« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月 4日 (木)

メタボ

「メタボ対策が必要ですが、どのコースにしますか?」

とメニューが渡された。
 

1.生活習慣改善コース
つまりは、もっと運動しろと言っている。俺にはそんな暇も体力もない。

2.食生活改善コース
俺は好き嫌いは無い方だが、あれはダメ、これはダメといちいち覚えるのが面倒だ。更に、材料毎に何グラムまでとか細かい事は気にしていられない。

3.サブリメントコース
薬で抑えられるのなら面倒なことはないだろうと言われるが、何時に何を何粒だとかいうのが面倒なのだ。

4.外科手術コース
強制的に内蔵脂肪を削ぎ落とすと言うものだが、入院なんかしている暇もない。

「これしかないのか?」と聞くと「ない事はないんだが、まだ研究段階でとうてい勧められるものじゃないよ。」と言われた。「ちなみに、どんなものなんだい?」「下着だ。」「下着?」「そう。着ているだけでメタボが解消する。特殊な縫製で内蔵脂肪を締め上げ、効率良く燃焼させる。着るのにちょっと難があるが、着てしまえば快適そのもの。バイオコーティングが施してあるので、長期の連続着用も可能になっている。」「それ、良いじゃないですか。」「まだ、研究段階だよ。最近試作ができあがったばかりだよ。」「じゃあ、データが必要でしょ?俺が着るから、そこからデータを取れば良いじゃないですか。」「良いのかい?」
「もちろん♪」

 
それはボディースーツと言われる上下一体となった下着だった。「トイレの時は股間のボタンを外す必要がある。小用でも個室を使う事になる。」苦労して着込んだ後にそう言われた。
最低でも2週間はモニタとしてコレを脱ぐ事はできない。まあ、2週間ならそれくらいの面倒も苦にならないだろうと、俺は着てきた服を再び着込んでいった。
下着を着ただけなのだが、既にズボンのベルトの穴が一つ移動していた。
「データは携帯電話から自動的に発信されるから、何も気にする事はないよ。普通に生活して、1週間後にまた来てくれないか?」

 
そうは言われたが、丁度1週間後に仕事が修羅場を迎えてしまった。報告に出向くどころか、家にも帰る暇が無くなっていた。瞬く間にモニタ期間の2週間も超えてしまっていた。
「主任、働き過ぎじゃないですか?」その頃には周りのメンバが心配する程、俺の体は痩せてきていた。しかし、それは不自然な痩せ方ではく、顔色は至って健康、肌も以前より瑞々しいくらいだ。気になる所と言えば、これだけ痩せてきているのに、胸の贅肉は一向に落ちる気配がない。全体のバランスから見ると、そこだけプックリと膨れて、女性の乳房みたいになっていた。

「主任、何か替えの服を持ってきましょうか?」数日後にはそう言われるくらい服がだぶついていた。ズボンも切って短くしたベルトで締めつけて辛うじて脱げないでいる状態だった。「何かあるのか?」と聞くと若いのが紙袋を抱えてきた。
ワイシャツがあったので着てみると、何故か俺の体に丁度良かった。胸の贅肉部分も特殊な加工がしてあるようで、ゆったりと収まっていた。
「ジャケットもありますよ。」と薄い黄色の上着が差し出された。着てみると、サイズ的には丁度良い感じだったが「丈が短くないか?」普通なら脚の付け根に届く位の裾が、腰の上までしかない。
「確か、そう言うデザインだったと思います。いや、何か足りないなぁ…」と紙袋の中を覗くと、「ああ、これだ♪」と何か取り出した。
「主任、ちょっと目を閉じていてくれませんか?」訳が解らなかったが、言われた通りにした。襟が立てられ、ネクタイでも結ばれているようだ。更に髪の毛が梳かされた。
「良いですよ。」と言われ鏡の前に立たされた俺は言葉を失ってしまった。
着せられた服は事務のOLの制服である事はすぐに解ったが、それ以上に髪の形を変えただけなのに、その服が俺の体に何の違和感も与えなかったと言うことだった。
俺が固まっている間にもズボンが脱がされていた。どこから持ってきたのか、ストッキングが穿かされた。ジャケットと同じ色のスカートを着けて、パンプスを履かされていた。
「な、何をやっているんだ!!」俺はようやく我に返った。「早く仕事に戻れ!」と追い返した。いくら違和感がないからと言って、女装して仕事をする訳にもいかない。俺は着せられた服を脱ぐと同時に、メタボ対策のボディースーツも脱ぐ事にした。着た時と逆の順序で脱いでゆく。締め付けられて細くなった腹周りは、脱いでもその細さを保っていた。が、胸の贅肉は拘束が解かれた途端、一気に膨らみを増した…

