« 復讐 | トップページ | 復讐 »

2007年10月20日 (土)

復讐

僕は執拗にインターネットの中を徘徊した。もちろん日本語のサイトだけに止まらず、様々な翻訳ソフトを介在させて、地球上のあらゆる場所から情報を寄せ集めてきた。
その目的は「復讐」だ。イジメは被害者がどの程度のダメージを受けているかなど判っていない。それどころか、自分が加害者であることすら意識していない事がある。そんな奴らにいくら抗議したところで、どうなるものでもない。だから、僕は復讐するのだ。

「これが良い。」僕はそのサイトを見付け、にやりと笑みを浮かべていた。入力フォームに必要事項を書き込んでゆく。全ての入力を終えてボタンを押すと、毒々しい文字で「ヨイカ?」と聞いてきた。僕はためらわずにYESをクリックした。
「お前の望みは聞き入れられた。明日を楽しみに待っていろ。」僕の意識はそこでプッツリと途絶えていた。

朝、学校の教室のドアを開けた。「おはよう。今日も可愛いね。」と声を掛けられる。僕は昨日と同じ女子の制服で登校させられていた。
「こっちに来な。」と命令するのはイジメの中心人物であり、昨日僕の尻に肉棒を突っ込んだ奴だ。僕は逆らえずに奴の前に立った。奴の手が僕の胸に伸びてくる。膨らみかけの胸を掴み、捻りあげた。
「痛てっ!!」声を上げたのは奴の方だった。もちろん僕にも痛みはあるのだが、同じ痛みを奴も感じているのだ。奴が不思議そうな顔をして自分の胸をさすっているうちに、始業のチャイムが鳴った。

「うひょっ?」唐突に叫び声を上げて立ち上がったのは奴だった。静かに授業が進められているさ中、僕はスカートの中に手を入れ、ショーツの上から股間を刺激してみたのだ。奴は確かに僕が感じている感覚を共有しているようだ。

放課後、僕は未使用の教室に呼び出された。「また僕を殴るの?でも、僕を殴れば同じ痛みが君を襲うんだよ。それとも、昨日みたいにお尻に突っ込んでみるかい?そうだね、君も一度経験してみると良いよ。」僕がそう言うと、奴はその場に土下座した。
「済まなかった。なんとでも詫びる。だから止めてくれないか?」「止めた途端に、またイジメられるとも限らない。それに、君と痛みを共有している限り僕がイジメに合うことを排除してくれるでしょ?」
「そ、そんな…」奴の体がわなわなと震え始めた。もう限界なのだろうか?と思っていると、いきなり掴み掛かられた。
「きゃっ!」と声を上げて床の上に押し倒される。奴が伸し掛かってくる。乱暴にスカートの中からショーツが剥ぎ取られる。奴の肉棒が硬く突き出されていた。

一時の劣情に身を任せた結果がどのようなものであったか?それは彼も充分に判っている筈だった。彼もまた、自らの肉棒に貫かれ、引き裂かれる痛みと、膣の中に放出された精液の存在を感じているだろう。もはや、彼の進退は決してしまっていた。
「責任とってよね。」僕は彼の耳元に囁いた。

« 復讐 | トップページ | 復讐 »

コメント

これって、オナニー?
自分の処女を奪った男・・て、言うべきかなぁ?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 復讐:

« 復讐 | トップページ | 復讐 »

無料ブログはココログ