« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月 5日 (土)

夢の中で…

「ほう、派遣先の女性課長に馬鹿にされた。さぞ鬱憤が溜まっている事でしょう。でも、現実世界での暴力はいけませんよ。何でしたら、良い処をご紹介しますよ。貴方の望みを叶えてあげられる筈です。とは言っても夢の中ですがね。でも、夢の中だからこそ、憎い相手を嬲り殺す事だって思いのままですよ♪」

 
俺は教えられた場所に来てしまっていた。繁華街の裏通りの朽れた雑居ビルの地下に降りてゆく階段を降り切った。薄暗い明かりの中で表札を確かめた。
俺がドアをノックしようとすると、カチャリとドアが開いた。「いらっしゃいませ。夢を見に来たのでしょう?さあさ、奥へどうぞ。」と、俺は躊躇する間もなく、ドアの奥に引き込まれていた。
「ここでは、貴方の望み通りの夢を見せてさしあげます。よろしければ、こちらのソファにお座りなさい♪」と皮張りのふかふかなソファに導かれた。気持ちを和らげるためと差し出されたハーブティを飲み干すと、術式が始まった。「簡単な催眠術で貴方の睡眠を誘導します。夢が始まれば、もうそこは貴方の世界です。貴方の望みが全て叶う、理想の世界がそこに待っています。」
「良いですか?」の声に俺は大きく頷いていた。「さん…にい…いち…」俺は夢の世界に沈み込んでいった…

 

俺が目を開くと、そこは女の部屋だった。シャワーの音がしている。部屋の中を見渡すと、机の上に出向先の会社の書類入れがあった。開かれている書類には、憎き女課長の印が押されていた。ここは、あの女の家か?
(そうです。あなたは派遣先の女性課長の部屋にいます。)俺の望みは、あの女をレイプし、そのまま絞め殺す事だ。(部屋の中をご覧なさい。ピアノが置いてあるでしょう?この部屋の防音は完璧です。どんなに大声を上げても外には漏れません。)
へえ、あの女ピアノなんか弾くんだ。やはりセレブな女は俺のような男を見下すのを何とも思わないのだろうな?(部屋の中を眺めるのはその位にしては?そろそろ彼女が出てきますよ。暴れないようにストッキングとかで拘束しませんか?)あ、ああ。適切なアドバイスありがとう。ストッキングなら寝室にあるのだろう。俺は寝室のドアを開け、下着の詰まった引き出しを物色した。
「だれ…誰かいるの?」背後で女の声がした。俺が振り向くのと、彼女が寝室の戸口に立つのはほぼ同時だった。女の顔が叫ぶ寸前の形で凍りついていた。俺は女に飛びかかった。女はバスタオルを巻いただけだった。押し倒すと結び目が解け、たわわに実った乳房が現れた。
俺は彼女のショーツを口に押し込んだ。彼女の叫びは押し殺された。両手を交差させ、手首をストッキングで縛りあげた。脚をばたつかせているが、しばらく放っておく。その間に俺は服を脱いでいった。
(ベッドには運ばないのですか?)こいつが大人しくなったらな。レイプするのだから、床の上の方が気分がでる。女の目が見開かれていた。何か抗議の言葉を叫んでいるようだが、口の詰め物に阻まれる。彼女は床の上をじりじりと後退していった。俺は足首を掴むと女を引き戻した。
そのまま脚を開かせた。俺の下半身が女の股間に近づく。被いかぶさり、更に肉体を近づける。俺のペニスの先端が女の股間に触れた。「何だ、濡れているじゃないか♪そんなに俺のが欲しいのか?」女は頭を左右に振った。「ほう、そんなに嬉しいのか…」彼女の頭の動きがピタリと止まった。「じゃあ行くぞ!!」と俺は女の秘部にペニスを突っ込んだ。
最初はほんの数回腰を振っただけで、俺の溜まりきった精液が女の膣に吐き出された。二回、三回と数を重ねる度に俺の方も保つことができるようになった。しかし、それ以上に女がヨがり始めていた。俺がペニスを突き入れると、待っていましたと膣全体で絞めあげてくる。腰を振り、ペニスの先端を子宮口で刺激する。いつのまにか戒めの解けた手で自らの乳房を揉みあげ、乳首を弄んでいる。
艶声が漏れないように口の詰め物は外していないが、確かに女は悦びの声を上げていた。これではレイプの意味がない。俺は俺に貫かれ、恐怖におののく女の姿が見たかったのだ。今の彼女は俺以上に快感にうちふるえているようにも見える。
俺のシている事は何なのだ?ここは俺の望みを叶えてくれる場所ではないのか?女に快感を与えてやっているだけではないか。そんなに気持ち良いのなら、俺が代わりたいくらいだ。

