« 2012年9月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月25日 (日)

タダに釣られて

中に何が入っているのだろうか?
送られてきたダンボール箱はかなり軽かった。どうやら危険物ではなさそうだ。
もう一度宛先を確認する。確かに俺の名前だ。送り主に覚えはない。
電話してみるか?とも思ったが、中を確かめてからでも遅くはないだろう?と囁く声に負けてしまう。

箱を床に置き、荷造りテープを剥がす…蓋を開けると、一枚の紙が乗っており、その下に不透明なビニール袋に包まれた本体があった。
まずは紙を手に取り、書かれている文面に目をやった。
[拝啓。斉藤弘人様。この度は弊社の無償サンプルプレゼントにご応募いただきありがとうございました。なお、当選品はランダムに選択されたものですので、ご希望のデザイン・サイズと合致しない場合がありますが、返品・交換は一切受けられませんのでご了承ください。]

俺は「無償」という言葉に弱く、ネットで見かけると無意識のうちに応募してしまうことがある。これもそのひとつか…と、本体のビニール袋を破いて中のモノを取り出した。

(な、何だコレは?!)

それは平たく伸された等身大の女性だった。
良く見ると首の所に浮き輪に付いている空気入れのバルブがあった。
ここから空気を入れると膨らむのか?俺は肺に目一杯空気を取り込むと、バルブを咥え吹き込んでみた。
一度では何の変化も見られなかったが、十数回繰り返すと女の手足が膨らみだしてきた。
気を良くして繰り返すが、次第に意識が朦朧としてくる。酸欠か?止めないとまずい…と理性は訴えていたが、止めようもなかった。
…そして俺は気を失っていた。

 

 
俺は仰向けで床の上に転がっていた。
ゆっくりと体を起こし、どこまで空気が入ったのか確認しようとした…
が、俺の目に入ったのは俺の着ていた服が床の上に着たまま中身が消えたかの状態で置かれている…という光景だった。
二つの疑問が残る。
あの女の人形(?)はどこにいったか?そして今の俺は裸なのか?どうやって服を脱いだのか?

疑問は程なく解決する。
俺は自分が裸なのか確認するために、胸元を見た…そこには形の良い乳房と、しゃぶりつきたくなるような愛らしい乳首があった。
(?)
俺は立ち上がり、洗面所の鏡に自分を写した。
二つの疑問が同時に解決する。女の人形は今、ここにある…俺がその人形そのものだったのだ。
もともと人形は服を着ていなかったから、裸のままも納得できる。

が、いつまでも裸のままでいる訳にもいかない。
かといって、この女の体に「俺」の服を着せる訳にもいかない。
確か、この人形と一緒に女物の服も入っていた気がする。
俺は部屋に戻り人形の入っていた袋を確認した。そこには女物の服が一式、下着も含めて揃っていた。
俺はブラを付け、ショーツとパンストを穿き、ワンピースの上からカーディガンを羽織った。
鏡の中にはどこにでもいるような「女」が写っていた。
一緒に入っていた化粧道具で顔を整え、マニキュアをし、耳たぶにピアスを刺した。
財布と鍵をバックに入れ、サンダルを手に玄関に向かう。

 

 
「お姉さん独り?」
若い男に声を掛けられ、俺は現在の状況の確認を強いられた。
今の俺は女の服を着て街中を歩いている。が、女装ではない。俺自身が「女」になっていたのだ。
若い男が普通にナンパを掛けてくるくらいに「普通の女」になっていた。
もし、このまま男の誘いに乗っていったらどうなるのだろう。
もちろん、男の最終目的は目の前の女を抱いて、自らの性的欲求を満足させることであろう。
今の俺は「女」なのだから、彼の欲求に応じる事は可能である。が、俺は本来「男」であり、男に抱かれるという行為は「変態」的な行為である。
しかし、今の俺は「女」だ。女が男に抱かれることは、ごく自然な行為であることも間違いではない。
それに、女の快感は男のものとは比べ物にならないとも聞く…

(ジュン♪)

俺の股間から何かが染み出てくる…愛液なのだろう。俺の股間には女性器があり、今そこに男性を…男性自身…憤り勃ったペニスが挿入さ
れるべく準備ができたということだ。
俺は本当にココにペニスを突っ込んでもらいたいと思っているのだろうか?