 

「ふう…」
俺は全身を写す鏡を見てため息をついた。それは、どこから見ても女性の肉体だった。大きく膨らんだバスト。くびれたウエスト。腰から尻への滑らかで肉感のある曲線。そして…股間からは男のシンボルが失われていた。
あのボディースーツは一人では再び着ることは不可能だ。すなわち、この体型を誤魔化す手段はない。見ると紙袋の中にもボディースーツがあった。もっともこれは女物の下着であったが、何故か抵抗なく着る事ができた。

「仕事を続けるぞ。」
OLの制服を着た俺が声を掛けると、いつも通りの修羅場が再開された。ぶかぶかの服より、身体に合った服を着ている方が仕事もはかどるようだった。あれよあれよという間に仕事が片付いてゆく。あと三日は掛かると思っていたのが、翌日の昼過ぎには目鼻がついてきた。
「ちょっと抜けるな。」俺はシャワーを浴びに席を立った。今着ているボディースーツにはバイオコーティングなどないので老廃物が溜まってくる。自分でも気になる程の臭いがしていたのだ。

シャワーの下で改めて自分の肉体を確かめてみた。
俺の身体は完全に女のものになっていた。伸びた髪の毛の髪質は柔らかく、顔を撫でる掌に髭が当たる事もない。浮きでた鎖骨、豊なバスト、引き締まったウエスト…
股間に手を当てる。トイレでも確認していたが、俺のペニスは跡形もなくなっていた。小水は股間から直接排泄されるので、終わった後は女のように紙で拭かないといけなかった。
シャワーの下で俺はその先を確認しようとしていた。肛門との中間で手を止める。指先は女の割れ目を捉えていた。肉襞は確認できなかったが、そこから奥に続く肉洞の存在が感じられた。指を立て、ゆっくりと挿入する。俺の股間から異物が侵入してくる感覚が届いてきた。
ピクンと乳首が勃起していた。「っあ!!」指の腹が敏感な所に触れ、思わず声が出てしまった。シャワーのお湯が俺の腕を伝って股間を湿らす。俺は更に指を推し進めた。中指が根元まで入っていた。肉洞は更に奥まで続いているようだった。
俺は指を曲げ、肉壁に触れた。「これが俺の膣なのか?」向かい側の鏡に瞳を妖しく潤ませた女の顔が写っていた。俺は空いた手を胸に当てた。バストの重さを感じる。更に、乳首に触れた。「あんっ♪」俺の口から女の喘ぎ声が漏れる。乳首を摘まみ、刺激を与えるとこれまでに感じたことのない快感が沸き起こってきた。
股間の指がシャワーのものではない液体に遭遇した。俺の女の身体が愛液を漏らしているのだ。俺は自分が完全に女になってしまった事を実感していた。

 
用意されていた新しい下着と洋服を着て仕事場に戻ると…
「主任、仕事も一段落した事だし、みんなで飲みに行きませんか?」これまで誘っても頑として靡かなかったメンバが、彼等の方から俺を誘ってきた。俺は嬉しくなってすぐにOKした。そのタイミングを計ったかのように、終鈴が響く。
俺はそのまま押し流されるように、街に連れ出された。
「カンパーイ♪」
テーブルを囲む皆の顔が明るく輝いていた。

メタボが解消されただけで仕事も人間関係も、こんなに良くなるのなら、もっと早くからメタボ対策をしておけば良かった。
俺は甘酸っぱいカクテルを飲みながら、そう実感していた。

 

友達だから…

俺の前に居る可愛い女の子が、親友の大悟だとはなかなか信じられるものではなかった。

「ストレス解消のために時々女装していたんだ。」さすがに声は大悟のままだった。「何で今になって俺に打ち明けるんだ?」
うっすらと化粧までしている大悟の女装は昨日今日始めたものでない事が判る。「道夫とこの格好で出かけたくなったから…て言うのじゃ納得できないか?」
ズイと顔を寄せて来る。その愛らしい唇に思わずキスをしたくなる。俺は「こいつは男なんだ」と言い聞かせ、最後の一線で踏み止まった。
「これまで家の中でしか女装してなかったんだ。けど道夫と一緒なら良いかな♪って思ったんだ。」踏み止まった筈の俺の唇に大悟の方から触れてきた。
大悟が俺に抱きつく。成り行きで俺も大悟を抱き締めていた。その可愛さに俺の股間が反応する。
ジュン!!
今の俺には勃起すべきペニスがなく、代わりに股間の溝から汁が落ちてくる。そう、今の俺は「女」だった。