(それも貴方の望みですね。ならば叶えてあげましょう)

「あ、ああん♪」図らずも、俺は女のように喘いでしまった。
俺の下腹部の中で蠢くモノが、予想以上の快感を俺にもたらしていた。俺は男の上に跨り、腰を振っていた。俺の腹の中に有るのは男のペニスだった。
俺は女になっていた。男に貫かれヨがり声を上げていた。これまで経験した事のない快感に支配されていた。
更なる快感を求め、俺は男の上に跨っていた。嬌声を上げると快感が高まる。俺は女の声で淫らに叫び、自らの胸を揉み、乳首を刺激していた。
止めどない快感が、あとからあとから押し寄せて来る。膣の中に精液が放出される度、俺は絶頂に達するのだ。もっと、もっとと俺は膣で男のペニスを絞り上げた。最期の高まりを迎えた後、男は白目を剥いて意識を失っていた。

 

「いかがでしたか?」俺はソファの上に座ったままだった。「貴方の望み通りの夢でしたでしょう?」
何か違うような気がしたが、俺は満足した気持ちで一杯だった。「明日、あの課長さんに声を掛けてご覧なさい。今までと違う展開になっている筈です。」
「課長」というキーワードに俺の心と体が別々の反応を見せた。俺の頭の中では「あのセクハラおやじ!!」と思っているのに、俺の肉体は夢の中でもたらされた快感を思いだし、スカートの下のショーツに淫らな染みを付けていたのだ…

 

君と僕 

君は僕
僕は君

鏡の中の女の子に僕は愛を囁く

あたしはあなた
あなたはあたし

あなたの囁きにあたしは幸せに包まれる

 

何でこうなったのか解らない。気がつくと僕は女の子になっていた。
女の子の服を着て、女の子の靴を履き、女の子の鞄を提げていた。
キキキーとブレーキの音。僕の目の前を巨大な物体が通り過ぎていった。既視感。目の前に迫っていたトラック…
僕はトラックに跳ねられた。普通なら即死の筈だ。だが僕は今、こうして立っている。
(因果律を少しいじったのさ)
誰かの声が頭の中に響いた。霧が掛かったように頭の中が解らなくなっていた。だから自分が今、スカートを穿いている事に気がついても、それを不思議と思う事はなかった。

僕は歩きだしていた。自分の家に向かう。「ただいま。」と玄関のドアを開け、階段を昇り、自分の部屋に入った。
着替えるためにクローゼットの扉を開ける。内側の鏡に自分の顔が映った。それは見知った顔…でも、僕自身の顔ではなかった。僕が恋してる女の子の顔だった。
(因果律が変わっているからね)
僕は制服を脱ぐと、スカートを穿いてカーディガンを羽織った。「ちょっと出かけてくる。」とサンダルを履いて外に出た。向かう先は彼女の家だ。歩いて15分程の所にある。
が、そこには何もなかった。彼女の存在が家ごと抹消されていた。僕の記憶には、彼女のいる家の姿とダブルように、そこが昔から空き地だった思い出が存在した。
僕の記憶があやふやになっていた。男の子として育ってきた記憶の他に、女の子として育ってきた記憶もあった。大事にしていたヌイグルミ。初めて着物を着せてもらった七五三。オママゴトで遊んだ幼友達。あたしを苛める男の子。
そう、あたしは男の子がキライだった。だから女の子だけで遊んでいた。やがて、みんなは男性アイドルの話を始めた。だれかがクラスの男の子にバレンタイン・チョコレートをあげた。男の子の話題で盛り上がる…
あたしだけ、理想の男の子が見つからなかった。でも…
ときどき見かけるあの人は誰?気になり始めると、あの人の顔が瞼の裏に焼き付いてしまったよう。同じ学校、同じ学年。だけど、これまで一緒のクラスになった事がない。
いつのまにか、あたしの目は常に彼を追っていた。校庭で走る彼、通学中の彼、休みの日に街を散歩している彼。彼はどんな女の子が好みなのだろう?

その日、学校の帰りに彼を見かけた。突然、大きなブレーキの音。一瞬の後、彼は突っ込んできたトラックと壁の間に挟まれ、潰されていた。

 
嫌…
 

それは声にはならなかった。彼と一緒に押し潰されてしまったみたい…いっそ、彼と一緒にいられたら、それが一瞬であっても、どんなに幸せだったことだろう…
(なら、一緒になるかい?因果律を少しだけ捻ってあげよう)

 

あたしは彼とひとつになった。あたしは彼。僕はあたし。あたしは僕。
僕は鏡の中のあたしに愛を囁く。あたしは僕の囁きに幸せな気分になる。僕は唇にルージュを塗ると、鏡の中のあたしに接吻した。
「あたしはあなたを愛してるわ♪」今度はあたしが僕に愛の囁きを返すのだった。

