« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月17日 (土)

人魚の靴

そこは深い海の底。人魚の姉妹が暮らしていた。末娘だけがまだ成人していなかったので、姉達の話す外の世界を聞いては憧れを膨らましていた。「あぁ、早くあたしも大人になって、外の世界を見てみたい。」彼女は毎日のように、そう祈ってから眠るのだった。

その夜、嵐が近付いていた。姉妹は安全な場所を求めて、暗い夜の海底をさまよっていた。ふと気が付くと、末娘は皆とはぐれてしまっていた。「お姉様。」呼んでも何も返ってこない。そこに変則的な海流が彼女を巻き込もうとした。彼女は流れから逃れるように上に向かった。それは禁断の水面へと彼女を近付けることになった。
成人していないものは外界に出てはならない。それは人魚達の掟だった。
「仕方なく」と彼女は自分に言い聞かせ、水面に顔を出した。
外界は嵐であった。闇の中に灯が揺れているのが見えた。人の造った「船」だ。しかし、その船は嵐の波に呑まれ、沈みかけていた。他に何か目新しいものはないかと見回すと、近くに浮いていた漂流物に気付いた。ゴムボートだった。その中に気を失って倒れている人間がいた。彼女は人間というものを始めて目にした。
「これが人間?あたし達と同じようで全然違うのね。」それは単に尾鰭の代わりに脚があるというだけではなかった。彼女はこれまで「男」というものを見たことがなかったのだ。逞しい腕や脚。体中を被う剛毛。髭や胸毛…
彼女達人魚には雄は存在しなかった。
彼女は男に触れてみた。その途端、身体が熱くなった。
成人していない彼女には、まだ知らされていない事があった。

雌しかいない人魚は人間と交尾することで子孫を残すようになっていた。そのために、彼女等人魚は人間に近付くと交尾しやすいように、人間と同じ姿に変わるのだ。尾鰭が脚に変わり、立って歩けるようになる。その類まれな容姿で男を誘惑し、男と交わる。事が終われば、再び人魚の姿を取り戻すのだ。
ボートの中で彼女は人間の姿になった。しかも、交尾を前提とした変身であるので、彼女自身の肉体はすっかり出来上がっていた。しかし、まだ成人していない彼女は、その先どうすればよいのかを知らなかった。人間の姿のままでは海にも戻れず、肉体は熱く疼きが納まらない。彼女は悶々としながらも、男に寄り添うようにボートの中に身を横たえた。

明るい陽の中で彼女は目覚めた。いつの間にか寝入ってしまったようだ。身じろぎをしたのに男が気付いた。彼は大分前から気が付いていたようだ。「どうやら助かったみたいだね。」彼の笑顔だけで彼女は恋に落ちていた。貨物船に救助された二人は近くの港で陸に上がった。人間界の事を何も知らない彼女は、彼に頼るしかなかった。
それ以前に、彼女は彼と一緒にいたい気持ちで一杯だった。やがて、彼女は男と女が一緒にいるという事がどういう事であるかを知ることになる。と同時に、彼と交わる事で人魚の姿に戻れる事も判った。そのまま、彼と供にいれば再び人間の姿になれることも知った。
しかし、彼女にはまだ知らないことがあった。

人間と人魚が相思相愛となり子供が授かった時、相手の男は彼女の伴侶として彼女達の仲間に迎えられることになる。人魚達は成人の際に様々な事を教えられる。しかし、そのような手続きを踏まずに成人を迎えてしまった彼女は、何が起こったのかを知る術もなかった。
彼女の妊娠を知らされた後、彼は体調を崩した。人魚への変化が始まったのだ。
彼女等は人間界で生活していたた。人魚は人間の中にいると人間の姿となる。だから、彼は人魚に変わろうとするのと同時に、人魚の姿ではなく人間の姿…女の姿へと変わっていったのだった。それでも、彼は彼女を愛し続け、彼女と伴にいる事を誓った。「これなら二人で同じように子育てができるね。もしかすると、俺の乳からも母乳が出るかも知れないね。」

