« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月26日 (金)

夏合宿

 
暑い!!

叫んでも何が変わると言う訳でもない。エアコンも扇風機もない旧校舎で合宿することになったのは、勿論「金がない!」からに他ならない。
虫が飛び込んでくるのも厭わずに窓を全開にしているが、暑く重たい空気は一向に流れでてゆく気配がない。床の上に毛布を敷いただけの所にザコ寝していたが、執拗な暑さに皆も目を醒ましていた。

「プールに入らないか?」と誰かが言った。「水着なんか持ってきてないぜ。」「こんな夜中に誰が見てるって言うんだ?俺達だけなら素っ裸でも問題ないだろ?」
話はまとまり、俺達はプールの前に来た。が、プールに続く更衣室の入り口が頑丈なチェーンと鍵で閉ざされていた。フェンスをよじ登ぼろうかと思案していると、「こっちは開いてるぞ!」との声。
何故か女子更衣室側の入り口には鍵が掛かっていなかったのだ。
禁断の園に足を踏み入れてゆく。明かりは灯せないので、薄暗い中を進んでゆく。
「どおせなら、ココで脱いでいっても良いんじゃないか?」
俺達は一斉に服を脱ぎ始めた。

「何だコレは?水着じゃないか?それも人数分あるぞ♪」
手渡しで送られてきたのは女子のスクール水着だった。
誰も、何も言わず水着に足を通していた。

 

「ああ、気持ちイイ♪」「生き返ったミタイ。」
プールに女の子達の声が漂う。
「そうよ。アタシ達は生き返ったのよ♪この水着が着られている限り、アタシ達はこの世に戻っていられるの。思う存分生身の肉体を楽しみましょうネ♪」
プールから上がった娘はプールサイドに横たわると、淫らな行為をシ始めた。独りでスる者もあれば、互いに慰め合う娘達もいた。

 

やがて、空が白み始める。
悦びに満足し疲れた体は眠りについていた。そして、夜が明けるとともに、闇の世界の魂は肉体から切り離され、元の世界に引き戻されてゆく。
後に残された肉体とともに「彼等」が目覚めた…

「お、おい!皆、起きろ!!」
最初に気づいた奴が声を上げた。
「えっ?誰?」と次に気づいた奴が聞く。と同時に「な、何?この声?」と自分の声に違和感を感じる。
「俺が判るか?」と声のする先を見ると、そこには見知らぬ女の子が居た。「誰?」との問いに「自分の体を見てみな?」と言われ、視線を落とした。
膨らんだ胸に手を当てる。「ある?」そして股間に手を伸ばす。

「ない?!」

 
やがて次々と水着姿の女の子達が起き上がり、同じ言葉を繰り返した。

 

*****

女子水泳部が遠征中にバスの転落事故に合い全員が死んだのは、もう何年も前の事であった。それ以来、この学校に女子水泳部は存在しない。

プールで発見された謎の女の子達が合宿中の男子生徒であったと判明し、元の姿に戻れないとも宣言された。性別は変わってしまったがこの学校の生徒である事には間違いないと、学校もそのまま受け入れることに落ち着いた。
しかし、彼(彼女?)等が女子水泳部を復活させたか、それとも、今まで以上に怠惰な部活動に励んだかは…

読者諸氏の想像に任せたいと思う。

雨宿り

 
急に雨が降り出してきた。
傘など用意していないので濡れるに任せるしかない。

…それにしても寒い…

服を濡らした雨水はどんどん体温を奪ってゆく。体温を奪っては次から降り続く雨水に場所を譲り、地面に向かって落ちてゆく。
僕に残された体温は、あと僅かとなっていた。もう10分もすれば全ての体温を奪われて、僕は動けなくなるだろう。更に雨に打たれ続けていれば、そのうち心臓も動きを止めるに違いない。

しかし、今はまだ動くことができた。一歩づつ足を進ませていける。どこかに雨宿りのできる場所があるはずなのだ。僕は雨に霞む景色の向こうに何かがないかと、度々、目を凝らして辺りを眺めていた。

