« 復讐 | トップページ | 復讐 »

2007年10月20日 (土)

復讐

僕は執拗にインターネットの中を徘徊した。もちろん日本語のサイトだけに止まらず、様々な翻訳ソフトを介在させて、地球上のあらゆる場所から情報を寄せ集めてきた。
その目的は「復讐」だ。イジメは被害者がどの程度のダメージを受けているかなど判っていない。それどころか、自分が加害者であることすら意識していない事がある。そんな奴らにいくら抗議したところで、どうなるものでもない。だから、僕は復讐するのだ。

「これが良い。」僕はそのサイトを見付け、にやりと笑みを浮かべていた。入力フォームに必要事項を書き込んでゆく。全ての入力を終えてボタンを押すと、毒々しい文字で「ヨイカ?」と聞いてきた。僕はためらわずにYESをクリックした。
「お前の望みは聞き入れられた。明日を楽しみに待っていろ。」僕の意識はそこでプッツリと途絶えていた。

朝、学校の教室のドアを開けた。「お、おはよう。」おどおどと挨拶しているのは「僕」だった。「ほう、感心じゃないか。ちゃんと昨日の制服を着て来たんだな。」
「はい。」と答えた「僕」は昨日着せられた女子の制服を着ていた。僕はその格好でイジメの中心にいた奴に、皆の見る中、尻の穴に肉棒を突っ込まれたのだった。
今、「僕」の中にいるのは「奴」なのだ。そして僕自身は「奴」の身体の中にいる。僕は奴に僕がされたと同じ目にあわせたかった。とは言っても、男の尻に肉棒を突き刺すのは気色が悪い。そこで、僕は「僕」を女に変えておいた。
「尻を出せ。」と僕が言うと奴はスカートを捲り上げた。奴は男物のトランクスではなく、水玉のショーツをはいていた。おそらく妹のを失敬してきたのだろう。
僕は奴のショーツを下ろすと肉棒を突っ込んだ。もちろん尻の穴ではなく、奴の女の子にだ。「ああん♪」と奴は艶かしい声をあげた。
奴の女の子が僕の肉棒を心地よく締め付ける。僕が肉棒を動かすと奴は悦びの嗚咽を漏らす。僕の中でふつふつと疑問が涌いてくる。「これで復讐になっているのだろうか?」
クラスの皆の見ている中で奴は気持ち良さそうに絶頂に達していた。

« 復讐 | トップページ | 復讐 »

コメント

ちょっと、念を入れすぎ?
でも、コレ復讐になっているのかな?いじめっ子喜んでいるし・・・^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 復讐:

« 復讐 | トップページ | 復讐 »

無料ブログはココログ