「女」の快感を味わってみたい…それは偽らざる想いだった。
が、その前提となる「男に抱かれる」という行為をいまだ受け入れられない。「男」の俺が男に抱かれるのを想像するのも憚られた。

「お姉さん?」
若い男は不審げに俺を見ていた。
「ごめんね♪また今度声を掛けてちょうだい。」
俺はそう言って足早にその場を離れていった。
結局、夕闇が近づいた街を足早にうろついただけで、俺は自分の部屋に戻ってきてしまった。
薄暗い部屋の中、床の上には妙な形で脱ぎ捨てられた男物の服がそのまま残っていた。
部屋のあかりを点けると、床の上の服に何かが挟まっているのが見えた。空気の抜けた浮き輪のように皺クチャになった…

「俺」だった。
ずりずりと服の中から引き出すと、ペッタンコになった裸の「俺」が現れた。
もちろん、股間のモノもペッタンコだった。

服と並べて床の上に置いてみた。
女の体が皺もなく綺麗に畳まれていたのに比べると、あちこち空気の残りカスが点在しているようだ。
俺は手足の爪先から綺麗に伸して、余った空気がどれくらいあるか試したくなった。

両脚が伸された。両腕が伸された。
次に顔が伸される。頭蓋骨もなく、目玉も平面と化していた。
それをクルクル丸めながら余った空気を集めてゆく。
胸が伸され、腹が伸される。余った空気の行き先は下半身になる。
ぷっくりと貯まった空気に膨らんだモノがあった。
萎えていた筈のペニスに空気が集まってゆく。まるで勃起してゆくかのように、膨らんでいった。

「俺」のペニス…

俺はペニスの周囲も伸して、余った空気の全てをペニスに集めた。
俺の目の前で「俺」のペニスが勃起していた。

俺は無意識のうちにソレを口に咥えていた。
俺の口の中で、ペニスは更に膨れ、硬くなる。
(もう良いかな?)
俺は一旦体を離すと、スカートの中に手を入れ、ショーツとパンストを脱ぎ取った。
そして、「俺」の上に膝立ちで跨り、ゆっくりと腰を下ろしてゆく。
柔らかなこの肉体はM字に脚を開いたまま、無理なく尻を床に近づけてゆく。

先端が俺の股間に当たった。
そこはもう、十分に濡れていた。
スルリと「俺」のペニスが俺のナカに入ってきた。
ペタリと床に尻を付けると、ペニスの先端が子宮口に届いたみたい…
たくし上げたスカートを下ろす。
その中でどんな卑しいコトをしていても、誰も判らなくなる。
ギュッと股間に力を入れると、硬い筈のペニスの中の空気が動いた。
風船細工の風船のように、柄を締め付けると先端が膨らむ。
膨らんだ亀頭が俺の膣奥を圧迫する。
が、膣壁も圧し返す。圧された空気は逃げ場を求める…
その先端が「子宮」という空間を見つけた。
空気はペニスの皮を纏ったまま、一気に子宮内に侵入してくる。
膣圧に圧され「俺」の中に残っていた、全ての空気が子宮内に送り込まれる。

伸びきったペニスの皮の圧さは限界まで薄くなっていた。
それは、ちょっとの刺激で破れる…

 

パンッ!!

 

何かが弾けた音がした…
その刺激は強烈な快感を伴って、俺は
「んあん♪ぁあああ~んっ!!」
と思わず艶声をあげていた。

 

 

 
気が付くと「俺」が消えていた。
あたしは単に床の上に生尻を付けて座っていただけ。愛液が、あたしの股間と床を濡らしている事だけが、あたしの痴態の証だった。

(あたしはココで何をしていたんだっけ?)