 

入れ替わり

「俺にコレを着ろと言うのか?」

俺は声を荒げたが、キンキン騒いだけで迫力に欠けていた。「貴方はもう、乾美奈子なの。女子高生なのだから、ちゃんと制服を着なければね♪」そう言って茜色のセーラー服を手渡すのは「俺」の姿をした美奈子だった。
「べつに、裸のままで構わないと言うならそれでも良いが、俺の理性がいつまで保つかなぁ?」と、さっさと着替えてしまった美奈子は学生服のズボンの前の膨らみを俺に見せつけた。「な、何言ってるんだよ。自分の裸なんて見慣れているんじゃないのか?」「オトコの視点で見ると、あんたの身体はオンナの身体でしかないね。オトコの肉体ってのは正直だよね。」
「お、俺をどうするつもりなんだよ?」「男の前で、女が裸になって誘っているんだ。据膳食わぬは…と言うじゃないか。」「これは、お前の身体だろ?」俺は何か怖いものを感じて、じりじりと後退していった。
「その身体はもうあんたのモノだ。煮るなり焼くなり好きにして良いんだよ。その前に俺が味見してやろうか?」とズボンのチャックを下ろした。「ほら、俺の相棒はもうこんなに元気だぜ。」と勃起したペニスを俺に見せつけた。
「わ、判った。服は着るからそいつを仕舞え。」「う~ん。あんたが服を着たらかな。」俺は床に落ちた服の山からパンティを取り、脚を通した。ブリーフよりも薄い生地が心もとない。
ブラジャーは肩ひもを掛けて、カップの中にバストを納めたまでは良かったが、背中のホックがなかなか填まらない。「手伝ってやるよ。」と俺の後ろに回った。

「な、何する?」不意に俺は後ろから抱き締められた。身体が密着し、お尻に勃起したペニスを感じた。フッと耳元に息が掛けられる。「あっ」思わず声が出る。「美奈子はココが弱いんだよな♪ほらココも…」と脇腹を撫であげられた。ムズムズした感覚に次第に耐えられなくなる。「もっと気持ちよくさせてやるよ。」
「ああっ」首筋に舌が這わされると、俺の脚から力が抜けてゆく。そのまま抱え上げられると、ベッドの上に連れてこられた。
「あん、ああん♪」様々な部位を攻められる度に俺は喘ぎ声をあげてしまう。乳房が揉まれ、乳首が刺激される。俺にもたらされているのがオンナの快感であることは判っていたが、それを認めたくはなかった。

パンティの中に手が差し込まれた。割れ目に指が触れる。「美奈子はHだね。もうこんなに濡れているよ。」指が動かされると、そこからはクチュクチュと淫らな音が発せられた。
「もっと良く見せて♪」とパンティが剥ぎ取られる。俺には抵抗できるだけの意志の力がなくなっていた。されるがままに脚を開く。股間が明かりの下にさらされる。
ペロリと舌が淫汁を嘗め取っていった。「ああ~ん」俺は何をされても、全てが快感に置換されてしまい、喘ぎは嬌声へと変化していった。
「良い媚声を出すようになったね。ご褒美をあげよう。」と俺の目の前に勃起したペニスが差し出された。「ほら、咥えるんだ。ちゃんとやらないとご褒美のザーメンは出てこないぞ。」
俺の口にペニスが突き立てられた。恥垢が鼻をつくが、これもまた美香に変換されていた。「ほら、ご褒美だ。」ビクリとペニスが脈動すると、俺の口の中は精液で満たされた。俺はそれをゴクリと飲み込んでいた。
「美味しそうに飲むなぁ♪じゃあ今度は下のお口にシてあげよう。」ペニスは即にも硬さを取り戻していた。
俺の股間からペニスが侵入してくる。全てが快感。全てが気持ち良い。「あはん♪あああ~~ん!!」俺は媚声を上げ、入ってくるペニスを飲み込んでいった。
膣を使い、ペニスに刺激を与える。腰を振り、更に奥へとペニスを誘う。再びペニスが脈動し精液を吐き出すと同時に、俺もまた絶頂に達していた。

 

「どお?」俺はくるりと一回転した。茜色のスカートの裾がふわりと持ち上がった。「気をつけろよ。お前は今、パンツを穿いていないんだからな。俺以外の男にお前のアソコを見せるんじゃない。」
俺は抱き止められ、スカートは定位置に戻った。「お前は俺だけの美奈子だ。」そう言って唇が塞がれた。「駄目だよ。また感じちゃうじゃない。」俺の抗議は言葉にならなかった。俺の口の中に舌が入ってくる。「むむん♪」再び子宮が熱を帯びる。
つーーっと俺の内股を淫汁が筋を引いていった。

 

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

無料ブログはココログ