« 現実 | トップページ | 改造 »

2008年5月 7日 (水)

うたたね

俺はバスの中でうとうととしていた。

いくつかのトンネルを抜けてゆく。気がつくと車内はキャピキャピした女の子の声で満たされていた。バスがどこかに停まったようにも思えない。第一、このバスは俺達の貸し切りだった筈だ。
頭数は15人、今も人数は変わらない。野郎どもが座っていた場所に女の子達がはしゃぎながら座っていた。「ヒロコ、起きた?」と隣の席から声が掛かった。隣には親友の北里大地が座っていた筈だ。それに、俺は「ヒロコ」ではなく、野村広司だ。
と、バスがトンネルに入った。窓ガラスが鏡のように車内を映し出す。俺の認識通り、女の子達が映っている。俺の隣の娘が俺の方を見ていた。そして…
俺は「俺」を見た。

何で頭にリボンが付いている?

違和感を感じていなかったが、俺の組んだ腕は胸の膨らみを押し上げていた。その胸はブラジャーに包まれている。ブラのベルトが胸を締め付けている。
スカートの上から股間に手を当ててみた。そこには当然のように存在すべきものは無かった。直接確かめようとスカートの中に手を入れようとして、皆の視線が俺に集中しているのに気づいた。
「ヒロコォ、何が無いの?一緒に探してあげようか?」大地の替わりに座っていた娘が声を掛けてきた。「な、なんでもない。持ってきてなかったのを忘れていただけだ。ありがとう。」そう言って、俺は探索行動を打ち切らざるを得なかった。
ごまかす為にバックの中を覗いた。ついでに合宿のパンフを取り出した。そう、俺達はサークルの夏合宿のためにこんな山の中に来ているのだった。
パンフにはバスの座席表があったはずと捲ってゆく。手書き文字が全て丸まった女の子文字に変わっていたが、違和感を感じることはなかった。そして座席表に辿り着く。名字で書かれていたのが、名前やニックネームとなっていた。俺の所は「ヒロコ」隣は「マサミ」だった。
更に捲ると名簿があった。名字は同じだが、名前が少しづつ違う。俺は野村広子に、大地は北里大海になっていた。
つまり、俺達サークルのメンバ全員が女に刷り変わってしまっているのだ。そして俺を除く全員が昔から女であったように行動していた。

何がどうなっているのか解らないまま、バスは合宿所に辿り着いていた。合宿所とは言っても普通の温泉旅館だ。従業員が迎えにでてきた。
「よろしくお願いしまーす♪」とかしましい声と伴に女の子達が降りてきても誰も不思議に思わない。俺一人だけが男だった事を覚えている?
部屋に荷物を置くと、早速温泉になだれ込む。俺は逃げる事も適わず、女湯の脱衣所に連れ込まれていた。「何ぼーっとしてるのよ。」目の前では殆どの娘が全裸になっていた。残りの娘も下着一枚の状態になっている。
「何、出し惜しみしてるのよ。」「ヒロコの巨乳はみんな楽しみにしてるんだから。」そう言って、全裸の女の子達に寄って集って服を脱がされてしまった。
「さあ、行こう♪」俺は押し出されるように女湯に足を踏み入れていた。当惑したまま、洗い場でお湯を浴びる。鏡に映っているのは俺?確かに巨乳と言われるくらい大きなバスとが俺の胸に付いていた。必要に迫られ、股間に手を伸ばす。そこにはペニスはある筈もなく、代わりに深い溝が刻まれていた。
「ヒロコォ、いつまで洗ってるのよ。早くこっちおいでよ。」とマサミが露天風呂から呼んでいた。

「…広司、着いたぞ。」と大地がアタシの肩を揺すった。「よろしくお願いします。」とサークルのメンバが宿の出迎えに声を掛けバスを降りてゆく。アタシは慌てて荷物を取りまとめた。「良いよ慌てなくても。」と大地が網棚からザックを降ろしてくれた。「まだ慣れていないんだから無理するなよな。」
アタシは大地に続いてバスを降りた。「あなたがマネージャの方?女の子一人だけで大変でしょう?」年配の仲居さんが声を掛けてきた。「もう慣れましたから。」と答えたけど、まだ未練が残っていてあんな夢を見たのだろうか?
アタシが男から女に変わって一年が経っていた。今年の合宿はマネージャとしての参加となった。そう言えば去年は「男ばかりでつまんないよな」などと言っていたのはアタシだった気がする。

じゃあ、今年はアタシがサービスしてあげるからねッ♪

« 現実 | トップページ | 改造 »

コメント

エッ?コレって彼女の夢だったの?
広司と入れ替わった彼女は・・・と思ったのですが・・・
彼女女の子になれたみたいですね。今夜はどんなお楽しみが・・・^^

広司は最近流行のTS病で1年程前に女の子になってしまっていたという設定です。
お楽しみは温泉でサークル仲間に巨乳のご披露とお背中流しのスキンシップ。そして…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うたたね:

« 現実 | トップページ | 改造 »

無料ブログはココログ