« 余韻 | トップページ | ミカ »

2007年6月15日 (金)

おままごと

そこは夢の中だった。

小さな女の子が笑っている。
「お兄ちゃん、一緒に遊ぼ♪」
断る理由もなく、僕はふらふらと彼女の元に近付いて行った。
「おままごとしましょ。あたしがママでお兄ちゃんがパパよ。」
と砂場の一角に座らされた。
「もうすぐ朝ごはんができますからね。」
とおもちゃの茶碗に砂を盛り付けて言った。

次ぎの日も僕はその少女の夢を見た。
「お兄ちゃん、一緒に遊ぼ♪」
僕は再び彼女の元に近付いて行った。
「おままごとしましょ。あたしがママでお兄ちゃんは赤ちゃんね。」
と僕は彼女の膝に頭を乗せる事になった。
「ほらほら、ゴハンでちゅよ。」
とはだけた胸に僕の顔を押し付ける。
僕の口の中に入った乳首を反射的に吸ってしまった。
驚いた事に、僕の口の中は甘いミルクの味に満たされていた。

また次ぎの日。
「お兄ちゃん、一緒に遊ぼ♪」
今日も僕は彼女に近付いて行った。
「おままごとしましょ。今日はあたしが赤ちゃんでお兄ちゃんがママになってね♪」
と僕に抱き付いてきた。
「マンマ…」
と彼女はつぶやいて僕の胸をまさぐった。
シャツのボタンが外れ、ブラのカップの中からおっぱいがこぼれ出た。
彼女は先端の膨らみを口に含むと勢い良く吸い始めた。
まさかとは思ったが、僕の乳房からは母乳が搾り出されていた。
お腹が一杯になったのか、彼女は乳首をくわえたまま眠ってしまっていた。

「お兄ちゃん、遊ぼ。今日はあたしがパパになるからお兄ちゃんはママになってね♪」
と彼女の前に座らされた。
「ママはね、パパのおちんちんをおシャブリするのよ。」
とスカートを捲り上げ、パンツの中から愛らしいおちんちんを取り出した。
僕がそれを口に含むと、それは大きく固くなっていった。
「いいぞ。お前もようやくコツが掴めてきたようだな。」
彼女の声は男のようになっていた。
「そろそろ良いだろう。今度はお前の可愛い声を聞かせておくれ。」
と僕を押し倒すと、その上に伸し掛かってきた。
逞しくなったペニスが僕の股間に割り込んできた。
「あ、ダメっ!」
と叫んだ僕の声は女のように甲高かった。
ずぶずぶと彼のペニスが僕の中に入ってくる。
「愛してるよ。」
と囁かれる度に僕の心が満たされてゆく。
「あぁ、あなた…」
僕は彼の愛撫に応えるように喘ぎ始めた。
これは初めての感覚ではない。
いつものように愛されているのだ。
僕等は夫婦で、僕は彼の妻なのだから。
僕は悶え、歓喜の媚声を上げて彼の愛に応える。
彼の動きが激しくなるとともに快感が増してゆく。
そして、絶頂を向かえたその時、彼のザーメンが僕の中に勢い良く放たれていた。

あれから女の子の夢は見ていない。
代わりに僕が砂場へと出掛けてゆく。
「はい、あなた。ごはんよ。」
僕は茶碗に炊きたてのご飯を盛り付けた。
「はいはい、あなたにもご飯よね。」
かたわらで泣いていた赤ん坊を抱き寄せる。
僕はシャツのボタンを外すとブラの中からオッパイを引き出した。
「はい、おまちどうさま。」
僕の娘は乳首に取り付くと勢いよくお乳を飲み始めた。
「早く大きくなって、一緒におままごとして遊びましょうね。」
僕の言葉に、彼女は大きく頷いてくれた。

« 余韻 | トップページ | ミカ »

コメント

まさに「夢は現、現は夢。夜見る夢こそ現なり」ですね。

私も夢なのか、現なのかわからなくなりそうです。
こうして奈落さんのSS読めるのは、夢でしょうか?現でしょうか?^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おままごと:

« 余韻 | トップページ | ミカ »

無料ブログはココログ