« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月27日 (土)

他人の部屋


キラキラとした輝きを見た…

 

 
目が醒める。
見ていた夢の内容がほとんど思い出せなかったが、気にしない事にする。
起き上がり、身支度を整えてゆく。
朝ご飯はカップ一杯の牛乳で済ませる。
時刻を確認し、まだ十分な余裕があるとわかり一息吐いた。

(?)

その一瞬。ボクは何か得体の知れない違和感に触れた。
「何?」
首を振り、周りを見回した。…が、当然の如く、この部屋にはボクしかいない…

(当然…って、ここはボクの部屋じゃナイだろ?)
そこはボクの知る筈のない部屋の中だった。だから、ここには本来の住人がいる筈…どこかに隠れている?
いや、ボクが身支度するのにうろついた範囲では、他に誰かいる気配はなかった。
しかし…と、ボクは立ち上がり、部屋の中にある扉を開いてみた。

そして、トイレにも風呂場にも、クローゼットの中にも隠れていない。
と、目の端に時計が写った。
(ヤバイ!!)
予定の時刻を過ぎてしまっている。
慌てて机の上に置いておいたバッグを引っ掛けて玄関に向かう。
靴を履き、ドアを開けてドアを閉める。バッグから取り出した鍵で施錠する。
腕時計で時間を確認し、少し駆け足で待ち合わせの場所に向かった。

 

「ご、ゴメン♪遅れちゃって。」
「良いよ。気にしてないから♪それより、面白い経験だったでしょ?」
「面白い?」
ボクはまだ頭の中が整理できていなかった。
「どうかした?」
と彼がボクの顔を覗き込む。
(彼?)
ボクはホモではない。が、何故か彼を自分の恋人のように感じている。
「まだ安定していないようね♪」
彼の方はカマっぽい喋りだ。…と言う前に、彼って誰だ?
ボクの記憶は「恋人」という単語に彼の名前が掻き消されかけている。
「まあ良いか♪どっちにしろヤるコトは決まってるんだし♪」
とボクの手を引いて歩きだした。

「ち、ちょと…」
もともとボクは早く歩く方ではないが、彼のスピードに付いていくには早足以上にピッチを上げなければならなかった。
ただでさえ、歩き難い靴を履いているのだ。バランスが乱れる度に彼にしがみつく始末だ。
(何でこんな靴を選んでしまったのだろう?)と自省してみても始まらない。
いつもの歩幅であるけなうのも、この服に合う靴を選んだボクに非があるのだ。

(?)

再び違和感に襲われた。
この服…
この靴…
(これってボクのだったっけ?)
いや、それ以前にコレって「女物」だろう?
何で今まで気付かなかった?
「ちょ、ちょっと待って!!」
ボクはその場に立ち止まった。
「何よ?」と振り返る彼。
その顔は…

「ボク」だった。

彼が「ボク」ならボクは誰だ?
って、決まってるだろう?ボクの彼女だ。
「彼女」なんだから、当然ボクは女の子で、だから女物の服を着ているのだって何の問題もないじゃないか?

「落ち着いた?」
と彼が聞いてきた。
「人格交換て、慣れるまでに時間が掛かる事があるって言われてたものね。まだ気分が悪いなら、しばらくここにいようか?」

 

「人格交換」のキーワードでボクは思い出した。

 

「ねぇ、ちょっと変わったことしてみない?」
彼女に言われ渡されたネックレスを首に掛けて昨夜は寝たのだ。
「このネックレスを着けると人格交換ができるの。明日のデート、立場を替えてみるのも面白くない?」
彼女はそう言っていた。
言われた通りに、寝る前にネックレスを着けたのだ。その時は確かに「ボク」の部屋だった事を覚えている。

そして、目覚めたのは「彼女」の部屋だった。が、人格を交換しただけで、脳内の記憶はそのままなのだ。
だから、無意識の行動は「彼女」自身として滞りなく行われていた。殆ど矛盾を感じずに、ボクは下着を着け、スカートを穿き、お化粧もしていたのだ。

 