つい、一瞬前までは、そこに家があるとは想像さえも出来なかった。ふと見ると、僕の目の前に玄関の扉があった。庇の下で雨宿りができる…

僕がそこで一息ついていると、カチャリと扉が開いた。上品な初老の女性が顔を覗かせた。「寒いでしょう?中にお入りなさいな。」
僕がためらいを見せると「さあ♪」と扉を広げた。このままでは彼女も濡れてしまうと、僕は家の中に入ることになった。
フカフカのバスタオルが用意されていた。恐縮しつつ、体の水気を拭き取っていると「お風呂も沸いていますよ。体を温めていらっしゃいな。」と浴室に案内された。
「お洋服、乾かしておきますから。代わりにうちの子供のお古でなんですけど、着替えを置いときますね♪」と綺麗に畳まれた服の山が脱衣籠に置かれた。「暖かいものを用意しておきますから、ゆっくりと入っていてくださいね♪」と彼女は台所に向かっていったようだ。

湯船に浸かると生き返るようだ…
「ふ~う♪」何度も溜め息をついて、心地よさを実感する。濡れた頭もお湯を被ると、髪の間に残っていた冷たい雨水が流されすっきりとした。
茹だり過ぎないように風呂から上がると、ここにもフカフカのバスタオルが用意されていた。体と頭の水気を拭き取ると、脱衣籠の中の着替えを手にした。

????????

最初に手にしたのは下着…パンツだったが、どうみてもブリーフには見えない。純白の布地には前開きがなく、代わりに上部に赤いリボンが付けられていた。
彼女の子供って女の子だったのか…
そんな認識よりも、コレをどうするか…である。多分男物の下着などないのであろう。シンプルな白のものにしたのが、彼女の思いやりなのかも知れない。
さすがにブラジャーはなかったが、肩の部分が紐状のキャミソールはランニングシャツと思い込むには無理があった。
靴下は白のソックスだった。ワンポイントもない、全くの無地であったので、これだけは違和感なく穿くことができた。が、最後に着ることになったのは、ワンピースだった。
これも彼女の精一杯の思いやりなのだろう。背中にはファスナーもなく、ただ被れば良いだけのものだった。装飾もほとんどなく、丈の長いシャツを着ていると思えなくもない…
が、身に着けるものはそれだけであった。ズボンを穿いていないので、お尻がパンツ一枚に包まれているだけになる。心もとないところに加え、スカートの中では太股が素肌を触れ合わせることになり、その違和感は何とも言いようがない。

リビングに戻ると「サイズは大丈夫ね。」と当然のようにその姿を彼女の前に晒すことになる。「こんなモノしかなくてごめんなさいね。」と素直に謝られるとなかなか文句を言いようがなくなる。
「こちらに暖かいものを用意してありますから♪」と食卓に案内された。椅子に座ると、スカートを穿いていると意識してか、自然と脚を揃えていた。

暖かなスープが腹を満たすと、突然に眠気が襲ってきた。「雨は上がりそうもないし、すぐに夜が来てしまうわ。ベッドはありますから、遠慮せずに泊まっていきなさいな。」
僕は彼女の娘が使っていた部屋に案内された。寝間着はネグリジェだった。僕は何も言わずにネグリジェに着替えるとベッドにもぐり込んだ…

 