彼女は臨月を迎えた。彼は知る由もなかったが、人魚である彼女の胎内から産まれのは、当然の如く尾鰭をもった人魚であった。我が子を手に途方に暮れた彼を見て、ようやく彼女は彼に自分が人魚である事を打ち明けた。彼女の話しを聞き、彼は落ち着きを取り戻した。そして、彼は彼女に海に帰る事を勧めるのだった。
彼女が海に帰るためには人魚の姿に戻る必要があった。女の姿になってしまった彼には、彼女を人魚に戻すことはできなかった。彼女が人魚に戻るためには他の男に抱かれる必要がる。そこで、彼は古くからの親友に頼むことにした。

クルーザーの船室で彼女と親友が抱き合っていた。彼は甲板に上り、娘を抱きながら事が終わるのを待っていた。やがて彼女の歓声が響いた。しばらくして人魚の姿に戻った彼女が現れた。顔を赤らめた彼女に彼は娘を託した。長い抱擁の後、
パシャン
水音と共に彼女達の姿が海の底に消えていった。彼がじっと海を見つめていると、親友がおっとりと客室から現れた。その気配に彼は振り向く。そして、思い詰めた表情の後、彼は親友に向き直ると「俺も抱いてくれないか?」と言った。

しばらくの時間を経て、再び水音がした。
親友が船室を出てきたとき、船には他に誰もいなかった。

甲板には二足の女物のサンダルだけが彼等のいた証として残されていた。

2007年11月14日 (水)

赤い靴

船が見たくて横浜まで足を延ばした。
岸壁に小さな波が打ち付けてはチャプリと音を立てている。柵に手を掛け、沖にいる船達を眺めていた。停泊している大きな船は貨物船。頻繁に行き交う小さな船は港を巡る観光船だろうか?僕の視線は大桟橋にある豪華客船に注がれた。「あんな船で海外旅行に行かれたら良いなぁ。」
僕は声に出したつもりはなかったが、その男はそれを聞いていたようだ。「あの船に乗ってみるかい?」声のした方を向くと、いかにも上品な紳士といった風采の男が立っていた。「旅行にまでは連れて行けないが、今夜のパーティに一緒に出てみないかい?」豪華客船の中に入れるなんてめったに経験できるものではない。「良いんですか?」「もちろんだよ。」その場で決めてしまった。僕は紳士に連れられてタラップを昇っていた。
「ここが私の部屋だよ。」とドアが開けられた。壁側には今夜のパーティに備えて、タキシードとドレスが準備されていた。「その人なの?」ベッドから弱々しい女の人の声がした。「そうだよ。喜んで引き受けてくれた。」と僕をベッドに近付けた。「私の妻だ。体調を崩していてね。君には彼女の代わりにパーティに出てもらうことになる。」「そうね。じゃあ支度を始めましょうか?」「支度って?」「バーティはオフィシャルなものだからドレスコードがある。私もそうだが、君にも着替えが必要なのだよ。大丈夫。君の服も用意してある。妻が手伝ってくれるから任せておきなさい。」そう言って男は壁のタキシードを手にすると、隣室に消えていった。
「さぁ、あなたも支度をしなくちゃね。」と夫人がベッドの上に半身を起こした。「まずは着ているものを全部脱いで頂戴。あたしはこんなお婆さんですもの、恥ずかしがることはないわ。」僕は言われた通りに服を脱いでいった。「で、何を着れば良いんですか?」壁にあるのは夫人が着る予定だったドレスしかない。そして、それ以外に用意されている服は見当たらなかった。まさか?とは思ったが口には出せなかった。「わたしの言う通りにしてね。」夫人は手元に置いてあったモノを渡した。肌色をしたサポータのようなパンツだった。僕がそれを履くと、夫人は呪文のようなものを唱えた。
体がほかほかと暖かくなり、頭がボーっとしてきた。目で見ているものは認識できるのだが、それがどういう意味を持つのかまでは思い至らない。目の前でパンツの境目があやふやとなり、僕の皮膚と区別が付かなくなった。下腹が引き締まと同時にペニスの膨らみがなくなり平らになってゆく。股間には縦の筋が浮かび上がっていた。
「では、ドレスを取ってきて頂戴。」僕は言われた通り壁のドレスを手に取っていた。シルクの下着の上にドレスをまとった。「良く似合っているわ。」と、夫人が背中のファスナーを上げてくれた。
背中まで伸びた髪が頭上に結い上げられた。爪が紅く塗られ、顔に化粧が施される。「あとはココね。」と隙間の開いてブカブカな胸元に夫人の手が充てられる。唱えられる呪文と共に、ずっしりとした重みが胸に生じ、ドレスの胸元を形よく埋めていった。
「さぁ、お嬢様。あちらでお父様がお待ちよ。」と扉が開かれた。タキシードを着た男が僕に手を差し延べる。「今日はお母さんの代役を頼むな。君は私達の娘だ。」「はい、お父様。」そう答えた僕の声は鈴を鳴らすような愛らしい女の子の声だった。僕はドレスの端を摘まみ優雅なお辞儀をしていた。