 
飛鳥道夫という「男」は一ヶ月程前に「女」に変わってしまった。もちろん、本人が望んでなった訳ではない。最近流行の女性化症候群というやつで、高熱で3日間寝込んだ末に俺の肉体はすっかり「女」になってしまっていた。
俺は自分が女になった事を認め難く、一人称は「俺」のまま、服も男物で通している。もちろん、恋愛対象は女である……が、大悟のこんな姿を見ていると、男同士なのにイケナイ感情が芽生えてしまいそうだった。

大悟に引き擦られるようにして、俺達は駅前の大型スーパーに来ていた。「一度ゆっくり見てみたかったんだ♪」と大悟に連れて来られたのは女性の下着売り場だった。
男同士ではあるが、大悟の女装は完璧であり、どこから見ても女の子そのものだった。俺の方は男物は着ていても、体型はすっかり女になっているので、端から見れば女の子同士にしか見えないだろう。だから、誰にも咎められることなく、俺達はこうして下着売り場にいられるのだ。
「あ、これなんか可愛いね。これも素敵♪」と大悟はあちらの棚、こちらの棚と飛び回っている。俺は彼氏にでもなったつもりでその後を付いてゆく。
「ねえ、これお揃いで買わない?」とピンクのブラとショーツのセットが俺の目の前にぶら下げられた。「俺はいいから、自分のだけにしとけよ。」「でもアナタ、ブラ持ってないでしょ?今は良いかも知れないけど、形崩れるって。」「俺は気にしないから…」と拒絶していたが、いつの間にか近づいた店員に胸のサイズを測られ、カゴの中には水色のセットが放り込まれていた。

「ねえ、着けてみて♪」本日の戦利品がベッドの上に並べられていた。ほとんどは大悟のものであったが、俺が買わされたものもいくつかある。大悟は最初の店で買ったブラとショーツのセットを取り出して言った。
「お揃いだから、あたしも一緒に着替えるね♪」と言って大悟はワンピースのチャックを下ろし始めていた。「道夫もね。」と下着姿となった大悟は俺のズボンのベルトを外した。
突き放すべきかを考えているうちに、ズボンは足元に落ちていた。パンツが下ろされ、シャツも脱がされてしまう。服を剥ぎ取られてしまった俺には、ブラとショーツしか着けていない大悟が、可憐な女の娘にしか見えなかった。
男の…野獣の前に供えられた餌…いたいけな小動物…俺の…獲物…
俺は大悟を…女を組み敷いていた。ブラの上から乳房を掴む。「あぁ…」女は痛みに顔をしかめる。指の力を緩め、優しく揉むようにすると、女の顔は快感に蕩けていった。
ショーツを下ろし、淡い淫毛の下の亀裂に舌を這わせた。今だ濡れていない股間を俺の唾液で潤してやる。十分に濡れた所で女の秘裂に指を差し込んでやった。
「ああん♪」女が快感に喘ぐ。俺は更に奥へと指を送り込んだ…
が、行く手が阻まれた。秘裂はそこで終わっていた。
「ダメよ。気にしないで。」女は俺の手を握った。そのまま体を入れ替え、女は俺の上に跨った。女の股間が剥き出しの俺の股間と密着する。
俺の股間から不思議な感覚が沸き起こった。
「ああん。道夫のがアタシのナカに入ってくる♪」と女が喘ぐ。俺は失われた筈の俺のペニスが女の股間を貫いてゆく錯覚に囚われた。いや錯覚ではない。確かに俺と女はペニスで結ばれていた。女が腰を揺すると、女の膣の中で俺のペニスが暴れまわる。「ああん、ああん♪」女は快感に嬌声を上げる。女はどんどん上り詰めてゆく。同時に俺の股間も快感に爆発寸前となっていった。
俺が気を放つと同時に女はイッたようだ。力なく体倒し、俺の上に体を横たえる。ブラに包まれた胸が俺の胸に合わさる。胸の肉塊が圧し潰される。
「ぁあん…」小さな喘ぎ声が漏れた。
ブラの生地に乳首が刺激され、俺は思わず女のように喘いでしまっていた。「今度はボクが気持ち良くしてあげるね♪」大悟はブラを外した。
男の胸が直接俺の胸を圧していた。大悟は体をずらすと、その口に俺の乳首を含んでいた。俺の「女」の肉体が反応する。肉体が快感に染め上げられる。
(?!)
女に挿入していた筈の俺のペニスが、俺のナカに突き立てられていた。俺の膣でペニスがあばれる。俺の出した愛液が溢れ隠微な音をたてる。
「あん…ああ~ん♪」俺は女のように媚声を漏らす。「気持ち良いか?」大悟が問う。「な、何か来る。」「そうか?それが女の快感だ。」「だ、ダメ!!来ないで!」「それ、イけ!イッちゃえ!!」
俺の頭の中が真っ白に塗り潰された…