 
夜は明けたのだろうか?外はまだ雨が降り続いていた。
トイレに向かい、便座を起こしかけて思い直した。このまま立って小用を足すとネグリジェを汚してしまうかも知れない。僕は女の子のようにネグリジェの裾をたくし上げて便座に座った。何故か飛沫が太股を濡らしたので、終わった後も女の子と同じように紙で股間を拭っていた。
部屋に戻ると新しい着替えが用意されていた。下着はキャミソールではなく、ランニングシャツのように肩の部分が幅広になっていた。しかし、丈が異様に短かった。お腹の部分が全く空いてしまっていた。その上に昨日と同じようにワンピースを被った。さすがに2着目はレースの飾りが付いていた。
食卓の方で音がしたので向かってみると、朝食の用意が進んでいた。「おはようございます。」と彼女が挨拶してきた。どこか雰囲気が違うよいに見えた。化粧でもしているのか、肌の色艶が良くなっているようだ。「もうすぐ出来ますが、その前にちょっと良いかしら?」と窓際の椅子に座るように指示した。「寝癖を直しますね。」と僕の髪にブラシをあてた。「こんなふうに、他の人の髪の毛をとかすなんて何年ぶりかしらね♪」
彼女のブラシは気持ち良かった。彼女の娘は毎日こうやって髪を梳かされ、綺麗に束ねてもらっていたのだろう。僕の髪も左右で束ねられていた。何の飾りもない黒のゴムを使っていたのは彼女なりの心遣いなのだろう。

質素な朝食であったが、とても美味しかったし、見た目に量が少ないと感じていたのに、食べ終わってみると十分な量であった事が解った。
「片付けはお手伝いします。」と言うとエプロンを用意してくれた。彼女とお揃いの花柄の可愛らしいデザインであった。僕には似合うものでも、彼女の年齢には可愛らし過ぎるのでは?とは思ったが、今朝の彼女は若々しく見え、花柄のエプロンにも違和感がなかった。
昨日は彼女の髪には多くの白髪が混ざっていたはずだ。しかし、今の彼女の髪には白髪の影すら見られない。更に若々しく髪に艶が出ている。初めて見た時の年齢の半分位に若返っているのではないだろうか?
「片づいたら、お茶にしましょうね♪」と、片づいた食卓の上に紅茶とクッキーが並べられた。エプロンを外して席につこうとすると「ちょっと待って♪」と呼び止められた。「コレをしてみない?」と服と同色の布が出てきた。彼女の手で腰に巻かれ、後ろで形良く蝶結びされた。「どう?」と鏡に映された僕の姿はリボンが付いたことでいっそう可愛くなっていた。
「お茶をしたら、もっと可愛い服もあるから着てみない?」僕は何故か彼女の誘いに従っていた。

彼女の手で背中のファスナーが上げられた。フリルの沢山付いたピンク色のワンピースだった。「少しお化粧もしましょうね♪」
最後に口紅を塗られ、見せられた鏡の中に「僕」は存在していなかった。そこに居たのは僕と同じ年の可愛い女の子だった。
「ねぇ、このままあたしの娘にならない?」鏡の中の二人の女の顔は母娘か姉妹のように似通っていた。そう僕だけでなく、彼女もまたその姿に変化があった。一つに今朝から感じていた年齢の問題。彼女は確かに若返っていた。顔や腕にあった皺や弛みは姿を消し、瑞々しさと弾力を備えていった。
そればかりではなく、雰囲気が僕自身に近づいてきていた。「そんなに似ているとは思っていなかったけど…」「それはね、あたしがあなたの若さと活力をもらったからなの。特に男性の持つ生命力はたまらないわね♪」僕のつぶやきに答えるように、彼女が耳元で囁いた。
「母娘よりも姉妹の方が良いかしらね。そうそう、せっかくのドレスを汚すといけないわね。」と、ピンクのワンピースが脱がされた。「ほら、こうやってあなたの精気をもらうとね…」彼女の唇が僕の口を塞いだ。何かが僕の中から彼女の方に流れ込んでゆく。
胸がムズムズしだした。その胸に彼女の指が食い込む。「ほらね♪」彼女は更に若返っていた。鏡の中の二人はまるで姉妹である。熟れ切った肢体の姉と今だ発展途上の妹。でも、同じ血を引いているように、その胸の膨らみは、すぐにも姉と肩を並べると思わせる程の張りがあった。
「もう、あなたの男性はあらかた頂いたかしら?」彼女の手が胸から降りてゆく。パンツの中に入った指は、股間の溝に割り込んでいった。「おちんちんが無くなったのには、何時気がついたのかしら?」と溝に沿って指の腹を前後に動かす。「あなたのココは、もうすっかり女の子よね♪」
肉体の奥から染み出てくるものがあった。「気持ち良かったら、声にして良いのよ♪」彼女の指が僕のナカに入ってきた。クチュクチュと淫卑な音がする。指が敏感な所に触れる度に、声がでそうになる。「我慢は良くないわよ♪」ともう一方の手が胸に廻された。僕の胸で膨らんだ乳房の先端に触れた。
「あ、ああっ!!」
乳首を摘まれ、捻られた痛みに声が上がった。続けて股間が責められる。「ふぁ、ああん…」僕は女の子のような喘ぎ声を上げていた。
彼女の指は執拗に僕を責め上げてゆく。僕は快感に悶え、喘ぐしかなかった。
快感は高みに向かって駆け上がってゆく。
僕は叫んでいた。
それがイクッて事だと後で知った。

