« 赤と青 | トップページ | 僕の妻と »

2016年10月30日 (日)

…の恋人

娘の恋人

娘に恋人ができたようだ。
今度連れて来るというが、話しを聞いていると何か奇怪しい。
ペアルックで色違いのスカートを買った?

「お前の恋人って、女なのか?」
「そうよ♪それが何か?」
俺は頭の中が混乱した。
(女の恋人?娘はレズビアンになってしまったのか?少女が一時的に陥る病気みたいなものじゃないのか?)
一方で
(TS病に罹かった娘は、女の格好をしていても男性なのだ。異性として女を恋人にしておかしい事はあるのか?)

もし、娘が男を連れてきたら俺はどんな反応をしていただろう?
「あんたホモなの?」
と罵倒し
「オンナを知らないんじゃないの?今から大人のオンナの味を堪能させてあげるわ♪」
と娘の前で押し倒して逆レイプしてたかも…
そんな事を考えていると、TS病で俺の股間にできた女陰が疼きだすのだった♪

 

 

息子の恋人

息子に恋人ができたようだ。
今度連れて来るというが、話しを聞いていると何か奇怪しい。
ペアルックで色違いのスカートを買った?

「お前の恋人って、女なのか?」
「そうよ♪それが何か?」
俺は頭の中が混乱した。
(TS病に罹かった息子は、女の格好をしていても意識は男のままなのだ。異性として女を恋人にしておかしい事はあるのか?)
一方で
(TS病に罹かった息子は、肉体的には女性なのだ。女を恋人なんかにして…息子はレズビアンになってしまったのか?)

もし、息子が男を連れてきたら俺はどんな反応をしていただろう?
「あんたホモなの?」
と罵倒し、イイ男なら…
「息子とはもうヤってるの?今から大人のオンナと比較してみない?」
と息子の前で押し倒して逆レイプしてたかも…
そんな事を考えていると、TS病で俺の股間にできた女陰が疼きだすのだった♪

 

 

父の恋人

父に恋人ができたようだ。
父とは言っても見た目は俺よりも若い。
TS病に年齢遡行症を併発した為だ。
俺の「妹」と言ってもよい風貌をしている。
その父が、今度恋人を連れて来るというのだが、話しを聞いていると何か奇怪しい。
ペアルックで色違いのスカートを買った?

「父さんの恋人って、女の人なのか?」
「そうよ♪それが何か?」
俺は頭の中が混乱した。
(TS病に罹かった父は、女の格好をして女である事を謳歌していた。が、男であった記憶が男を恋人にするのを躊躇っているのか?)
一方で
(女同士の愛は若い女の子が一時的に罹る病気みたいなものだよな?そこまで父の少女化が進行してしまってたのか?)

もし、父が男を連れてきたら俺はどんな反応をしていただろう?
「あんたホモなの?」
と罵倒し、イイ男なら…
「父さんとはもうヤってるの?あたしとどっちがイイオンナか比較してみない?」
と父の前で押し倒して逆レイプしてたかも…
そんな事を考えていると、TS病で俺の股間にできた女陰が疼きだすのだった♪

 

 

母の恋人

母に恋人ができたようだ。
母とは言っても見た目は俺よりも若い。
年齢遡行症を発症した為だ。
俺の「妹」と言ってもよい風貌をしている。

その母が、恋人を連れて来た。
ペアルックよ♪と色違いのスカートを穿いていた。
なかなかラブラブである。
「母さんの恋人って、女の人だったの?」
「そうよ♪問題ないでしょ♪」
他人には奇怪しく聞こえるが、母は年齢遡行症と供にTS病も発症してるので肉体的には男なのだ。
だから、女性を恋人としても何の問題もない。
(父からすれば複雑な所だろうが、他の男と関係を持つ訳ではないので目を瞑るしかないのだろう…)

見た目はレズカップルの母と母の恋人がひとしきり家の中を騒がして出てゆくと、残されたのは父と俺の二人だけだった。
父は、若く可愛くなった母を見て新婚当時を思い出したろうか?
しかし、父はホモではない。「男」となった母とは何もできないのだろう…
父の硬くなった股間を見ると、同情にも似た気持ちが湧いてくる。
「パパ♪あたしじゃダメ?」
俺がシナを造り父に寄り添うと、父は一気に俺を押し倒してきた…

俺の股間では、TS病でできた女陰が疼きを発していた♪

« 赤と青 | トップページ | 僕の妻と »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: …の恋人:

« 赤と青 | トップページ | 僕の妻と »

無料ブログはココログ