« 復讐 | トップページ | 復讐 »

2007年10月20日 (土)

復讐

僕は執拗にインターネットの中を徘徊した。もちろん日本語のサイトだけに止まらず、様々な翻訳ソフトを介在させて、地球上のあらゆる場所から情報を寄せ集めてきた。
その目的は「復讐」だ。イジメは被害者がどの程度のダメージを受けているかなど判っていない。それどころか、自分が加害者であることすら意識していない事がある。そんな奴らにいくら抗議したところで、どうなるものでもない。だから、僕は復讐するのだ。

「これが良い。」僕はそのサイトを見付け、にやりと笑みを浮かべていた。入力フォームに必要事項を書き込んでゆく。全ての入力を終えてボタンを押すと、毒々しい文字で「ヨイカ?」と聞いてきた。僕はためらわずにYESをクリックした。
「お前の望みは聞き入れられた。明日を楽しみに待っていろ。」僕の意識はそこでプッツリと途絶えていた。

朝、学校の教室のドアを開けた。「お、おはようございます。」昨日、僕に女装を強要した奴らの中でも中心にいた奴が、恐々としながら僕に挨拶しにきた。今の奴は僕の言いなりになる奴隷だった。更に、こいつの身体も大きく変化している筈である。学生服で良くは判らないが、昨日僕の尻に突っ込んできたの奴の肉棒は失われ、代わりに肉棒を受け入れるための穴が開いている。そして、下半身の形状に見合った胸の膨らみもある筈だ。普通の神経なら学校などに出られないが、奴隷として主人の命令を聞くために、こうして僕の前にいるのだ。
「昨日、僕に着せてくれた服があったよね。まずは、それに着替えてきてくれないかな?」僕が命令すると奴は「はい」と言ってその場で学生服を脱ぎ始めた。下着姿になったが、胸は何かを巻いて目立たなくしてあった。その上に昨日僕が着せられた女子の制服を着ていった。制服は僕のサイズに合わせてあったので、僕と違いがっしりとした体形の奴には、かなり無理があるようだ。スカートの丈は極端に短く、トランクスのかなりの生地が見えてしまっていた。「みっともないから、パンツを脱ぎなよ。」奴は僕の命令に逆らえない。言われるがままに行動する。
「そのまま床に座ってオナニーしてみろ。」奴はスカートを捲って股間に手を伸ばしたが、そこに肉棒はなかった。奴は一瞬戸惑った表情を浮かべたが、すぐに理解したようで股間の割れ目の中に指を突き立てていた。
奴が喘ぎ、達する度に奴の身体が丸みを帯び、制服に合うように縮んでいった。奴は昨日の僕と同じようにクラス中の視線を浴びる中で恥態を繰り返していた。
「さあ、最後の仕上げだ。」僕は立ち上がるとズボンの中から肉棒を取り出した。「尻を出せ。」そう言うと奴は俯せになり、高々と尻を突き上げた。「これは昨日僕が犯された君の肉棒だよ。」そう言って奴の尻の穴に突っ込んでやったが、奴は屈辱に打ち敷かれるどころか、悦んで腰を振り嬌声を上げていた。

僕の復讐心は一気に失せてしまった。奴はクラス皆の所有物となり、授業中はあちこちの机の下で喜々として肉棒を嘗め廻していた。

« 復讐 | トップページ | 復讐 »

コメント

まともに願いがかなっても、満足はいかないものなんですね。
復讐って、虚しいなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 復讐:

« 復讐 | トップページ | 復讐 »

無料ブログはココログ