ボクは互いの首に着けられたキラキラと輝くネックレスを確認した。
「うん♪もう大丈夫よ。落ち着いたわ。」
「良かった。何か問題があったのか心配しちゃったわ。」
「さあ、人格交換を楽しみましょうか?」
「そうね♪」
「ダメ。ちゃんと成りきらなきゃ。おネエ言葉じゃおかしいわよ♪」
「あっ…」
「それからもう一つ♪もう少しゆっくり歩いてくれない?女の子の歩幅じゃ付いていけないわ♪」
「ごめん♪気付かなかったわ…きづかなかったぜ。」
「無理に語尾を変えてめ不自然なだけよ♪」
「そうみたいだね♪」
ひとしきり二人で笑った後、当初の目的地「ラブホテル」に向かって歩き始めた…

ナリキリ

クローゼットには幾枚もの「皮」が吊るされている。

勿論、毛皮のコートなんかではない。
正真正銘、女の子逹から剥ぎ取った「皮」である。
この「皮」の中に入れば、「俺」がその女の子そのものに変身できるという逸物だ。

「皮」を剥がされた娘逹も、別にその姿を失った訳ではないので、俺が「皮」に入っている間は、その娘が同時に二人存在している事になる。
まあ、これまでその事で不便を感じた事もないので、「皮」を戴いた娘逹はそのままにしている。

 

「皮」の優れている所は、完全な変身を可能としているだけではない。その娘の記憶も読み取る事ができるのだ。
だから、俺の知らない彼女の友達に出会っても、それなりの対応をする事ができるのだ。
だから…

「もしもしィ?ひろしぃ♪今ヒマでしょ?」
と、この娘のボーイフレンドに電話なんか出来たりしてしまうのだ。
待ち合わせの時間と場所を決めると、俺は別のクローゼットから服を取り出した。可愛らしいワンピースだ。
こっちのクローゼットには女の子の服がぎっしりと詰まっているのだ。
ワンピースを着て、長い髪をまとめてシュシュで留める。
彼女の記憶を使ってお化粧を仕上げる。
ピアスを遠し、ネックレスを重ねて身支度は整った。
時間を確認して、赤いパンプスを履いて外に出た。

 

誰も俺が「男」だとは気づかない。
男どもは卑しい目で俺を見ている。(奴らは頭の中で俺の服を剥ぎ取ってみてるに違いない♪)
奴らの妄想に油を注いでやろうと、俺は偶然を装ってスカートの裾を捲り、太股の上部…ビキニラインぎりぎりまでをちらつかせてやった…

ゴチッ!!

拳骨で頭を叩かれた。
「何やってるのよ!!」
そこに立っていたのは「ひろし」だった。
「た、単なるサービスのつもりよ♪」
と俺の台詞が終わるのも待たずに
ゴチッ!!
と再び拳骨が落ちてきた。
「いた~い;」
泣き顔でひろしに抗議の視線を飛ばす。
「ミドリはそんなハシタナイ事なんてしないの。」
つまり、彼は俺の中身がミドリ本人でない事を知っているのだ。
「で、でも…ひろしも語尾がおかしくなってるよ。女の子みたい♪」
実際、彼の中身は女の子…ミドリ本人なのだ。
「愛する彼と一心同体になりたい♪」と、俺にひろしの「皮」を作らせて彼本人に成り代わってしまっていた。
が、その事を知っている俺といる時は、ついつい地が出てしまうようだ。

むふんっ、と咳払いをして気を落ち着ける。
「で、ミドリは今日は何がしたい?」
「もちろんエッチしよ♪」
俺が即答すると同時に再び拳骨が…
「とりあえずゲーセンいくか?」
とひろし。
「うん」と頷いて彼の腕に絡み付いた。

 

 
「んああ~ん♪」
部屋の中に甘美な吐息が響く。
何と言おうが、結局はこうなるのだ。
俺は全裸になってひろしに抱かれていた。
この肉体は元々は自分自身のものなので、感じるツボを心得ているのか、他の男に抱かれるのとは快感の質・量ともに違っている。
俺自身は男の何十倍もの快感が得られるのだから良いとして、彼女は自分自身を抱くことについてどう思っているのだろうか?
「ひろしに抱かれて良い女はミドリだけだからね♪だからあんたもしっかりカンジて頂戴ね…って確認する必要もナイか♪」
そう言っている間にも、俺は何度目かの絶頂に達していた。

 