 

 
鏡には瓜二つの女の子が映っていた。
「こんなモノかしらね♪」と一方の娘が立ち上がる。もう一方の娘はスヤスヤと寝息をたてていた。立ち上がった娘はサイズの合わなくなった下着を脱ぐと、寝ている方の娘から剥ぎ取った。その上にピンクのワンピースを着る。
「貴女の服も乾いているわよ。」と傍らに置いてあった服を、寝ている娘に着せていった。

 

 
朝が訪れていた。
僕は地面の上にうつぶせに寝ていた。
腕を張って体を起こす。頬に垂れてきた髪の毛を掻き上げた。
立ち上がり、体の前面に付いた砂を払い落とした。
当たりを見渡すが「家」などどこにもない。そこには鬱蒼とした草原が広がっていた。
「クスッ」と女の子の笑い声がした。振り向くと、木々の間にピンク色のスカートの端が消えていく所だった。
「ちょっと!」と声を掛けたが、もう何も見えなかった。追っても無駄だと解っている。
僕はそのまま、家に向かって歩き始めた。

 

 
*****

「昔の話ね♪」
「その娘が君だと言うのかい?そのピンク色のワンピースは確かに君に似合っているよ。だけど君が男の子だったなんて信じられないよ。」「じゃあ、試してみる?貴方がこのドレスを着れるようになるか♪」
女は「クスッ」と笑うと男に抱きついていった。

転機

 
上得意の客をひとつ失った。
不況の波がヒシヒシと押し寄せてくるのが実感できた。このまま売り上げが無ければ、すぐにでもリストラされるのが目に浮かんできた。

「オジサン♪イヤなコトみんな、忘れてミない?」

公園のベンチでうなだれていた俺に声を掛けてきた娘がいた。
高校生ではないだろうが、化粧は濃く派手な服を着ていた。「援交できる程の余裕は無いよ。」と俺が言うと、
「違うヨ。コレはあたしのジゼン事業。ネェ、付き合ってみない?」
彼女の言葉に、俺はフラフラとベンチから立ち上がり、後に付いて行った。

 

ラブホテルの一室だった。
彼女は部屋に入るなり俺の前に跪くとフェラチオを始めた。俺はどう行動して良いか判らずに、されるがまま、その場に立ち尽くしていた。
肉体は俺の意思とは別に反応してゆく。快感に硬くなり、あっと言う間に最初の精を吐き出していた。
「濃いのね。ずいぶん貯めていたんでしょ♪」彼女の問いに答えるべきか悩んでいると、
「ゲームしない?」と言ってきた。「ゲーム?」
「そう、今みたいにあたしがフェラして、あなたが何時まで頑張れるか。制限時間を超えたらあなたの勝ち。あたしを自由にして良いわ。制限時間内ならあたしの勝ちね。ちょっとだけ、あたしのお願いをきいてちょうだい。もちろん、お金を要求したり、犯罪に手を貸すような事はしないわ。それに、制限時間はあなたが決めて良いのよ♪」


