« 変わらない日々 | トップページ | 密航者 »

2008年10月 4日 (土)

熱…

 

俺の肉体の変化に最初に気づいたのは、子供の頃からの腐れ縁の加奈子だった。
「亮ちゃん、その胸ちょっとおかしくない?」
汗に濡れたパジャマを剥ぎ取られ、肌けた胸で乳首が異様に膨らんでいた。

 
熱を出して寝込んでいた俺を見舞いに来た加奈子が最初にとった行動が、部屋の換気と濡れたパジャマを剥ぎ取る事だった。勿論、パジャマを剥ぎ取ったのは、それを洗濯しようとしただけで、俺が裸になったのは、その副次的な効果でしかなかった。
肉体の異常は乳首の変化だけではなかった。全体に胸が厚くなっている。思春期に入ったばかりの女の子のような膨らみとなっていた。「ねえ、下はどう?」加奈子も俺と同じ病気を想像していたようだ。
俺はパンツの中に手を入れた。

無くなってはいなかったが、幾分か小振りになっている気がした。「な、何ともないよ。」俺は努めて平静を装ってそう答えた。「熱で体が変調しているだけのようね。」加奈子は替えのパジャマを渡してきた。「下も洗濯するからね。風呂場に干しておくから、適当に着替えるのよ。」
俺は着替えると、布団の中に潜っていった。

「女の子になる病気」…最近、しばしばニュースに登場している原因不明の奇病だ。
伝染性はなく、死ぬこともないので興味本位に取り上げられた記事は、他人事としてしか見聞きしていなかった。罹るのは若い男性のみ。高熱を発して数日寝込むが、その後は何事もなかったように元気になる。ただ、彼の肉体は女の子になってしまっている。男の時の面影は残しているものの、その体は完全に女性のものとなっている。
記事には、男と結婚して子供まで産んだ人もいると書かれていた。
「俺…、女の子になっちゃうのかな?」洗濯を終えて加奈子が出ていったあと、そっと呟いた俺の声は自分の声ではないような、かすれた、少し高めの声に聞こえた。

パンツの中に手を入れ、おちんちんを掴んでみた。俺はまだ男だよな。と言い聞かせながら弄ぶ。グラビアアイドルの脳殺ポーズを思い浮かべる。いつもなら即に硬くなる筈が、一向に変化が見られない。
ならばと、俺はAVをモニタに映し出した。全裸の女が男の前に跪いている。女の口の中を男のペニスが出入りしている。
あぁ…
ドクリと心臓が鳴った。掌の中でペニスが反応した。俺はペニスを刺激しながらモニタを見続けた。俺の視線はいつもと違い、男のペニスの方に釘付けになっていた。
太いペニスが女の口を離れる。俺はごくりと唾を飲み込んでいた。グロテスクなペニスが俺の目の前にあった。このペニスを咥えさせて欲しいと思った。下半身が熱くなる。ヌルリと太股の内側が濡れていた。

女が仰向けに倒される。脚が抱えられ、男のペニスが女の股間に突き立てられた。「ああん、あん、あん…」女が男の動きに合わせて喘ぎ声を上げた。
男の動きに合わせて、俺もペニスを刺激する。快感が伝わって来る。快感に声が漏れる。「ああん、あん、あん…」何故か、俺の声はAVの女の声とシンクロしていた。
女の喘ぎなのか俺の声なのか判らなくなっていた。「あん♪ソコ…イイ…」俺は掌でペニスを押さえ付け、その奥にあった隙間に指を割り込ませていた。「ああん♪モット激しく…」俺は更に奥へと指を突き入れた。俺の腹の中で指が動いている。快感が溢れだす。
「あん、あん、あん…」喘いでいたのは俺だった。俺の股間は俺自身が撒き散らした愛液でぐしょぐしょになっていた。俺はAVの女になりきっていた。男のペニスに突かれ、悶えているのは俺自身だった。俺の頭はオンナの快感に塗り潰されていった。
「あ、あ、あっ…」絶頂がすぐそこまで来ていた。「い、イクゥ♪」限界を超える。
「あぁ、あ~~~ん!!」俺は嬌声を発していた。

 

熱は退いていた。汗と汗以外のもので濡れたパジャマを脱ぎ捨てた。既に、俺の股間からペニスは消えていた。胸の膨らみは隠すことができない程に成長していた。俺の肉体は、完全に女のものになってしまっていた。
着替えようと箪笥の引き出しを開けたとき、ふと加奈子が置いていった紙袋が目に入った。加奈子が帰れずにここに泊まる事になったときに使う着替えが入っている。
俺は紙袋を開いていた…

 

鏡には加奈子の服を着た、加奈子ではない女の子が写っていた。男のような髪型で、化粧もしていないが、その子が女の子であることは誰もが認めることだろう。
胸に手を当てる。ブラジャーの下に柔らかな膨らみがあった。
「これが、俺…」その声もまた、かん高い女の子の声だった。
くるりと回るとスカートが舞い上がる。「キャン♪」と両手で押さえつける仕草は、もう女の子そのものだ。

俺…あたしはもう一度鏡に向かった。

「これからよろしくね♪ 女の子の あ・た・し」

« 変わらない日々 | トップページ | 密航者 »

コメント

女の子になった彼。
彼女との関係をどうするんだろう?
彼女は、男になる奇病にかかったりして

男になる奇病ってのはおもしろそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱…:

« 変わらない日々 | トップページ | 密航者 »

無料ブログはココログ