
『大丈夫よ。いざとなったらあたしに替わってしまえば問題ないわ♪』
「しかし、それは僕の存在自体を放棄することじゃないか?全てが君という存在に置き換わってしまう。」
『何も問題はないわよ♪』
「君にとってはね。」

だからといって、僕が女の子の服…スカートを穿いて、お化粧をして…
『やはり、女の子なら男の好みも重要よね♪好みが違うと何かと面倒じゃない?』
「好み…ってなんだよ。男の僕が好きになるのは…」
って、女の格好をした僕が男と付き合う?!
デートとか?
『あなたも女の子なんだから、いづれはね?抱かれるならハカセが良いんじゃない?』
想像の中で、僕に並んでいた男の顔が博士の顔になった。
彼の顔が近づき、唇が合わさる。
舌先が侵入し、唾液の絡まる感触が生々しく感じられた。
(僕にはキスの経験はない。ましてや、男に舌を入れられるなど…)
『それはあたしの記憶ね。向こうの世界でも、ハカセとは恋人同士だったから♪』
(でも?)
『そうね。ちゃんと言っておかないとね。…あたしはその肉体でハカセと関係を持ちました!!』
(…)
「関係…って…」
『セックスしたってこと。肉体はあたしのままだから、何の問題もなかったわ♪』

僕の中に、僕になった彼女の記憶が甦る。
博士のて手が横たわった僕の股間に伸びてくる。
僕の股間は既にグチュグチュに濡れていた。
割れ目に指が宛がわれ、ゆっくりと僕のナカに侵入してきた…

「って、本当にやったの?」
『今、記憶を見たでしょ?ちゃんとスキンは付けてもらったから、妊娠の心配はないわ。』
「妊娠?!」
『ちゃんと避妊しておかないとね♪もっともハカセとならできちゃった婚でも良いんじゃない?』
「僕が妊娠する?」
『肉体はちゃんとした女の子だからね。』
「博士と結婚?」
『あたしには異義はないわ♪でも、できれば妊娠する前にね。ウェディングドレスは色々選びたいからね♪』
僕の頭の中にウェディングドレス姿の自分が浮かび上がった。
その隣には博士が…

「な…何なんだよ。このイメージは?!」
『あなたの願望以外の何物でもないでしょう♪』
「僕は男だ。何でウェディングドレスなんか…」
『今のあなたは女の子なんだから、何の問題もないわ♪』
「そ、そういう問題じゃ…」

『まだ、自分が女の子だって理解出来ないのかしら?そうね♪あたしの記憶を辿るだけじゃなくて、自分で経験してみた方が良いかもね♪』
「自分で?」
『そう♪ほら、手を伸ばして内股を滑らせていく…ショーツの上からても判るでしょう?』
僕は彼女の言葉に逆らえなかった。
指先がしっとりと濡れた布地に触れた。
失禁した訳ではない。
博士に抱かれた記憶と共に、愛液が溢れていたのだ。
掌がショーツの内側に入り込む。
指先が割れ目を直に捉えた。
ぬっ…とナカに入ってくる。
愛液が擦れてクチュクチュと卑猥な音をたてている。
「ああん♪」
僕の口から艶かしいオンナの声が零れ出た。
そう…オンナの快感が僕を貫いていったのだ。
『まだまだ♪こんなもんじゃないわよ!!』
もう一方の手で、乳房を揉みあげる。
先端の乳首を弄ると、また別の快感が巻き起こる。
僕は快感に揺さぶられ、何も考えることができなかった。
指先は勝手に動き、更なる快感を引き出してゆく。
僕は声が枯れるほど、喚き喘ぎ続けていた。
幾度も快感の絶頂を向かえ、その度に意識が途絶える。
『もうそろそろかな♪』
「何が?」
『さっき、ハカセを呼んだんだ。そろそろ君も本物が欲しくなったでしょ?』
本物…って、僕が博士に抱かれるってこと?

