« 友よ!! | トップページ | 亜矢子 »

2012年12月29日 (土)

無題

   
抱いて欲しい。抱かれたい…
不意に、そんな想いに駆られた。

 
抱いて欲しい。抱かれたい…
俺は男なのに、男性に抱かれる事を望んでいる?

 
ぬるりと股間を湿らすものがあった。
腹の奥に熱く疼いている器官がある。

 
俺の肉体はどうなっているのか?
ズボンの中に手を滑り込ませる。
パンツの上から股間に掌を当てたが、そこにいつもの存在が感じられない?!

 
更に、パンツの中に指を這わせる。
そこには凹みがあり、指を濡らすものがあった。

 
俺は女だったか?

 
否!!寝る前までは確かに「男」だった。
ペニスを摘まみ小用を足した記憶がある。
しかし、今の俺の股間にはそんなモノは存在しない。
這わせた指を進めると、指は俺の胎の中に入ってゆく。
そこが直腸でない事は解りきっていた。

 
指は濡れた膣の中に入ってゆく。
俺の下半身は侵入してくるモノの存在を伝えてくる。
指は暖かな肉壁に圧し包まれていた…

 
もし、俺が男性に抱かれたら、この指の代りに太くて逞しいペニスに貫かれるのだろう。
俺は勃起したペニスを前に股間を広げ、男を誘う。
「お願い。優しくしてね♪」などと言って、もみくちゃにされるのを期待している。
男が俺の脚を抱え、腰を近付けてくる。ペニスの先端が股間に触れる。
少し腰を揺らすと、女陰口に先端が入り込む。すかさず男は腰を密着させる。
ヌッ…と奥にペニスが侵入してくる。
俺の膣が男のペニスで満たされていた。

 
「動かすよ♪」
そう言って男はペニスの送抜を始めた。
膣壁が刺激され、俺は「女」の快感に支配されてゆく。

 

 

 
「あん♪ああ~ん!!」
部屋に響くのはオンナの嬌声。
ベッドの上には、自らの指技に悶え狂うオンナが独り…

« 友よ!! | トップページ | 亜矢子 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無題:

« 友よ!! | トップページ | 亜矢子 »

無料ブログはココログ