結局、俺は制限時間のはるか手前で負けを認めることになってしまった。
「で、何をすれば良いんだね。」
クスッと彼女は小悪魔的な笑いを浮かべた。
「もう一度、同じゲームを…ただし、今度は立場を入れ替えてね♪」
俺は彼女の前に跪かされた。「制限時間は10分ね。」とスカートを捲りショーツの中から俺のより立派な逸物を取り出した。
「さあ、頑張ってね。」と強引に俺の口にペニスを突っ込んできた。「1分経過」と残された時間を知らせる。「あたしが勝ったらね…」と俺が負けた時に降り掛かる責め苦を語り始めた。
「先ずは女装してもらおうかな?スカートを穿いて、お化粧して…
 

…あと2分。」奴のペニスは十分に硬いのだが、一向に達する気配を見せない。俺の顎はくたびれ、しばらくは口も閉じれないだろう。舌ももう殆ど感覚が無くなっていた。
「電車の中で、お前のケツマンコにぶっ込んでやるぜ。」俺は電車のドアに押し付けられ、後ろからスカートの中にペニスを突き立てられている自分を想像していた。電車がトンネルに入ると、ドアのガラスが鏡のように恍惚とした俺の顔を映し出していた。
「あと1分。女の子みたいに、おねだりしたら出てくるかもしれないよ♪」クククッと奴が嗤う。「お、おネガい。ダして…」「何を、どこに?ほら、もっと女の子の気持ちになって言ってみな♪」
俺はまともに動いてくれない口を強いる。「アタチのォくちのナカに、セーエキをチョーラい…おねかィ♪」
「そうか、欲しいか?じゃあ出してヤるから、感謝して、悦んで全部飲み込んでみな♪」と奴が言うなり、ペニスの中を熱い塊が押し寄せてきた。俺は言われた通り、余さずに飲み込んだ。が、奴は「何だ、その顔はちっとも悦んでないじゃないか?」と言い放つ。
俺は奴を見上げる顔に無理矢理笑顔を乗せた。「多少はマシになったかな?それじゃあ、ご褒美をあげよう。服を全部脱ぎな。お前の可愛いケツマンコに一杯注ぎ込んでやるから。な?」
「な、何で…」俺はようやくそれだけを口に出した。
「10分はとっくに過ぎているんだ。つまり、お前の負けだ。お前はオレの言う事に従わなければならない。これまでオレが聞かせてやった事が全部できたら解放してやる。」
俺は何も反論出来ずに服を脱ぎ始めていた…

 

俺はいつものように3両目の後ろのドアの所に身を寄せていた。電車がホームに止まると新たな乗客が押し込まれてくる。
再びドアが閉まり電車が動き出すと、俺の尻に触れてくる手があった。特定の目的をもって俺の尻を撫でまわしてくるのは、奴の手しかない。
スカートの中に潜り込んだ手がショーツを引き下ろした。「オジサンも相当のヘンタイになっちゃったね♪」「良いのよコレで。出勤前のイッパツで気分一新、営業成績も上がっているわ。」「あたしにはそんなの関係ナイけどネ♪」彼女の硬いペニスが俺のナカに入ってきた。
電車はトンネルに入る。ガラスには二人の女の顔が映っている。化粧をした俺と、その後ろに密着した彼女の顔。
「アタシ」は恍惚の表情を浮かべて、彼女の注ぎ込むセーエキを受け入れていた…

 
***
 

「今後ともよろしくお願いします。」俺はトイレの前で口の端に残った白いモノを拭って、深々と頭を下げた。
あれは、俺にとって最大の人生の転機だった。彼女は俺の隠れた一面を引き出してくれた。それは俺にとり、良い方に転んでくれたようだ。
俺は、また一件増えたお得意様に尻を向けると、艶めかしく腰を振りながら次のお得意様の待つビルに向かって歩いていった。

2009年6月21日 (日)

最強戦隊誕生

 
すみません m(_ _)m

本作品は「奈落の部屋」に移動させていただきました。

TOP http://homepage3.nifty.com/PFB01406/index.htm

最強戦隊 http://homepage3.nifty.com/PFB01406/MAX_m.htm

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

無料ブログはココログ