 
今日はまた別の女の「皮」の中に入っていた。
アカネ…この「皮」の本体その娘から、この「皮」で来るように呼び出されたのだ。
勝手に「皮」を奪った負い目もある。俺は彼女の指示した場所に向かった。
「これに着替えて♪」
と清楚なドレスが差し出された。
「またか?」と俺。
「良いでしょ。終わったらちゃんとイイ事してあげるんだから♪」

「また」とは、これまでに何度かやっている彼女の身代わりだ。
彼女が「男」に興味がないと知っていても、頻繁に「見合い」を押し付けてくる叔母さんがいるらしい。断りきれなかったものが俺に廻ってくる事になる。
メモられたホテルのラウンジで待っていると
「アカネさん?」
と声を掛けてきた男がいた。渡された見合い写真の男だった。
お茶を飲みながら当たり障りのない話をしていた。
が、突然男が「自分は身代わりだ」と告白した。
男は写真と寸分違わない容姿をしている事から、俺と同じように「皮」を使っていると思われた。
互いに「断る」前提であるのが確認できた事で、一気に場の雰囲気が和んでいった。

食事に誘われ、少しアルコールが入り、気分が高揚していたのか、俺たちはホテルの上層階の客室に居た。
勿論、俺は服を脱ぎ、彼に抱かれていた。
「アアアア~ン♪」
俺の嬌声が部屋の中に響く。彼は荒々しく俺を突き上げた。
快感以前に彼の激しさに圧倒されてしまう。
「ああ、イイッ!!」
彼を抑えようとしても、それより先に快感に翻弄され、思った言葉を作れない。
俺の喘ぎ声に、彼は更に激しさを増す。
快感に頭の中が真っ白になっていた。

 

気が付くと、俺は独り部屋に残されていた。
「急な用事ができたので、先に帰ります。」
との書き置きが残されていた。
俺はシャワーを浴びるとアカネの元に戻っていった。

「あんたも男のくせに、良く平気で男に抱かれるわね♪」
お見合いの経過を最後まで聞いたアカネは呆れるように言った。
「快感を求めるのに、男も女もないと思ってるからね。」
「あたしはダメね。あの毛むくじゃらの男と重なり合うなんて、考えただけでも虫酸が走るわ。」
「俺なら良い訳?」
「今のあんたは、もう一人のあたしだからね♪どう見ても男じゃないでしょ?」
と俺の濡れた秘所を責めあげる。
「あうん♪」
柔らかなタッチに物足りなさを感じつつも、快感に翻弄されてしまう。
「あぁ…あたしにも♪」
とアカネが俺の顔の上に跨がる。
俺が舌を伸ばし蜜壷を舐めあげると、彼女もまた淫声をあげる。
互いに責め合い、昇り詰めてゆく。女同士の果てることのない饗宴が夜が明けるまで続いていった…

 

 

 
「アオイちゃん?」
背後から声を掛けられた。
「っあ、ユキ?」
そこにいたのはアオイの同級生の白井ユキだった。
化粧でもして派手なドレスでも着ていれば他人の空似とシラを切ることもできたのだが、素っ面に学校の制服ではそうもいかない。
「どうしたの、こんな所で?」
確かに夜の繁華街は制服の女の子が独りでうろつく場所ではない。
「お、お父さんと逢う事になってるの。」
「へえ、そうなんだ。でも、制服はないんじゃない?」
「ち、ちょっと訳アリでね。」
「ふ~ん。あっ、あたしも待ち合わせの時間だから。じゃあね♪」
とユキは離れていった。

俺がアオイの父親と逢うのは間違いではない。
この「皮」を手に入れるのに協力してもらった代償として、月に一回逢うことになっている。
もちろん、目的はSEXである。
俺としては、男だろうと女だろうと俺を満足させてくれればそれで良い。
のだが、この親父の変態ぶりには閉口するものがある。
よりにもよって、自分の「娘」を…「皮」を被っているので、本人ではないが…犯ろうとは、近親相姦の願望は俺には理解できない。
更にロリと言うのか、制服や体操着・水着等を着たままでプレイするのが好みらしい。