僕の意識のない間、彼女はこの肉体を自由に使える。
その時に博士に連絡をとったのだろう。
初めてのオンナの快感に何も出来ない僕と違い、彼女が全てのコトを進めてゆく。

カチャリとドアが開いた。
そこに博士がいた。
「ツカサ♪意識が戻ったんだな?」
と僕を見つめる博士…
僕は、自分が全裸で、痴態の真っ最中であったことを思い出した。
「キャッ!!」
と叫び、何か隠すものは…と毛布かシーツを取ろうとしたが間に合わず…
「良かった♪♪」
と僕を抱き締める博士を拒むことはできなかった。

唇が塞がれる。
彼の舌が入ってくる。
記憶を甦らせているのではない。
それは、本物…
体温を…そして彼の激しさを直に感じる♪
「良いよね?」
と聞かれたが、僕が答えるより先に、僕は押し倒されていた。
そう♪答える必要はなかった。
僕は脚を抱えられ、そこに彼がくるのを待っていた。

単なる記憶ではない。
自分の指でもない。
彼自身が僕のナカに入ってきた♪
満たされる幸せに包み込まれた。
今、僕は彼自身を感じている♪
「博士…」
僕が発することができた言葉はそれだけだった。
「愛してるよ♪ツカサ♪」
その一言で、僕は蕩けきってしまった。
「あん♪ああああ~ん!!!!」
もう何も言葉にならなかった。
彼の動きに合わせて僕も腰を振っていた。
僕のナカで硬さが増してくる。
「いくよ。」
と彼。
僕ははただ頷いた。

ドクリ

と彼の中を熱い塊が登って
きた。
そして、僕の奥にある子宮に向けて放たれた。
「…」
声も出なかった。
これまでを遥かに越える快感が爆発した…

「気分はどうだい?」
僕はベッドに寝かされ、傍らに座る博士に掌を握られていた。
「大丈夫…」
と答えたその声が、いつもの「僕」の声と違うのにも気にならなくなっていた。
「ツカサ…なんだな?」
「ああ、僕だよ。」
博士が聞いたのは、僕の中身が並行世界の彼女ではなく、本来の「僕」であるか?だ。
「済まなかった。」と彼。
「何を謝ってるんだ?今の僕は女で…そして、お前を愛している…」
いまだ男としての意識が残っているので、彼に「愛してる」と告げるのには躊躇いはあった。
「大丈夫なのか?」
と聞かれる。
勿論大丈夫ではないが
「問題ないよ♪」
と彼に笑顔を見せていた。

この一ヶ月の間に彼女が色々と揃えてくれていたので、僕が「女の子」として生活するのには何の不自由もなかった。
(既に周囲にも僕が女性であることが知れ渡っていた…)

僕…あたしが「女の子」であることを受け入れた為か、彼女があたしの意識と接触することはなくなっていた。
彼女はあたしの意識がない時に現れて、博士とは話しをすることがあるらしいが、その内容はあたしの知るところにはなかった。

「もうすぐ彼女は消えてしまうようだ。」
突然、博士がそんなことを言った。
「いなくなるというのではなく、ツカサと同化してしまうようだ。」
「同化?」
「既に明らかに お前の意識がない と解っている時以外は、自分を保っているのかわからなくなっているらしい。」

(ねぇ、博士の言ったことは本当なの?)
と彼女に尋ねても答えは返ってこない。
否…既にあたし自身が答えを持っていた。
元々は一人の「あたし」…並行世界で違っていたのは性別だけだった。
だから、あたしが女性であることを受け入れた時点で、その差異はなくなってしまった。
あたしは彼女であり、彼女はあたしだったから…

「問題ないわ。あたしはあたしだから。」
あたしの呟きに
「ツカサ?」
と、不審がるように彼が聞いてきた。
そんな彼の心配を打ち消すように、あたしは彼に抱きつく♪
「あたしじゃダメ?」
「そんな事はないよ。」
「じゃあ…♪」

あたしは再び、彼を誘っていった♪

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

無料ブログはココログ