 
「女の子になったんだから、もっとオシャレを楽しむべきよ♪」大悟はいつの間にか、俺用のワンピースを買っていた。お揃いの下着の上にワンピースを着て、俺は椅子に座らされていた。大悟が俺の顔に化粧を施してゆく。
「できたよ♪」
大悟に促されて立ち上がり、鏡の前に立った。「これが俺?…」俺は声を失ってしまった。鏡には一人の美女が写っていた。それが俺自身であることが即には信じられなかった。
「こんなに美人なのに何も磨かないなんて、犯罪だと思うよ。」大悟が俺の脇に立った。「だ、大悟。もしかして女になりきれていない俺の為に女装までして…」「その姿で『俺』はおかしいよ。」「わ、わたし?」「そう。道夫は女の子だよ。」
俺…わたしの胸の奥がキュンとなった。
「だ、大悟…」「ん?」「ありがとう♪」
あたしは彼に抱きついていた。彼の力強い腕がわたしを抱き締める。
唇が重なる。
「ねえ、もう一度…」
あたしは再び裸になり
彼に抱かれていた…

 

落雷

雷が光った。

どどどーんと音がする。
空は一気に黒雲が覆さり、大粒の雨が瀧のように落ちてきた。道の真ん中にいつまでも立ち止まっている訳にもいかない。光と音の間隔がどんどん短くなってゆく。
しかし、雨宿りできそうな場所は見当たらない。どちらに行けば良いのか?それだけで足が止まってしまう。
カッ!!
どどーん!
地面が揺れていた。どこかに落ちたのだろうか?
カッ!!
今度は俺が光に包まれていた。

 

何も聞こえなくなった。雷鳴も、地面を打つ雨の音も…
その一瞬で俺の肉体は灰となった。灰の塊は大粒の雨に打たれ、即にも形を無くす。跡には俺の意識だけが残されていた。

向こうから何かが近付いてきた。道を走ってきたのは大型トラックだった。何もなかったかのように、俺の上を通り抜けていった。
俺は何も感じなかった。まるで蜃気楼のようにトラックがすり抜けてゆく。しかし、実際に蜃気楼だったのは俺の方だった。今の俺には肉体が存在しないのだ!!

 
もう一台、クルマが近付いてきた。運転手は俺を認めたのだろうか、スピードを緩めていた。
クルマは俺を避けるようにしてハンドルを切ると、俺の脇に止まった。クルマの中にいたのは女だった。「あなた、あたしの声は聞こえる?」俺は「あ、ああ。」と応えていた。
「あなた、自分が死んでるって気づいてる?」「俺が?」とは言ったものの、俺もその可能性に思い至っていた。「で相談なんだけど、あなた生き返りたくない?もっとも、あなた自身の体は失われてしまってるから、別の体でって事になるけどね。」
俺は考える間もなく、OKしていた。「じゃあ、このヌイグルミを見て♪」彼女が差し出した犬のヌイグルミに目が奪われる…次の瞬間、俺はクルマの中にいた。
「じゃあ、行くわよ。」彼女がアクセルを押し込むとクルマは一気に加速した。俺は犬のヌイグルミの中で身動き出来ずにいた。

 

「ママ♪」
俺は短い足を一生懸命に動かして、その女の元に向かった。確かに俺は新しい体を手に入れたが、それは見知らぬ幼女のものであった。俺が近寄ろうとしているのは、この娘の母親である。
「ありがとうございます。」とママが頭を下げていたのは、俺をこの体に押し込めたお姉ちゃんだった。俺がママの足元に辿り着くと、ママの掌が俺の頭に乗せられた。俺はママのスカートの端を掴んでいた。
「しばらくは記憶の混乱もありますが、即に元のお嬢さんに戻りますよ。」お姉ちゃんが言っているのは、俺の意識がこの娘の記憶に取り込まれ、この娘と同化してしまうと言うことだ。既に俺の意識の一部はこの娘のものに塗り替えられてしまっているようだ。論理的な思考をする事が難しくなってきている。

不意に俺の体が抱き上げられた。「お姉ちゃんにバイバイしましょうね♪」ママが俺の手を振らせる。「バイバイ…」お姉ちゃんがクルマに乗った。エンジンが掛かる。ママが頭を下げた。俺はもう一度「バイバイ」と言った。クルマが遠ざかる。何故か俺の目に涙が浮かんでいた。