「どうだい?このままアオイに成り代わっては♪」
「また、その話ぃ?」
彼はしきりに、俺が彼女に成り代わる事を勧める。
「パパも、あたしの中身が男だって知ってるんでしょう?」
「この肉体のドコが男なんだい?好きなんだろう、男にマンコを貫かれてアンアン言うのが♪」
「それはそうだけど…」
「そうすれば、月イチじゃなく、毎日できるようになるぞ♪」
「で、でもママは?」
「あいつもアオイと一緒に消えてもらうさ。そうすれば、いつも二人きりでいられるぞ♪」
俺は奴の瞳の奥に狂気の輝きが宿っているのを見た。
これ以上は危険である。この男は殺人さえもいとわないだろう。
本物のアオイには悪いが、この男には消えてもらうことにする。

俺は鞄の中から麻酔針を抜き出した。
奴の首筋に針を突き立てると即座に昏倒した。
服を脱がし「皮」を剥ぎ取った。
そして、俺が入っていた「皮」の中に奴を入れる。
奴は「アオイ」になった。

作業が一段落した所でドアを叩く音がした。さっき俺が呼び出しておいたミドリの姿のひろしだった。
「これが男の皮だ。」
と奴の「皮」を渡した。
「本当にこの男に成り代わってしまって良いのか?」
ひろしが再度確認した。
「それはこちらの台詞でもある。ここで皮を固定してしまえば、もう二度と脱ぐ事はできなくなる。」
ひろしは大きく頷いた。
そして、俺は二人の「皮」を固定した。

ひろしはアオイとその母親の待つ家に「帰って」いった。
入れ替わるようにして黒尽めの人相の良くない男逹がやってきた。
「こいつかい?」
リーダー格の男が俺に聞いた。
「ああ、肉体はこいつ自身で慣らされているが、中身は生娘だ。」
「なら高く売れるな♪」
「くれぐれも表に出ていかないように頼むよ。」
「承知している。」
とアオイの姿の奴を抱えて男逹は去っていった。

 

 

俺は鞄の中から、また別の「皮」を取り出した。
背格好はアオイとほぼ同じだ。アオイとして着てきた制服をそのまま着込んだ。
鏡の中の自分を確認する。

「あ、あ、あ~っ。あたしは白井ユキよ♪」
どこにもおかしな所がない事を確認して、俺もまたその場所を離れた。

部屋に戻った。
クローゼットを開けると、そこには幾枚もの「皮」が吊るされている。
が…

「今日はこのままで良いか♪」
俺は制服を脱ぐと、そのままベッドに転がった。
ユキの記憶を探り、お気に入りのシチュエーションを思い出す。
「ぁあ…影山クン♪」
大好きな彼に抱かれた記憶を辿りながら、俺は股間に指を伸ばして快感を追い求めていった♪

夜の公園で♪

俺は、この公園のベンチを離れられないでいた。

 

所謂「地縛霊」というやつだ。
酒に酔って、ここで寝ていた所をガキに襲われ、カッターで切られて失血死してしまったのだ。
その後「地縛霊」となり、24時間365日ここから離れられないでいるのだ。

まあ、既に死んでいるのだから、餓えることもなければ渇きに悶えることもない。
暑さ寒さも気にならない。唯一、気になるのは、殺された時の服のまま…着た切り雀だ…ていうことだ。
まあ、これ以上汚れる事もないし、誰かに見られる訳でもない…

そう。特に日中は誰も俺に気づく事がないのだ。ぶつかっても擦り抜けてしまう。幽霊なのだから当然である。
夕暮れ時などは、時々子供逹の中に気づくやつがいる。が、それも一瞬の事。ベンチに近づいて確認しても、もうその時には俺の姿を見る事はできなくなっている。
そして、丑三つ時。まあ、こんな時間にこの辺りをうろつく者など皆無に等しいのだが…大人にも俺の姿が見えるらしい。が、俺が声を掛けようとすると、決まって叫び声をあげ逃げ出してしまうのだ。
「お化けが出る」との噂が広がったのか、最近は更にこの辺りをうろつくやつも減ってきていた。

 

夜中に人が寄り付かない公園…となると、今度はまた変な輩が来るようになった。
特殊な性的嗜好なのだろう。黒の雨合羽を脱ぐと、そこには全裸の女体が現れた。
真っ赤なパンプスだけを身に付けた女は公園内を何度か往復し、茂みの脇にしゃがみ込むと放尿を始めたのだ。
その後、女は着てきた合羽に包まれると、足早に公園を後にしていった。