見知らぬ男の部屋で痴態を晒していた理由が見当たらない…
が、目の端にダンボールの空き箱を捉えると
(持って帰らなきゃ)
と、あたしは催眠術に掛かったかのように箱を畳み、この部屋に残っていた「あたし」の痕跡を消し去っていった。

片付けが終わると、あたしは部屋の中に向かって一礼する。
「ご利用ありがとうございました♪」
そう言って、あたしは部屋のドアをそっと閉めた…

雨宿り

空に雲が掛かってきた。真っ黒な雨雲だ。
降るのか?と思ったそばから、大粒の雨が地面を叩き始めていた。

俺は雨宿りできそうな場所を見つけ飛び込んでいった。
「いらっしゃいませ♪」と店員が迎えてくれた。

一息ついて周りを見ると、俺は選択の誤りに赤面するしかなかった。
そこはランジェリーショップ…女性用の下着を専門に扱っている店…だった。
「す、すいません。間違えました!!」
と回れ右する。
「構いませんよ♪雨が上がるまでゆっくりしていきませんか?」
ドアの外は「豪雨」になっていた。
「この雨ですし、この近くには雨宿りする場所もありませんよ。」
そうは言われても、コレでは目のヤリ場に困る。
「他にお客様はおりませんし、この雨ですから。しばらくは貴方独りですよ。気にすることないですよ♪」
「い、いや…別にそんな訳では…」
「良い機会ですから、女性の下着について知識を広めては如何ですか?」
彼女の話を聞いていれば幾分かは気が紛れた。…話の中身は女性用下着の話だったが…
ブラ・ショーツに始まり、3in1・ボディースーツ・レギンス・キャミソールなど多岐に渡っていった。

「で、ブラジャーの正しい着け方って知ってる?」
と聞かれた。昔、お袋がやっていたのは、胸の前でホックを止め、半周させてストラップを肩に掛けていたと記憶している。
「当然それはNGね。着け方を教えてあげるわ。」
と上半身を裸にされていた。
「先ずはストラップを肩に掛けて…」
何故か俺は彼女の指示に従っていた。
「前屈みになって、カップの中にバストを納める…」
俺の胸がカップの中を満たしている。
「フックを止め、ストラップの長さを調整する…」
フックを止めるのは彼女にやってもらった。
「脇から余った肉をカップの中に寄せれば、バストアップになるわ♪」
視線を下ろすと、目の前にブラに包まれたバストがあった。立派な谷間ができている。
「お揃いのショーツがあるから、下も替えてしまいましょうか?」
手際良くズボンが脱がされていた。トランクスが剥ぎ取られ、ショーツが穿かされる。
「お尻のお肉も整えてあげるとセクシー度がアップするわね♪」
とショーツの中に手を入れ、尻たぶの肉をシューツの中に引き込んでいった。
「次はキャミね。これならアウターにしても良いわね。…被るんじゃないの。穿いてみて♪」
脚を通し、引き上げてストラップを肩に掛ける。
次にはレギンスを渡された。
仕上げに前掛けのように巻きスカートが着けられた。
「これなら外に出れるわね♪雨も上がったことだし、このまま帰りますか?」
えっ!!
男がこんな格好で??

今まで気が付かなかったが、俺の横に姿見があった。
そこに写っているのは、多分「俺」なのだろう…だが、その姿はどう見ても若い女性にしか見えなかった。
「何も問題ないでしょ?…っあ、靴を用意してなかったわね。これをどうぞ♪」
とハイヒールが差し出された。

履いてみる…背筋がピンとして気持ちが良い。
このまま街を闊歩したくなる。
「じゃあこれを♪」
お店のロゴの入った、大きなトートバックが渡された。
俺はそれを肩に掛けると、店のドアを開けた。

「っあ♪虹だっ…」
青く澄みきった空には綺麗な虹が掛かっていた。

俺はもう「兄」じゃない!!

俺はもう「兄」じゃない!!