港が遠くに離れてゆく。「いいんだね?」との問い掛けに、僕は「はい、お父様。」と答えていた。
パーティの後も僕は彼等の娘として船の中ににいた。幾人もの男達から誘いを受け、父の眼鏡に適った男と一夜だけの交際をする。僕は身も心も女となっていった。僕は母から女のたしなみを教えられ、男達に奉仕する。男達は僕に快感を与えてくれる。「君のおかげで私の商売も順調だよ。よかったら次の港でも協力してくれないかね?」僕はこのまま船に乗っていられる事が嬉しかった。その夜、僕は父にい抱かれた。そして、彼等の家族として迎え入れられた。
甲板を吹き抜ける風が僕の解いた髪をなびかせる。視線を落とすと紺色のワンピースも風に揺れていた。スカートに見え隠れするように、可愛らしい赤い色の靴の先が覗いていた。
僕は再び去りゆく横浜の港を見た。古い歌の詩が頭を過ぎっていった。
「赤い靴履いていた女の子…」

2007年11月10日 (土)

ガラスの靴

「あぁ、貧乏はやだな。こんな生活から抜け出したいよ。」
そんなつぶやきをどこで聞き付けたか、僕の前に魔法使いのお婆さんが立っていた。「ちょうど良かった。あんたなら良さそうだ。あたしの言う事を聞いてくれたら、贅沢な暮らしをさせてやるが、乗らないかい?」お婆さんの言葉の裏には何かありそうだったが、僕は即座に同意していた。
「あと少ししたら、お城から娘を捜しに使者がやってくる。あんたはその娘の代わりになってくれれば良い。」「無理だよ。別人に成り済ますなんて。第一、僕は男だよ。」「大丈夫、彼らはその娘の顔を知らない。王子からは、残されたガラスの靴が履ける人物を捜しているんだ。ほら、もう来たみたいだよ。」
広場にはざわめきが広がっていた。時折「何で入んないんだよ」と口汚く叫ぶ女の声がした。「さぁ、行っておいで」と僕は背中を押された。
「あのぉ~、僕も良いですか?」と人垣を割ってでると、役人は「はい、どうぞ。」と僕の性別も確認しないでガラスの靴を差し出した。
僕はタオルで足を拭き、ガラスの靴に滑り込ませた。「ぉおおっ!!」とどよめきの輪が広がってゆく。僕の足はガラスの靴にピタリと嵌まったのだ。「おめでとう。あたなに決まりです。」役人が声を掛けてきた。「問題がなければ、このまま城までご同行願えませんか?」「行って良いのか?」「王子様がお待ちです。」

あっという間にその日は来た。
僕は白いウェディングドレスを着せられ、化粧を施され、頭には本物の王冠が被せられていた。この数日の間に、僕は王子の花嫁として相応しい女性に造り替えられていた。もちろん、肉体もそれに相応しく改造されていた。男のシンボルを切り取られ、替わりに豊満な胸と、熟れた股間を与えられた。
今夜 式が終わると、僕は女として王子に抱かれるのだ。頭の中では同性に抱かれる嫌悪感で一杯の筈が、僕の股間は期待に雫を漏らし始めていた。
「どうぞ。」と侍女に手を引かれ、仕度部屋から出た。通路に出た時、「どうだね?もう貧乏とは言わせないよ。」と一人の老婦人が僕に近寄りそう囁いた。彼女は魔法使いのお婆さんだった。僕は何も言うこともできず、そのまま式場に連れて行かれた。

教会の鐘が鳴っていた。
国中の人々が見守る中、僕は王子様に抱かれ、彼の口づけを受け入れていた。
「さぁ、シンデレラ。これでもう、君は僕のものだよ。」
僕は王子様に抱き上げられた。

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

無料ブログはココログ