« ホレ薬(1/3) | トップページ | EIENN(3/4) »

2011年9月 5日 (月)

EIENN(4/4)

 
彼との交際は3年続いた。
結局分かれる事になったのは、私に結婚の意思がなかったからだ。
当初は私も「結婚」を考えたが、私の身体がそれを困難にしている事に気付いてしまったのだ。結婚すれば、その先に出産が見え隠れする。
生物として子孫を残す事は求められて当然である。しかし、私は子供を産む事ができなかったのだ。
恥ずかしい事に、私は自分に生理がない事に気付いたのは、彼と付き合い出してからだ。本来が「男」である私が生理に関する知識が乏しい事を誰が責められようか?
彼に聞かれ、生理がない事が発覚した。当然、彼は私が妊娠したのだろうと思った筈だ。しかし、私はこの身体になってから、一度も生理を体験したことがないのだ。
私は彼を落胆させないよう、生理が遅れていた風を装った。その後も定期的に生理を装う。その裏で、私は妊娠の可能性を確認してみた。

医者の診察結果は、私の女性器は良好な状態を保っているとの事だった。
では、何故生理がないのか?

私はこの「身体」について調べてみた。

この「身体」が与えられた時「不死」は拒否した。
調べた結果からも「死」を無くするようなものは見つからなかった。が「不老不死」の「不老」の部分は活きていたのだ。
「老化」しない。つまり子宮は常に良好な状態のため、生理になる必要がなかったのだ。また、良好な状態はこれが次の段階に進む事も拒絶している。受精卵が着床したとしても、そこで胎児が成長することはないのだった。

「不老」の効果は妊娠できない事だけではない。本来の意味で、私は歳を取らないのだ。10年後20年後もこの若い姿のままなのだ。
結婚し、夫が長生きしたとしても必ず老衰は訪れる。その脇で若い姿のままの妻が寄り添う図も一興ではあるが、何を言われるか事が知れている。
災いは避けるに越した事はない。

彼と別れた後、私は断続的に男性との付き合いを行っている。が、皆1年以内の付き合いであり、彼との3年を超えるものはない。
それ程、私は女として彼を愛してしまっていたのだろう。ただ、彼に教えられた女の快感だけは忘れられず、男と付き合う事になっていた。

 

一方、元の「私」=奴は「不死」ではあったが、老化は着実に進んでいた。当初は強力な強壮剤で若さを保っていた。(即座に心臓発作を起こすようなものでも奴は死ぬ事はないのだ)
更には老化して脆くなった骨を特殊セラミックで補強したり、筋力を補う為のモーターを埋め込んだりと、肉体の改造を続けていた。
どんな無茶をしても「死ぬ」事はないのだ。がしかし、何れにも限界がある。
「死」に至る事はないにしろ、脆くなった血管はあちこちで破断し、皮膚下に血を染ませていた。それは、脳内にも進行し、元々まともではなかった奴ではあるが、更に正常な思考…いや、思考そのものができなくなっていた。
奴の肉体だけがプログラムされたロボットのように女を抱き続けた。が、奴の身体から腐臭が漂い始めると、奴に抱かれる女もいなくなっていった。
私はとうとう奴に「人形」を宛がってやったが、奴には人間と人形の区別も付けられず、飽きることなく人形を抱き続けていた。

 

奴が財閥に悪影響を与える事がなくなったと判断した私は、ここで「秘書」を続ける意味もなくなっていた。
私は仕事を止め、旅に出る事にした。
見知らぬ土地にしばらく逗留し、適当な男と親密な関係になり「女」の欲求を満足させる。そして、頃合いを見計らってひっそりと去ってゆく。
その繰り返しを続けていた。

私は不死ではないが、死のうと思わない限りは永遠に生き続けるのだ。
それは私が忌意した姿ではあるが、やはり自ら死を選ぶ事はできないでいた。
私にこの身体を与えた神とも悪魔とも言えない者は、このような私を見て本当に満足しているのだろうか?

 
「こちら、よろしいですか?」
パリに向かうTGVの中で、私の向かい側に座ろうとした若い男はモロに私の好みだった。
「構いませんよ♪」と答えると、流れるような仕草で腰を下ろした。
「ご旅行ですか?」と男が声を掛けて来る。
下心があるかは判別できなかったが、私は彼とのお喋りを楽しむ事にした…

 

「ああん♪あ~~ん!!」
結局、私はその夜には彼に抱かれていた。
スーツの上からでも、彼の逞しい筋肉は確認できていた。彼のモノも筋肉に劣らず逞しかった。
彼のモノが私を貫く。
快感に全身を震わして、私は彼に応える。

「あ、あ、あ……」

その快感は飽きる事はない。
私は嬌声をあげ、絶頂を迎えるのだった…

« ホレ薬(1/3) | トップページ | EIENN(3/4) »

コメント

不死を望まなくても結局は不死を望んだ人と同じ結果になってるって…
人間の三大欲求は強いってことなんですかねぇ

砂さん
コメントどうもです。

「不死」だけを望むととんでもない事になる…

って事もあります。
望みは正確に伝えるのが鉄則ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EIENN(4/4):

« ホレ薬(1/3) | トップページ | EIENN(3/4) »

無料ブログはココログ