「兄ちゃ~ん…」
情けない声をあげて後を追って来るのは弟の弘志だった。
「な、何度言ったら解るんだ?俺はもうお前の兄ちゃんじゃないんだ!!」

 

そう、一ヶ月前までは俺達は兄弟だった。
しかし、俺が高熱でぶっ倒れ、気が付いた時にはもう、俺は弘志の兄ではなくなっていたのだ。
既に広く知られるようになったが、不治の病であり、致死率が0%、男だけが罹る奇病…女性化熱…に冒され、俺は「女」になってしまったのだ。
俺の手の届かない所で、様々な手続きが進んでいた。戸籍も変更され、工藤雅之から工藤雅美という「女」になっていた。

「だから、姉ちゃんとか言えないのか?」
弘志にはそう言うが、俺自身未だ「女」である事を忘れがちだ。

 
勿論、肉体は「女」そのものであり、女物の服を着るしかなくなっている。膨らんだ胸にはブラジャーが必須だし、下もそれなりのものを穿いている。
外見は完全に「若い女性」である。若い女の身だしなみとして、化粧もし、耳にはイヤリング、首にはネックレスを付けている。
他人の前では、一人称を「あたし」に変えられるようにもなっていた。

が、俺は「俺」であり、頭の中まで「女」になった訳ではない。だから、弟と居るとついつい気が緩んでしまう…
だからと言って、うたた寝してしている俺に跨り「スキンシップ」と言う名目ではだけた胸の谷間にペニスを挟み込むような行為が許される筈もない!!

腹が立った俺は家を飛び出していた。
俺が何をしでかすか不安に駆られた弘志が後を追ってきた…のが現状だ。

 

だが、俺は何も考えずに家を飛び出した訳ではない(筈だ…)。少しでも精神的な安定を欲していたのだ(そう考えるしかない)。
俺にとっての精神安定剤は親友の柾木豊だ。彼の顔を見るだけで、気が楽になる。
彼と話を交わせば、問題は既に解決された気になる。
その腕に包まれたら、俺はもう何も考えられない。全てを彼に委ね、快感に身を任せ…

って、俺は何を考えているんだ!!
豊は俺の親友であり、今もって男同士の付き合いを続けていられる貴重な人材だ。
豊以外の奴等は、俺を「俺」として見てはくれない。奴等の視線は俺の胸の谷間か、スカートの奥を覗き込むようなものばかりなのだ。
少しでも近づけば、奴等の手は俺の胸や尻にチョットでも触れようと必死になっている。
男に触られて減るようなものではないが、相手が必死だと、こちらもそれなりに抵抗したくなるのが人情だろう?

だから、そんな必死さのカケラもない豊には、俺の方から腕に絡み付いて乳房を押しつけてみたりしたくなるのだ。

 

 
「あっ!!豊ぁ~♪」
と目の前に現れた親友に飛び付く。
「どうしたんだ雅之?弘志君に虐められたのか?」
「な、何で俺がガキの弘志に虐められるんだよ!!」
俺は豊の後ろから弘志にアッカンベーしてやった。
「弘志君、雅之が落ち着いたら送り届けるから。良いよね?」
「ゆ、豊兄ちゃんが言うならね…」
意外と弘志は豊の言う事を良く聞く。

 
「で、何があったんだい?」
弘志が帰った後、豊は俺を彼の部屋に招き入れた。
豊が机の椅子を引き出して、俺の真正面に座っていた。俺は豊のベッドに腰掛けている。
「弘志が…」と状況を説明しようとして、急に恥ずかしさがこみ上げてきた。
何故か頬が熱い。真っ赤になってるに違いない。弘志のやった事をそのまま言えば良いだけなのに。
弘志が俺の胸に…挟んでいたんだ。って「…」は何だ?俺にも付いていたモノだろう?
オチ…ン……
だ、駄目だ。頭の中で言葉にする事もできなくなっている。

「どうした?」
豊の顔が目の前にあった。
「ヒッ、キャア!!」
思わず叫び声をあげてしまう。
距離を取ろうとすると、ベッドの上に倒れるしかない。
俺の上に豊が伸し掛かってくる…

 
豊と俺は男同士…ではない。男と女なのだ。男が女をベッドの上に組敷いている…そんなシチュエーションが展開されている。
つまり、俺が「女」で、組敷かれていて…この先の展開は?

