« 戦い(2/5) | トップページ | 奪い合い »

2009年11月14日 (土)

戦い(1/5)

俺は拳銃のグリップを握り締めた。
こいつは俺の分身だ。俺の命が尽きるまで、弾丸を吐き続ける事ができる。もちろん弾倉に入る玉数など完全に無視できるのだ。
俺の命が尽きるまで、白銀色の弾丸が発射されるのだ。

ひと度銃を抜けば、俺は人が変わったように、冷酷なガンマンと化す。
いや、実際に「人」が変わってしまうのだ。
他人からは「豚」と卑される肥満した肉体は、そこに見る影もない。腹は引き締まり、腕や脚にだぶついていた贅肉も消え去っている。
今の俺の腕は、銃を打つには些か貧弱に見えるくらい細いが、その内に秘められた筋肉の力は、元の数倍にパワーアップしていた。
パワーアップしたのは筋力だけではない。視力も回復し眼鏡がいらなくなるばかりではなく、裸眼で2.5くらいは出ていると思われる。更に、耳も鼻も感度が増していた。

しかし、これだけ大きく体型が変化してしまうと、服が問題となる。ズボンは元より、シャツもブカブカになり、だぶつく袖や裾が銃撃戦に付いていけないのだ。
俺は変身に備えて、袖のないランニングシャツを着ることにしている。胴周りのだぶつきは腰のあたりをベルトで絞めることで解決した。邪魔になるズボンを脱いでしまうと、見た目はミニ丈のワンピースを着ているようである。

それはそれで、今の俺にふさわしいコスチュームでもあった。
ミニ丈の裾から覗くむっちりとした太股は官能的であり、ベルトで絞められたウエストは豊かな腰と胸の膨らみを程良く強調してくれる…

そう。変身した俺はセクシーな女の姿なのだ。

 

敵の銃弾が飛んでくる。
股間にあった拳銃が、俺の掌に移ると同時に、股間のモノを失った俺の体は急速に女性化してゆく。足に絡まるズボンを脱ぎ捨て遮体に身を隠した。
弾丸が俺の脇をすり抜けて行く。敵もまた、俺と同じように銃を抜いて女となった男に違いない。何発も連射してくるからには、相当精力に自信のある男だったのだろう。
ベルトを腰に締め、携帯パンプスを穿いた俺は、少しづつ位置を変え、敵の死角に回り込んだ。
敵は今まで俺がいた辺りばかりを狙って撃ち続けていた。俺はトリガを引く。
最後の瞬間に遮体から飛び出すと、捉えた敵に向かって弾丸を発射した。
反動は強烈なエクスタシーだ。
2発、3発と敵の体に弾丸を打ち込んでやった。
「ああん、あん、ああ~~~ん♪」艶めかしい嬌声をあげているのは俺自身だった。
下半身が暑くなり、股間が潤んできていた。

 
トリガから指を離した。
敵は力なく、俺の前によこたわっている。
敵の持つ拳銃の銃口から、液化した弾丸が滴り落ちていった。
俺は奴の拳銃に向けてトリガを引いた。拳銃は粉々に粉砕され、塵となって消え去っていった。
残ったのは、自らの男性を失った敵のなれの果てである。

無垢の女が目覚めた。
彼女は何も知らない。自分が拳銃を持ち、目の前の俺と戦った事も、自分の名前も過去も、そして「男」だった事も忘れてしまっている。
「あ、貴女はだれ?ここはどこ?あ、あたしは?な、何も思い出せない…」と、その姿と同じか弱い女のように泣き崩れてゆく。
いや、既に彼女は、ごく普通の「か弱い女」なのだ。
「大丈夫よ。専門のお医者さんが診てくれるからね♪」
俺は彼女を立たせると「施設」に連れていった。

 

彼女を職員に引き渡すと、俺は近くのホテルに向かった。
銃撃戦で火照った肉体が家に戻るまで保ちそうにないのだ。
既にショーツはぐっしょりと濡れ、太股にも雫が垂れ落ちてきていた。

もう我慢ができなかった。
俺はベッドの上でショーツを引き千切った。開いた股間では肉襞がヒクヒクと雛鳥のように餌を待っている。
俺はソコに自らの拳銃の銃口を突っ込んだ。
「ああん♪あ~~ん!!」
俺は快感に支配される。
股間の発する、クチュクチュと卑猥な音が辺りを包み込む。
銃口は形を変え、俺の女陰に最大の快感を与えてくれる。
「イクゥ、イッちゃうのォ~♪」
俺は快感の頂に放り投げられていた…

« 戦い(2/5) | トップページ | 奪い合い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦い(1/5):

« 戦い(2/5) | トップページ | 奪い合い »

無料ブログはココログ