 

あたしは、以前ここに来たことのある不思議な既視感に捕らわれた。真っ直ぐに続いている道以外には何もない。しかし、その何もない感じが古い記憶の扉を引っ掻いている。
既視感と違っているのは、清々しい青空だけだった。既視感にあったのは黒い雲に閉ざされた闇と、不意にきらめく雷光の明かりだった…
轟音と煤煙を撒き散らして大型トラックが通り過ぎていった。俺はトラックに轢かれたのではない。トラックと遭遇したのは俺が死んでからだ。そう…俺は一度死んだのだ。
その後に来た女の手で俺は幼女として生き返ったのだ。その後の記憶は確かではないが、幼女は充分に成長したようだ。胸元に視線を落とすと、立派に膨らんだバストがあった。ブラジャーで寄せられた胸元の谷間がシャツの隙間から垣間見れた。
俺はスカートを穿いていた。股間に手を充てるが、そこには男の証はない。この体は正真正銘「女」の体である。指先に力を入れるとショーツの上から割れ目に指が食い込んでゆく。
(にたり♪)俺は誰も見ていない事を確認すると、道の脇の草むらに入っていった。草は俺の胸の高さまであり、しゃがんでしまえば道路から見られる事もない。
俺は背負っていたカバンを置き、草むらの中に腰を下ろした。先ずは服を脱いで全裸になる。若い女の裸体を充分に眺め回す。俺の意識が眠っている間に成長した部分をじっくりと確認する。
そして、俺は自らの手で成長した女体の確認を始めた。先ずは胸の膨らみを確認する。下から掌を充て、その重さを看る。指先に力を入れ、揉みあげる。俺の胸から「揉まれる」感覚が伝わってくる。
胸から暖かな快感が広がってくるとともに、胸の先端…乳首が硬く尖ってきた。片方の手を放し、乳首に触れた。「ぁあん」俺の口から女の吐息が漏れる。今度は乳首を摘んでみた。「んあんっ」痛みが快感となって俺の体を突き抜けてゆく。
かあっと股間が熱を帯びた。淡い陰毛の先が蒸れ始めていた。俺は乳首を弄んでいた手を下腹部に伸ばした。指先が割れ目に触れると、汗とは別の分泌物が絡み付いた。これは俺の愛液だ。指に愛液をまとわせると、更に奥へと指を滑り込ませた。
「!!」声に出す事さえできない強烈な刺激が俺の脳を殴り付けた。指の腹が、女の敏感な所に触れただけだった。しかし、それは痛みではなかった。快感の度合が強すぎただけ…
今度は優しく触れてみる。「あはぁあん♪」これまでに感じた事のない快感が訪れた。ジュンと膣に愛液が溢れる。俺は快感を求めて指を動かした。快感の高まる裏側で何か得体の知れない塊が形作られていた。股間とともに胸も責める。俺は訳の解らない叫びを発し続けていた。
「な、何かクる…」
快感の裏側にあった塊が一気に浮上してきた。「な、ナに?コレ?!」水面に向かう大きな気泡のように、俺のナカを昇ってくる。「あ、あ、あ…」水面に接した気泡が破裂する。「あ、あ~~~ん!!」

俺の頭の中は真っ白になった…

 

気が付くと、俺は草むらの中にいた。
あれがオンナの「イク」という感覚なのだろうか?とぼんやりしながら考えていた。あの快感を再び得られないかと、股間に手を伸ばそうとした。が、手が動かない!
いや、手だけではなく体全体、どこも動かす事ができない!!身動きが出来ないでいる俺を誰かがヒョイと持ち上げた。俺の目の前に女の子の顔があった…さっきまで俺の意識が宿っていた娘だ。「ねえポチ。何であたしはこんな所で裸になってるんだろう?」と俺に語りかけた。
ポチとは彼女が昔から持っている犬のヌイグルミだ。それは、俺が最初に意識を移されたヌイグルミだった。俺がイッたショックで俺の意識が弾き飛ばされ、再びヌイグルミに戻されたと言うのだろうか?
「ねぇ、何かアソコが変な感じがするの。何かが欲しくて堪らないの。」彼女はそう言うと、俺を…ヌイグルミを彼女の股間に押し当てた。鼻と口が彼女の割れ目に填まり込む。十分に濡れたソコは、即にも彼女に快感をもたらした。
「あん♪ああ~ん!!」彼女の喘ぎが聞こえ始めた。
彼女が再びイけば、俺の意識は彼女の中に戻る事ができるのだろうか?俺は闇の中でただそれだけを祈り続けていた。

 

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

無料ブログはココログ