« 「虫」 | トップページ | 実験台(後) »

2011年2月19日 (土)

ポッドの中で…

星空がクルクル回っていた。

緊急事態だというのに、意外と冷静でいる自分に驚いている。
ボクは脱出ポッドの中に詰め込まれ、宇宙空間に放り投げられたのだ。

訓練航行中の「ニューホープ号」が何物かと衝突したのだ。勿論、小さな岩塊で潰れるような宇宙船ではない。それに、近隣の小惑星などの軌道は常にトレースされているので、回避が間に合わなくなるまで気が付かない筈もない。
なにせ、乗務員はボク達の教官なのだ。昨日今日宇宙に乗り出した青二才ではない。では何故?何がぶつかったか?
…その場に居合わせた訳ではないので知る由もない。今はおとなしく、教えられた緊急時の待機手順に従い、助けが来るのを待つしかないのだ。

脱出ポッドには、ほぼ一週間分の食料と水が用意されている。ボクは手元の操作板から、備品の状態確認を指示した。
目の前のモニタに表示が現れる。
[NG:排泄装置未接続]
あ、あ~~…
ボクは大きくため息をついた。脱出ホッドへの搭乗は訓練で何度も繰り返していた。しかし、何度やっても受け入れられないのが、排泄装置の装着だった。

その必要性は否定しない。食料が一週間分あるという事は、この中に一週間篭もる事ができるという事だ。
生身の人間であれば、飲み食いが必要である。と同時に、飲み食いした結果として大小の排泄もついてまわる。当然、服の中に垂れ流しにする訳にもいかない。
そこで、排泄装置の装着が必要となるのだ…

 

手順に従い、チューブの先端に付いたアタッチメントをオチンチンに装着する。カチリと音がしてスイッチが入ると、僅かではあるが負圧が掛かる。
見た目は牛の搾乳器だ。白い牛乳の代わりに黄金水が流れてゆく事になる。

もう一つの装置も装着しなければならない。こちらは、いろいろ仕掛けが仕組まれたホースになっている。
そんなに太くはないので、苦もなく挿入できるが…入りきった所でホースの断面が拡張し、ちょっとやそっとでは抜けないようになっている。
更に、空気が送り込まれると、内蔵のシャワー装置であたりが洗浄される。汚れと廃液はホースから外に排出されてゆく。
更に排出の効率を上げるために、浣腸液が注入される。浣腸液はその後も定期的に注入され、排泄が終わると、再びシャワーで洗浄されるのだ。

考えただけで屈辱的な行為ではあるが、ボクは最後のシャワー洗浄の際に、性的な興奮を得ることがしばしばあるのだ。
搾乳器が稼働している中、お尻の穴を責められてエクスタシーに達する…
「んぁ、ああん♪」
ポッドの中に艶声が漏れ出る。搾乳器のチューブの中を白いモノが流れてゆく…

(誰も見ていないんだ。どうにでもなれ!!)

2日、3日と繰り返されてゆくと、諦めの境地に達する。
そしてボクは更なる快感を求め始めた…

 

 

ポッドには女性用の排泄装置も装備されていた。搾乳器は付かないので、一体型で股間を覆うようになっていた。
好奇心から、それを装着してみた。邪魔なオチンチンは萎えきったところでお腹の中に押し込み、その上から排泄装置を装着した。
お尻の穴にホースが侵入してきた。このシークエンスは男性用と同じだった。しかし、シャワーがボクの敏感な所を刺激した時、本来ならムクムクと大きくなるモノを受け止める搾乳器がないばかりか、それを押しとどめるように覆いが遮っていた。
痛みのあまり外そうとしたその時、

チクリ

ボクの股間に針が突き刺さったような痛みがあった。
その針は、あっという間に痛みを吸い取り、代わりにえもいえない快感をもたらしてくれた。
どうやら、針が吸い取っていったのは「痛み」だけではなかったようだ。何かが吸い取られた分、ボクの股間と覆いの間に隙間が出来ていた。
その隙間を押し開けるように、覆いから何かが出てきた。
お尻の穴と同じように、シャワーが汚れを洗い流す。硬い棒のようなものが突き出てきた。棒はオチンチンの付け根あたりに押し当てられた。そして…

棒はグイグイと押し入ってきた。痛みはなかった。あっという間に、棒はボクの股間に収まっていた。もちろん、そこはお尻の穴ではない。
まるで、女性が男性を受け入れるように、ボクの股間はその棒を受け入れていた。

しばらくすると、その棒が振動を始めた。
「あん、ああん♪」
思わずボクは艶めかしい媚声を上げていた。その棒からもたらされる快感には媚声を上げずにはいられなかったのだ。
ボクは女性のようにその棒を受け入れ、快感に浸っていた。
快感を追求する以外には何も考えられなくなっていた…

 

気が付くと一週間が過ぎ去っていた。
モニタが救命艇の接近を告げていた。
ポッドが艇内に収容され、ロックが外された。

「ああ、こいつもヤられている。」
救命員の人が呆れたように仲間に向かって言っていた。

 

 

 
ボク等は新しい制服を着て実習船に乗り込んでいった。実習船の名前は「ハニーホープ号」
ボク等はバイロットのコースからは外されてしまった。「適性はこちらだね♪」と振り分けられたのは慰安部隊だった。
これから毎日、教官や同期だったパイロット候補生達のチンポをボクのおマタに咥え込んで、慰めてあげるのだ。それをスることが出来るようになったことをボクは悦んでいる。
「ではイくぞ!!」
教官の声に
「「ハイ♪」」
と元気良く返事をし、ボク達はミニスカートからショーツをチラチラ見せながら実習船に乗り込んでいった。

 

実習船は港を離れると、ゆったりと宇宙に乗り出していった。

« 「虫」 | トップページ | 実験台(後) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポッドの中で…:

« 「虫」 | トップページ | 実験台(後) »

無料ブログはココログ