女はその後も時々現れた。
その晩は雨合羽を脱ぐと、俺の向かい側のベンチに座った。
脚を広げているので、彼女の秘部が俺の目の前に開かれている。
既に感じているのか、そこにはテラテラとした輝きがあった。女は胸を揉みしだきながら、もう一方の手をゆっくりと内股に這わせていった。
「んあっ…♪」
彼女の指先が濡れた肉襞に触れた瞬間、淫靡な吐息を漏らしていた。
彼女は膣口に二本の指を咥え込み、一気に昇り詰めていった。

 

また、別の晩。
今度はあろうことか、俺の居るベンチに彼女は腰を降ろした。
俺の姿など彼女には見えていない筈が、彼女は「俺」の居るまさにその場所に座ったのだ。
当然、俺と触れ合うことはない。彼女の尻は俺をすり抜けてベンチに降りる。
すなわち、俺と彼女の肉体が重なり合う状態が生まれる。
と、彼女が感じている感覚が俺にも伝わってきた。
尻から伝わるベンチの固さ、冷たさ。
風が体温を奪う。風に揺れる髪が肩に触れていた。
手足の存在を感じる。
重力に引かれる胸の膨らみ。
俺の胎の中で子宮が疼いていた。

湿り気を帯びた股間に指が延びてゆく…

「ん…ぁあん♪」
俺はオンナの喘ぎ声をあげていた。
女が感じている悦感を俺も感じていた。指が膣口を割って押し入ってくる。

俺は女の指に犯されていた。

俺は「男」だ。が、この女の感覚を共有している。そして、俺自身は自ら動く事はできない。
彼女にとっては、単なる自慰であっても、今の俺は彼女の指に犯されている「女」にしか過ぎない。

彼女と一緒に俺も昇り詰めていった。
喘いでいるのは彼女なのか、俺自身なのか判らなくなっていた。
快感に俺の頭の中は真っ白に塗り潰されていった…

 

 
気が付いたのは「女」の部屋だった。
何が起きたのか、即には理解できなかった。
俺は彼女の肉体を自由に動かす事ができた。「彼女」の存在を感じる事さえできない。
今は「俺」が彼女自身なのだ。

どうやら、俺は彼女の肉体を奪ってしまったようだ。
俺は彼女のフリをして、このまま第二の人生を歩む事にした。

が、ひとつだけ彼女がやっていた事をしないでいる。
夜な夜な肉体が疼きだすが、俺は二度とあの公園に近づく事はなかった♪

逢い引き

「いらっしゃいませ~♪」
明るい女の子の声が店内に響く。
「ご注文はお決まりでしょうか?」
とメニューが指し示される。
「こ、これ…」
僕は予め決めておいた設定を登録した携帯を差し出した。
カウンターの女の子は携帯からの情報を読み取り、バックヤードに連携してゆく。
「お支払はクレジット一括でよろしいですね?」
と確認する。
僕が「ハイ」と答えると
「37番でお待ちください。」
と番号の書かれた紙を渡される。

案内板の指示に従い、37番のブースに辿り着いた。
上着をハンガーに掛け、ふかふかのソファに座り待っていると、目の前のスクリーンがガイダンスを開始した。
既に解っていることなのでスキップを指示すると「しばらくお待ちください」の画面に変わる。

そして「準備完了」の画面に変わる。
ブースの扉がロックされ、ソファの背もたれが倒れてゆく。
僕はふかふかのベッドに寝ている形になった。
「プログラムをスタートします。」
女性の声とともに、僕は眠りの中に没していった…

 

気が付くと、僕は街角に立っていた。
これはマシンの造り上げたバーチャル世界だ。が、その中にいる僕には、それが本物のように感じることができるのだ。
今の僕の容姿は、カウンターの女の子に渡した設定通りになっている筈だ。
手近の店のショーウィンドウを鏡代わりに確認してみる。
着ている服のデザインも設定通りだ♪
勿論、設定は僕の容姿だけではない。これから僕が体験することになるシチュエーションにも設定は及んでいるのだ。