…相手が豊なら…

俺の全身から力が抜けていった。
目の前に豊の顔がある。
あたしはゆっくりと瞼を閉じた…

 

「弘志君の事は解る気がする。何より、君達は兄弟だったんだ。姉弟の関係を築き直すのにもイロイロとあるんだと思う。」
いつの間にか豊は椅子に戻っていた。
弘志のコトなんて良いのよ!!さっきのあたしの「覚悟」はどうしてくれるの?
あたしは立ち上がった。
「そう?弘志の気持ちが解るの…男同士だものね?」
あたしは上着を脱ぎ捨て、ブラを外した。
「じゃあ、同じコトがシたいのよね?」
あたしは豊の前に膝を着いた。
ズボンのチャックを開け、パンツの中から豊のオチ××ンを引き出した。弘志がやったように、あたしの乳房で挟む…
豊が座っている姿勢では、やはり無理があった。ならば…
と、あたしはソレを口に咥えた。あたしの口の中で豊のオチ××ンが膨れて、硬くなってゆく。
「ひ、弘志君はそんなコトまでさせたのか?!」
違うヨ…と言いたかったが、口が塞がれている。そこで首を左右に振った。
「っあ!!止せ!!」
新たな刺激に豊のオチ××ン…ベニスが反応する。
面白くなり、舌や口蓋でもっと弄ってあげる。
「あ、ぁぁぁっ!!」
豊が声をあげると同時にペニスの根元が膨らみ、それが先端に移動してくる…
あたしの口の中に豊のセーエキが吐き出されていた。

ゴクリ

と飲み込んだ。
「今度はこっちよ♪」
あたしはスカートの下からショーツを脱ぎ取った。
スカートを捲ったまま、豊の膝の上に乗る。
まだ硬さを保っているペニスをあたしの膣口に導いていった。
「んあ…ぁあん!!」
多少の痛みはあったが、あたしは豊と結合することができた。あたしの濡れきった膣の中に豊のペニスがあった。
あたしが腰を振るとあたしの内で豊のペニスが蠢く。豊も気持ち良いみたいだ。

 
勿論、あたしも昇り詰めてゆく。
「ああん、ああん♪」
と艶声をあげて髪を振り乱す。豊の突き上げににどうしようもなくなる。
頭の中が快感に塗り込まれてゆくのも意識できていない。
ただ、快感を追い求め、快感に身を委ねていた…

 

 

気が付くと俺はベッドに寝かされていた。
そんな俺を豊が心配そうに覗き込んでいた。
「大丈夫か?」
そう聞かれ、何を心配されているのかわからなかった。

「ハジメテだったんだろう?」
そう…初めてのSEXだった。男なら「童貞卒業」と気楽に考えてしまう。
が、今の自分は「女の子」だった。「処女」ではなくなる…それは破瓜の痛みを伴っている。豊にその「証」を見られた?

「どうした?熱でも出たのか?」
俺は恥ずかしさに再び顔を赤くしていたのだろう…
「大丈夫。何ともないよ♪」
と上体を起こした。
スカートの裾が捲れ、太股が覗いていた。
豊の視線がソコに注がれている。
「エッチ♪」
「ど、どこがだよ?!あんなコトした自分は違うのかよ?」
「そ、それは…」
俺が口篭もると

「僕で良かったのか?」と豊
「豊だからだよ…」と俺

豊の腕が背中に廻り、俺を抱き締める。
豊の顔が迫り…
俺にキスをした。

豊の求めに応じて、俺も軽く唇を開いた。
差し込まれる舌に俺の舌を絡める。
唾液が混ざり合ってゆく…

 

 

「兄ちゃん。今日も豊兄ちゃんとデートなの?」
鏡越しに見ると、背後の弘志は笑っていた。
「どこかおかしい?」
化粧が変だったりしたのだろうか?俺はもう一度鏡の中の顔を確認した。
「そんなんじゃないよ。なんだかんだ言っても、もう兄ちゃんて呼べないよな…って思ってさ♪」
「な、何訳解らないコト言ってるのよ。時間がないんだからね。」
俺は化粧道具を仕舞うと、バッグを手に立ち上がった。
「行ってらっしゃい…姉ちゃん…」
弘志にそう送られ、俺は豊との待ち合わせ場所に向かう。

豊がバラの花束を手に待っていた。
そして…

 
「うん♪」
俺は…あたしは、豊のプロポーズに首を縦に振っていた。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年12月 »

無料ブログはココログ