「やあ、お待たせ♪」
と爽快な笑顔で僕に声を掛けてきたのは、もう一人の「僕」だ。
「僕」とは言っても、今の僕は「僕」の行動に干渉することはできない。
彼はマシンが作ったNPCでしかないのだ。そして、僕の設定により本来の僕より性格を明るくし、容姿も二割方UPさせている。
「ううん、あたしも今来たとこ♪」
僕の女言葉自動変換の設定も巧くいっているようだ。
そう、ここでの僕は女の子=女子高生なのだ。
今は野暮なセーラー服を着ているが、この後ブティックで色んな服を試着する予定になっている。
「けど、休日のデートだっていうのに、何で制服なんだ?」
「校則なんだモン。仕方ないでしょ?」
「これだからお嬢様は…規則なんて破る為にあるんだ。先ずはその服から何とかしよう♪」

という流れで僕逹はブティックで服を選んだ。
「可愛いよ」「似合うじゃん」服を替える度に彼が何か言ってくれる。本来の「僕」だったら何も言えないだろうし、即に飽きて苦痛しか感じなかっただろう。
女の子になった僕は、服を替える度に新しい自分を発見するみたいで、楽しくて仕方なかった。
チャイナドレス風のミニ丈のワンピースに決めて、髪の毛も両サイドでお団子にしてもらった。お化粧も少ししてみた。
特殊な人逹を除き、男には経験できない体験だ。

 
男には経験できないと言えば、この先のイベントがその最たるものだろう。
カラオケで思いきり女の子の歌を歌ったあと、公園を散歩した。
手を繋いで歩いていたのを、腕を絡めるように体を密着させる。
彼には僕のバストの存在が否応もなく知らされる。
彼もソノ気になってくれていった。
大きな樹の下に立ち止まる。公園の人逹から影になるように移動する。
彼が僕を抱き締めた。
見上げるとそこに彼の顔がある。何を言いたいか、手にとるように判った。
僕がそのままゆっくりと瞼を閉じると、唇に触れるものがあった。
軽く口を開くと、そこから彼の舌が差し込まれてきた。
それは僕も望んでいたことだ。彼の行動に僕も応じていた。

そして、二人の足はラブホテルに向かっていた。
鍵を開くとファンタジックな内装に囲まれてキングサイズのベッドが据えられていた。

彼の手が僕のドレスのファスナーを下ろしてゆく。
頭のお団子が解かれる。
下着姿のまま、僕はベッドに押し倒されていた。

再び唇が合わされた。そして、彼の唇が僕の体を這うようにして移動してゆく。
喉から胸、そして乳房の山を登ってゆく。
ブラのカップがずらされていた。彼の唇が僕の乳首を挟み、口の中に吸い込んでいった。
チュウチュウと音をたてて吸いあげる。
むず痒さに
「んあん♪」と喘ぎ声をあげていた。

彼の手がショーツに延びていた。
既に僕の股間は濡れ始めていた。
彼の手がショーツの中に入ってくる。濡れた秘部に指が触れていた。
そのままゆっくりと割れ目の中に侵ってくる。僕の「オンナノコ」が彼の指を咥えていた…

 

「あん、ああん♪ああ~~ん!!」
僕の発するオンナの喘ぎ声と、ベッドの軋み音。そして淫液が発するくちゃくちゃいう音に満たされていた。
僕は彼に貫かれ、オンナの快感を貪っていた。

(終了の時間になります。延長なさいますか?)

冷めた女の声が耳元で聞こえた。
と同時に僕の快感も褪めてゆく…
「終わりで良いわ…」
と見えない女に延長がないことを告げると、目の前の景色が褪せてゆく。
俺の内にあった「彼」の存在も消えてゆく。

 
目の前にスクリーンがあった。
「お疲れ様でした」の画面が表示されていた。

ソファの背もたれがゆっくりと元に戻ってゆく。
「ご利用ありがとうございました。」
と画面が変わり、システムは停止した…

立ち上がるとハンガーに掛けておいた上着を手に取りブースを出る。
足を一歩すすめる度に揺れていたバストがない事に慣れるのに、しばらく時間が掛かった。
追加料金がないので、そのまま店の外に誘導された。

 

「やあ、お待たせ♪」
店を出てしばらく歩いていると、「俺」に似た若い男が声を掛けてきた。
勿論、俺に向けて発せられたものではない。
振り向くと、彼の視線の先にはショーウィンドウを覗き込んでいるセーラー服の女の子がいた。
「ううん、あたしも今来たとこ♪」

 
もしかすると、彼女はさっきまでの僕自身なのかも知れない…

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

無料ブログはココログ